Top > アクセサリ > 【呪いの指輪】
HTML convert time to 0.006 sec.


アクセサリ/【呪いの指輪】

Last-modified: 2017-02-01 (水) 23:27:13

マイナスアイテムであるが、作品によっては同時にパラメータアップなどの特徴を持つものもある。
FF4の防具が初出。


防具/【呪いの指輪】


FF5 Edit

重さ1、防御力25、魔法防御5、魔法回避10の指輪
ピラミッド内部で手に入る。
全ジョブ装備可能で、なおかつ防御力はアクセサリ中最強(+25)である。魔法回避もGBA版を除けばトップクラス。
ただし、装備すると死の宣告がかかってしまうため使い道はほとんどない。
最強装備をすると勝手に選ばれてしまうため、売ってしまった人も多いのでは?

  • 死の宣告は常時ではないので一度戦闘不能になれば効果が解除され、普通に強いアクセサリとなる。
    通常プレイではほとんど必要としないアクセサリなのは事実だが。
  • なおこれで掛かる死の宣告のカウントは「50」から始まる。
    他に比べて余裕があるのは、上記のような使い方をするためだろう。

フューリー、GBA版ならハーデスから盗める(但し、いずれもレア枠)。
全員分用意して装備させるとカウントが0になった瞬間全滅するので注意。

  • そのため、いったん誰かをわざと戦闘不能にして、
    全員が一度にカウント0にならないよう気をつければいい。

ザコ戦ではほとんどの戦闘が50カウント前に終えられるので、個人的には
「防御力+25効果はすごいな」という好印象(!?)のある「呪い」のアクセサリ。
GBA版で追加された(物理攻撃力が高い)サウルスゾンビーでの経験値稼ぎで、かなり助けられました。
当時はエルメスの靴が高くて人数分揃えられなかったので…。


ちなみに死の宣告50カウント中は、他の「宣告」が一切無効。
同じ死の宣告はもちろん、GBA版予言士の「せんこく」をもすべて無効化してしまう。
戦闘不能となり死の宣告が解除されれば、青魔法の「死の宣告」も予言士の「せんこく」も効くようになる。
要するにアクセサリ効果優先という事のようだ。


売値は1ギル。

FF6 Edit

装備すると死の宣告がかかるアクセサリ。ただそれだけ。
一応デジョンを修得できるが、その事にほぼ価値は無い。
ただ、実はかなりのレアアイテムだったりもする。

  • デジョンは習得スピード的にも魔石フェンリルで十分だし。
    • フェンリルが手に入らなかったときの救済かもしれないが…(フンババとの戦闘回避目的で)

血塗られた盾コロシアムに賭けるか、アーリマンダイダロスキングベヒーモス(アンデッド)(データ上ではジークフリード(コロシアム版)も)をラグナロックで変化させると入手可能。

  • ただし血塗られた盾は(GBA版で増殖技を使わない限り)1つしか入手できないので
    実質現実的な入手方法はメタモルフォース一択か。

ウーマロも一応装備できる。これでウーマロもついに魔法が覚えられる……と思いきや、
ウーマロには魔法修得値が一切入らないのでデジョンを覚えることはやっぱりできないのであった。残念。


説明文は「呪われています」。血塗られた盾と同じ。


売値は1ギル。
これをコロシアムに賭けるとエアアンカーが景品になる(対戦相手はムードスード)。

FF7 Edit

力+35・魔力+35・素早さ+15・体力+15・精神+15・運+10の効果があるが、
戦闘開始時に「死の宣告」がかかる。
5のものと性能は似ているものの、7では「死の宣告」による即死を防ぐ手段が豊富な上、
ティファの武器「オーバーソウル」「マスターフィスト」の手軽な強化にも使えるため、
一概にマイナスアイテムとは言えない。
入手手段はアルテマウェポン(初戦)から盗むか、ミディールの武器屋で貰うのみ。
どの道1個あれば足りることは足りる。


いずれの入手経路でも、クラウド復帰後は入手不可能になるので注意。
アルティマニアΩの記述では、堂々のレアアイコン3つを冠している。
(時期限定・個数限定・入手困難の3つ。他にはアンブレラのみが該当する)


ミディールでは「ビックリさせたお詫び」ということで武器屋の主人から渡される。
絵の扉もそうだが、お詫びの品が呪いのアイテムというあたり独特のセンスを感じる。


戦闘開始時のカウントは60。倒れるまでに6回くらいは行動できる。


売値は1ギル。
髑髏のデザインがされている点は過去作と同様だが、今作ではオール金属製の指輪。


2つ手に入れて、ルビー・ウェポン戦に備えて味方2人をわざと戦闘不能にするときに使おう。

CCFF7 Edit

常時カーズ状態(呪い)になる。
平家の魂装備時のデメリット付与のために登場させたのだろうか。
ミッション「世界の謎を求めて>サボテンダーの秘密>サボテンダー??」の宝箱から入手可能。
低レベルクリアのためなのか、タンブリン砦出発前に支給ポッドを21回調べるとカンセルがくれる。
盗み等の作業戦闘中、D.M.Wの演出で中断されたくない時にも使える。


カーズはかかるものの本編時と同じくプラス効果がある。
HP・MP・AP+10%、
力・体力・魔力・精神・運+10。


序盤だと力+10はかなり大きく、ウータイ兵卒を一撃で倒せるようになる。
万能薬の200ギルは少々痛いが、残存潰し等タンブリン砦攻略中は装備していても良いだろう。

FFT Edit

物理・魔法AT+1、SP+1、永久アンデッド勧誘無効の指輪
ディープダンジョン地下6階のトレジャーで入手できる。
アンデッドになると戦闘不能が回復できないので、使いづらい。


アンデッドになることの利点といえば、闇の剣を無効化できることが挙げられる。
そのため、PSP版の共同戦線でアルガスの大軍を相手にする時ばかりは重宝する。


共同戦線のオールスター決定戦でオルランドゥ対策に
エクスカリバー+呪いの指輪+白刃取りメンテナンスを揃えた人は結構いると思われる。
ただフェニックスの尾を使ってくる奴もいるので注意。

DDFF Edit

表記は「のろいの指輪」。
敵専用の独立アクセサリで、ダメージカット-50%というマイナス効果を持つ。


序盤の敵が、防御面での弱体化のために付けており、
これを付けている敵は、少し攻撃するだけで簡単にブレイブブレイクできる。
ランクは☆だが、最大3つまで装備している。