Top > その他 > 【混血】
HTML convert time to 0.007 sec.


その他/【混血】

Last-modified: 2017-02-13 (月) 12:48:51

異種族の血を引く人種で、FFシリーズでは作品により善悪の違いがあるにせよ、このタイプのキャラクターは特別な力を持ち、物語の中で重要な役割を担う人物が多い。また、現行までの作品では親類を含む全員がこのような生い立ちを持つが故に、一族特有の宿命やそれらの能力を狙われるなど、それぞれ複雑な境遇に立たされており、登場の際には様々な理由で物語には欠かせない存在となっている。

  • 別にFFに限らんが。

悪く言うと混ざりもの。

  • ジョブ/【バスタード】
  • 「ハイブリッド」って書くと、
    「別種のものが混ざることによってより良い性能になる」ってかなり肯定的な印象に。

別の血が混ざる事で純血よりも力が劣るか、純血にはない新たな力に目覚めるかほぼ2通りの結果になる。
前者はエアリス、後者はセシルが該当する。また混血のキャラは大抵孤児である事が多い。

  • 突然変異的な力を持っている分、燃費がものすごく悪いと言う欠点を抱えている場合が多い。
  • かと言って、セシルに月の民特有の力が現れる場面は特に無い(笑)。
  • 息子の方が目覚めてるような気がする。
  • エアリスは本編中では純血よりも能力に劣るとされているが古代種にしか使えないホーリーをつかえたり
    ライフストリームで意識を拡散させない、星痕症候群を治癒するなど人間とは違う能力を数多く持っている。

FF4 Edit

  • セオドア
    • 父=セシル(月の民と人間のハーフ)
    • 母=ローザ(人間)
      • セシルとローザは幼い頃から共にバロンで育った幼馴染であり、恋人同士でもあった。ゼロムスとの最終決戦の後に二人は王位を継いで結ばれ、セオドアが生まれた。
      • 4分の1の混血のことをクォーターというらしい。

FF5 Edit

  • バッツ・クラウザー
    • 父=ドルガン・クラウザー(第二世界の人間)
    • 母=ステラ(第一世界の人間)
      • 第1世界も第2世界も昔はもとは一つの世界だったので両親が異世界の者であってもバッツには特に特徴は表れない。
      • 一応1000年も離れていれば遺伝子レベルでは別物だったりする。
        世界合体したのでそのギャップは急速に埋まるだろう。

FF6 Edit

FF7 Edit

  • エアリス・ゲインズブール
    • 父=ガスト・ファレミス(人間)
    • 母=イファルナ(古代種)
      • 2人の出会いはΩとCCのコンプリートガイドで多少変わるが(Ωではイファルナはアイシクルロッジに住んでいたとかかれ、CCでは神羅で知り合い2人で逃亡になっている)2年間2人で過ごし愛し合い、娘エアリスが生まれる。しかしそのわずか20日後に・・

FF10/FF10-2 Edit

FF11 Edit

ヴァナ・ディールの「人間」5種族は大きく姿形が異なるが、それぞれ混血が可能で異種族カップルのNPCも時々登場する。ただしほとんどの場合子供には片方の種族のみの性質が遺伝する。

  • リリゼット
    • 父=ラジュリーズ(エルヴァーン)
    • 母=ポーシャ(ヒューム)
      • ヒュームだが例外的にエルヴァーンの長い耳を持つ。
  • アフマウ
    • 彼女の親戚はヒュームとエルヴァーンが混在している為、詳細不明だが様々な種族の混血と思われる。

FF14 Edit

  • ヒルダ
    • 父=エレゼン貴族
    • 母=ヒューラン平民
      • 著名なキャラクターでは現時点で明確に混血の容姿(独自グラフィック)をしている唯一の存在。

他にもパパリモ(プレーンフォークに近い容姿でデューンフォークの名前)や
フ・ラミン(ムーンキーパーに近い容姿でサンシーカーの名前)は混血ではないかと思われる。

  • 同作では上記のような容姿と名前が別部族のNPCが稀に存在するが、正式な部族としては名前のほうが正しいものになる模様。

FFCC Edit

  • フィオナ
    • 父・アルフィタリア王(リルティ族
    • 母・不明(クラヴァット族
      • 見た目は殆どクラヴァット。頭頂部の髪だけがリルティらしい部分か。漫画版だと「武の民」の血を引くらしい実力を見せるシーンも。

FFCCRoF Edit