Top > アクセサリ > 【金の髪飾り】
HTML convert time to 0.005 sec.


アクセサリ/【金の髪飾り】

Last-modified: 2017-11-23 (木) 00:38:29

防具/【金の髪飾り】


FF6 Edit

表記は「きんのかみかざり」。
『消費MPを半減できる』ので、魔法系キャラにぜひとも装備させたい一品。
FF6ではモーグリと天秤にかけられる場面も見られた。


別にこのナルシェのイベントでしか手に入らないというわけではなく、ゾゾ山古代城の宝箱や、コロシアムでも普通に入手できる。制限プレイならともかく、ここでこそドロ狼を選ぶと大損。ちゃんとモグを助けよう。

  • GBA版以降ではリヴァイアサンで水のハーモニーが習得できるので見捨ててもいい。
    最強を目指すのなら魔石ボーナスを少しでも利用するために助けなきゃダメだけど。
  • 魔大陸以降を初期レベル(ガウ除く)で踏破する自信があれば、金の髪飾りを選ぶといい。難易度はかなり変わってくるが。
  • まぁ「実用面」の話をすると、水のハーモニーなんて使わないけどね。
    (つーか不確実要素を含む踊りなんかより、きめ細かくコマンド選択できる魔法のほうが断然有用。)
    でも「最強育成」は1%の差でも気にする行為だから、そういう意味では修得は必須か…。
    • 「実用面」の話をすると、これを使うより下記にもある通りMPはアスピルで回復して
      その分アクセサリ枠をリボンなりエルメスなりに充てた方が実用的なので、結局優位性は皆無に近い。
  • 一応、崩壊前にMP消費カット系のアイテムを手に入れる唯一の機会ではある。
    モグの育成にこだわらず、アスピル習得前やアスピルに1ターン割かずに崩壊前から手っ取り早く魔法を連発(連打)したいというのならあえてこっちを取るという選択もないではない。

FF6はアスピルを使えばMPの回復が容易なので、
実は「消費MPが半分」というのはそんなにありがたい効果というわけでもない。


世界崩壊後にスリースターズが入手されるとお株を奪われる。

  • スターズが人数分揃ったら、飛竜の角に換えてしまってもいいだろう。無論揃えること自体大変だが。
  • GBAの追加ダンジョンなど防御が重視される局面ではスリースターズさえ顧みられないことも多い。アスピルを使うのに準備が要らないだけでFF5からこうも変わってしまうものか。

ちなみに何故かウーマロも装備可能。周知のとおりウーマロは魔法が使えないので装備させても全く意味が無い…。スリースターズはちゃんと装備不可なのにどうしてだろう?


前作と違い、移動中でも消費半減が適用される。


売値は1ギル。

CCFF7 Edit

表記は『金のかみかざり』。
MPの限界突破の効果を持つアクセサリで、上限が9999になる。
「モンスター調査計画>さらなる未知を探して>大いなる悪魔を調査せよ」と
「より貴重なものを…>能力開発プロジェクト>Pの未来予知Lv.4」の成功報酬。
「謎の大空洞>せめぎあい>下層への道」と
「謎の大空洞>未知への扉>生体兵器の脅威」の宝箱からも手に入る。


MPの限界を増やすだけで、MP自体は増えない。
このアクセサリを有効利用するには、MPを大幅に上げるマテリアを装備しなければならない。
貴重なマテリア欄を使うより、MPの消費を0にするアクセサリを装備したほうがいい。
これはAPの限界を増やすアクセサリについても言えることである。

FF10-2 Edit

表記は「金のかみかざり」。
MP消費1/2」の効果があり、魔力も20アップするアクセサリ。
ルブランマッサージをするミニゲームを1発でクリアした際にひみつエリアの宝箱から入手できるが、
失敗したときに手に入るなやましげな香水の方がレアなので特に1周目ではスルーされがち。
まあ他の場所で入手できるのだが。

FF零式 Edit

表記は「金のかみかざり」。
魔力+80の効果がある。非売品。
効果が強力なだけあって、アギトの塔の宝箱に入っていたり、作戦の不可能クリアでランダム報酬だったりと、入手経路が限られるというか面倒。