Top > その他 > 【アイテムコンプリート】
HTML convert time to 0.013 sec.


その他/【アイテムコンプリート】

Last-modified: 2017-09-18 (月) 20:42:39

アイテム収集。
全てのアイテムを1個以上入手することを指す。


ことごとく「不可能」の文字が躍る

  • ゲーム開始時であれば誰もが
    「アイテムはできるだけ集めてやろう」という気概を持つのがRPGというもの。
    そして、ゲーム中でアイテム全回収が絶対不可能であることを悟って
    絶望を味わうのもまた誰もが通る道。
    • 「できるだけ集める」のと、「意地でも全部集める」のは全く違うことだけどね。
      こだわりだすと区別がつかなくなってくるのも事実だが。

関連:その他/【アイテムコレクション】


FF4以前 Edit

持ち運べるアイテムの種類に制限があり、
デブチョコボ等の預かり所にも預けられる限界があるため、コンプリートは出来ない。
各種リメイク版では全種類のアイテムが持ち運べるようになっている作品もある。
(特にGBA版以降のハードで顕著)


これらでアイテムコレクションをしたい場合は、主に非売品の個数限定のアイテム、
敵が持つレアアイテム等をメインに集めるとよい。


はじめから不可能なことが明らかなので余計な夢も見ない、という意味では親切だったのかもしれない。
もっとも、FF4は普通に遊んでいるとデブチョコボの腹が埋まらないため、一見コンプ出来そうにも見えてしまうわけだが……


と思いきや、実はFC版FF3のでぶチョコボは預けられるアイテム数に限界がない。
なくなってしまうイベントアイテムもバグ技で作りなおせてしまうが、これはいささか邪道であろうか。
そもそもバグ技を使わなければ手に入らないアイテムもあったりするのだが。

FF4(DS版) Edit

FF5以降の様に全種類のアイテムの持ち運びが可能になっている。
ただしねずみのしっぽと交換するアダマンタイト
アダマンタイト+伝説の剣と交換するエクスカリバー
愛のフライパンと交換する包丁
の壁があるためコンプリートは不可能である。

FF4TA Edit

全種類のアイテムが持ち運び可能。
ただし編ごとにストーリーが分かれている特性上、その編でしか入手できないアイテムが多い。
さらには例えばリディア編・Wii版の真月編のように、
同じ編でもストーリーが進むにつれ入手が不可能になるアイテムもちらほらと。
そしてげんかいリングは一点もののにじのしっぽとの交換になるため、
アイテムコンプリートは不可能。
ios版では前作をインストールしていればゲーム開始時にちいさなしっぽが14個手にはいる為、げんかいリングとにじのしっぽの両立が可能となった。


アイテムはエルメスの靴、スケープドール、大地のドラム、マインドフレア
装備品はルーンの杖、天使の矢、眠りの剣、木槌、大地のハンマー、フレイムシールド、フレイムメイル、巨人の小手
この辺りは終章では入手不可で、特定のシナリオの宝箱やチャレンジダンジョン、敵のドロップでしか手に入らない。
特にドロップ品はスロット4の超低確率レアが大半のため、
乱数を操作できるWii版でも集めるのは大変である。
そのため消費アイテム99個や装備品人数分集めをするとしても店売り品だけにとどめておいた方が楽である。


シナリオが分かれている都合上、集結編に行くまでフリーシナリオの内にどれだけアイテムを集めたか把握しにくいのが難点。
特に店売りの物は他のシナリオと品揃えがかぶっている場合も多いので、前のシナリオで買ったと思ってうっかり購入漏れを起こすケースもある。
いっそシナリオごとに店の物は全て買い占めるのも一つの手。
期間限定の場所やチャレンジダンジョンでのアイテム回収も勿論忘れてはならない。
そして以下は各シナリオでの特にやっておくべき点である。
セオドア編:セシルの初期装備を外す。(最終的に2個残したい場合)。
リディア編:ククロ鉱石が余るようにダンシングダガーとトマホークを作成。人形修理用アイテムを入手。アガルトタイトを持っておく。
パロム編:トロイアで会員証、メンバーズカード、VIPカード、女王装備を購入。
エッジ編:ザンゲツの章にドワーフ城でスピアを購入。
ポロム編:幼少期にカイポで服を購入。
ギルバート編:銅のしっぽと銀のしっぽを残しておく。
月の民編:漆黒の剣を外しておく。
集結編:ちいさなしっぽを21個集めて虹のしっぽとだけ交換。ちいさなしっぷ7個を入手。小人のパンを購入。召喚チョコボを入手。
終章前編:ルビカンテをエッジ一人で倒して炎のマフラーを入手。

FF5 Edit

本作から全種類のアイテムが持ち運び可能になり、理論上はコンプリート可能となった。

ただし本作ではブレイブブレイドチキンナイフがどちらか片方しか入手出来ない為、
アイテム変化の裏技無しではコンプ不可。


4石板12武器(+GBA版追加ダンジョン)もどちらか選ぶ必要がある。
だいじなものを対象とするかは個人の自由だが。

FF6 Edit

世界崩壊後になると、購入出来なくなるアイテムが多い。
ラグナロクライトブリンガー(と魔石ラグナロック)はどれか1つしか入手出来ない。
また、血塗られた盾英雄の盾も片方しか入手出来ないため、
SFC版・PS版では100%不可能。


メニュー画面からアイテム一覧を開くと、アイテム説明ウインドウの右下に
現在所持しているアイテム(魔石は含まれない)の種類数が表示されている。
最大は255だが、通常のプレイでは上記の理由で残念ながらどうやってもこの数値には届かない。
GBA版ではこの数字は表示されない。

  • 上記の理由で、SFC版・PS版で集められるアイテムは253種類である。
  • セーブこそできないが、まりあから「ラグナロク」を盗めば戦闘中に限り、254種類にすることもできる。

GBA版では血塗られた盾、エクスカリパーを増殖すれば可能である。
正攻法と言うには微妙だが。

  • 武器と盾だけならば崩壊前でしか買えない武具を量産可能なので、幾らかは金稼ぎをサボる事も可能。
    でも安価な武具位は崩壊前でコンプしておいた方が遥かに楽。

「だいじなもの」を視野に入れるのなら、以下の三点に注意。

  • じいさんの酒……爺さんに飲ませると無くなるので、サウスフィガロから脱出する前にもう一本入手。
    • 爺さんに飲ませても無くならない。
  • ローラの手紙……ローラから受け取った後、伝書鳥に渡すと無くなる。再入手不可能。
    • ローラの手紙を伝書鳥に渡さないとカイエンを仲間にするイベントは進行しない。
      進行しなければサビトレールやゾゾ山のアイテム、カイエンの夢の中のアイテムは入手できなくなる。
      アイテムだけでなくジハードやアレクサンダーの魔石も入手できず、更にはGBA版の竜の巣へ行くことも不可能。
  • 鉄のかたまり……カイエンの夢の中、魔列車エリアで入手。クリアすると二度と入れない。

FF7 Edit

裏闘技場のアイテムが両立出来ない為、不可能。


大地のハンマーや203ミリ砲弾などの期間限定アイテムがあるものの、
インターナショナル版なら増殖できるので、消費アイテム99個は割と楽である。


一応の解決策として不思議なデータを使えばコンプリート可能となる。

FF8 Edit

「基本的には」不可能。
ソロモンの指輪英雄の薬試作型が両立出来ない為である。

「基本的には」と書いたのは、アンジェロサーチで入手出来る可能性が、ある「かも」しれないからである。

  • おでかけチョコボもありうるな。
  • というかリボンのことを考えればコンプリートはおでかけチョコボ使用が前提。したがっておでかけチョコボ使用なら可能、不使用なら不可能となる。
  • 不可能は言い過ぎ。少なくともポケステ限定アイテムとソロモンの指輪はアンジェロサーチで入手可。

FF9 Edit

理論上はコンプリート可能。
しかし、アスリート・クイーンエクスカリバーIIという相反する2つの大きな壁が立ちはだかる。
これ以外にも時期限定アイテム(合成屋で消費する市販品を含む)が多数あり、
実際に達成するのは至難の業。
「市販品は99個購入」などと言い出したら理論上でもコンプリート不可能になる。

  • 「ランクSのあかし」もかなり厳しい。厳密に言うと全ての宝箱を開ける必要はないのだが…。
  • とんかちブリキの鎧がどちらか1つしか持てないはずだけど……(ついでにステラツィオも失ってしまう)

一例として、こちらのページや以下の動画を参照。

FF10 Edit

武器防具の種類が最大所持可能数を軽く上回る程に膨大なため、100%不可能。
具体的に言うと全武器防具の総数が1001個で、持てる数が177個と到底持ちきれないことがわかる。
ちなみに、アーロンの武器の「なまくら刀」は入手したと聞いたことがないので、データ上にしか存在しない可能性がある。一人の武器防具を全て揃えたいという人は注意。

  • 今作では頻繁にモンスターが武器防具を落とす仕様な上に
    溜まるとお目当ての装備が探しにくい為、早々に手に入ったら売るを繰り返すプレイヤーが多い。
    そもそも同じ名前の武器防具でもスロット数やアビリティが微妙に違ったりする。
    コンプはゲーム序盤・中盤くらいには無理だと気づくはず。

消費アイテムはコンプリート可能。
全アイテムが埋まるとアイテムメニューが丁度満杯になるように設定されている。

FF10-2 Edit

ドレスフィアリザルトプレート、アクセサリ、消費アイテム、だいじなものが対象。
強くてニューゲームが可能なので根気さえあれば達成できる。

FF12 Edit

個数限定のおたからを代価に入手するアイテムなどがあるため、不可能。


これまでのシリーズと違い金欠になり易い今作では
新しい地域に行く→そこで売られている物を全て買い漁る
などという事は中々難しい。
ただ、売り物で期間限定は無いのでいつでも買いに行ける。

FF13 Edit

キーアイテムを含めコンプリート可能。
ただし、それには大量のギルが必要となる。


再度訪れる事が出来ない場所に属性指輪などの個数限定アイテムの宝箱が設置されているが、他の場所や方法で入手可能。
属性指輪の上級Lv.★を解体すれば下級の指輪が得られる。
例:火の指輪を改造→烈火の指輪、烈火の指輪を改造→猛炎の指輪、Lv.★の猛炎の指輪を解体→火の指輪
ただ、雷の指輪はだけは全て取りのがしていると(取り逃がしの心配がないものは稲妻の指輪2個)数が足りず下級(雷)、中級(稲妻)、上級(天雷)指輪を同時に所持できない。
(属性おみくじを解体すれば指輪が得られるが、雷のおみくじは1個しか入手できないため。)


ゴールドトロフィー獲得条件(全武器&アイテムを取得)でもあるので今までと比べ挑戦者・成功者も多いのでは。

  • トロフィーの入手条件は「全ての武器とアクセサリを所持したことがある」なので、全てのアイテムを同時に所持する必要は無い。
    トロフィーの獲得とアイテムコンプリートは厳密には異なるもの。
    特定のアイテムを改造前に解体したり売却していなければ、クリア直前からでも獲得可能。
    もちろん、アイテムコンプリートを達成したら、トロフィーは確実に入手できる。

FF13-2 Edit

コンプリートは100%不可能。
アルカキルティ大平原のライブトリガー報酬でデコレーションの【モグの時計】と【ドラゴン革リュック】のどちらかを入手できるのだが、
ここのライブトリガーはゲートを閉じても再出現せず、どちらか片方しか入手できないためである。
予約特典や初回特典のDLCの武器は入手困難であろう。
また、DLCのコスチュームの内、マスエフェクトとアサシンクリードはいつの間にか配信が終了しているため入手できない。

LRFF13 Edit

コンプリートは100%不可能。
初期装備及び頭用アクセサリは進化し、進化前のものは消滅してしまう。
回復アイテムは12個しか持てないのに対し、全33種類もあるため。
予約特典も配信されていない。
メンバーズサイトで期間限定イベントが開催されており、そこでしか入手できないものもあった。

FFT Edit

エルムドアしか持っていない装備盗めないため、密猟バグなしでは100%不可能。

  • 北米版では源氏シリーズを盗むことが可能になっている。

FFT獅子戦争 Edit

新たに追加されたアイテムが存在するが、それらは通信プレイの報酬として入手することになる。
また源氏シリーズも同様の手段で手に入るようになったため、一応コンプリート可能。
ただし当然のことながら通信プレイを行える環境が必須となる上、いくつかは入手に運が絡んでくるため時間がかかる。


スマホ版では本編をクリアすることで上記の追加アイテムを入手できるようになった。
……が、何故か源氏シリーズは対象外。
このためイベントで入手可能な以外は入手不可能に戻ってしまい、またもコンプは不可能に。

DFF Edit

コンプリート可能。ミッションもこれに関するものがある。
きついのはドロップ関係、特にフレンドカードあたりと思われる。
極め付けはルフェイン系か。

  • 通信相手が複数いればかなり楽になる。

本作はストーリー中で必ず消費しなければならないアイテムが存在しないため、アイテムコンプリートが可能となっている。
(そもそも対戦アクションというジャンルゆえ、ストーリーを進めるためのアイテムという概念がない)

DDFF Edit

前作同様コンプ可能。
コンプするとフレンドカードの実績表にその証が載るので達成感が沸く。
ちなみに実績表ではアイテムとアクセサリは別々になっており、
アイテムはスラムに咲く花から作れるライトニング専用装備、エースロケットシリーズ、
アクセサリはスラムに咲く花、ラビリンス限定アクセサリ、
を除く全ての物を集めればコンプしたと見なされる模様。


一度でも入手経験があれば手元になくてもOKのようだ。

光の4戦士 Edit

実際に「やりこみ」の一つ。
一度でもアイテム(魔法書含む)を全て入手したら、
マスタリーアート(ゲーム開始時に出るイラスト)にイラストが追加される。
(手に入れるが条件なので、持ち続ける必要は無いようだ)
ライトブリンガーダークブリンガーなどボス限定の武器などあるので、
盗むに失敗してはリセットされたりするだろう。リターンが欲しい。

FFL Edit

不可能。
アイテム所持数は問題はないのだが、フリーシナリオの踊り子編でのイベントアイテムが手元に残せないため。
具体的にはべっこう飴、オカリナ、歯車、ツルハシという物々交換イベントのアイテムは一度渡してしまったら二度ととる手段がない。
また、これらのアイテムを手元に残す場合は砂漠の光も排他であることに注意。
手元に残す場合は残しておきたいアイテム以外の要望を全部聞いてやればよい。
アイテムコレクションをする場合には気を付けよう。

FF零式 Edit

コンプリートは100%不可能。その要因としては以下が挙げられる。

  • 「生命の腕輪」は、オープニングのミッション中に壊れて無くなる。
  • 特定のミッション中に入手する「皇国軍人手帳」「搬入物資の伝票」などのだいじなものがミッション終了後に無くなる。また、ミッション中に消費するものや消費する事によって入手するアイテムもある。
  • アクセサリの「SPの○○」と付くものは特定のSPランクの時のみ1つ入手できるもので、全部を使用出来ない。
  • 「パルスの指輪」「リンゼの小手」「エトロの指輪」「ムインのお守り」は、アトラに全部のルシの輝石を渡さないと購入出来ず、輝石を渡さずにこれらのアクセサリの入手が出来ないため。
  • セーブ出来ないバッドエンドルートでのみ手に入るアイテムがある。