Top > アビリティ > 【おどり】
HTML convert time to 0.004 sec.


アビリティ/【おどり】

Last-modified: 2017-10-21 (土) 23:36:57

アビリティ/【おどる】
特技/【おどり】


※FF6では正確には、習得するものが「おどり」で
戦闘で実際に使用するものが「おどる」コマンドですが、
ここでは「おどり」として両方をまとめて解説します。

FF6 Edit

モグの固有アビリティ。踊りにより大地から不思議な力を呼び起こして攻撃する。
FF5の踊りとは異なり、踊りは地形の力を呼び起こす手段に過ぎないため、
FF5で言えば踊り子よりは風水士に近い能力だろう。
踊ると、踊りの種類に従って「地形(戦闘中の背景)」が変化し、4つの技がランダムで発動する。
一度踊りだすと、転ぶor戦闘終了or戦闘不能まで
命令不可となりずっとその踊りを踊り続けることになるので、
デタラメに行動されて困るような戦闘では使ってはいけない。
踊りを修得するには、特定の地形でモグをパーティーに入れて戦闘するだけでよい。
簡単なように思えるが、気付いた時には何個か抜けているということもよくあるので要注意。

  • たとえ戦闘不能になっても覚えている。すごいなモグ!

「おどり」リスト


データ上は全ての地形が上記のどれかに属しているので、意外なところで意外な踊りを覚えたりする。
確か魔大陸は山だったような…設定的には正しいか。

  • でも魔大陸上空では覚えられない。同じ背景のデスゲイズ戦は山なのに。

その時点での地形とは異なる地形の踊りを踊った場合、地形が踊った地形に変化する。
ただし、この場合は一定確率で「つまずいた!!」とメッセージが表示され、
転んで踊りに失敗することがある。
その時点での地形と同じ地形の踊りを踊った場合は踊りは必ず成功する。

  • ってことはゴゴも踊らない限り、成功したら死ぬまで踊りっぱなしってことか。
    確かに急につまずいたのは見たことないけど…
    • 逆に、モグとゴゴでそれぞれバラバラな踊りを踊ると
      背景が変わりまくって突然どっちかがすっ転んだりするシーンが。
  • まだ習得していない地形で戦っている時に踊って背景を変えてしまうと、
    当然ながら現在の地形が踊りで変えた地形に上書きされてしまうので、
    新たな踊りを覚えられない。水のハーモニー習得時などは要注意。

飛空艇の甲板やラストバトルなど、地形属性を変更しても背景が変わらない地形もある。
(この場合も、地形の変更自体はちゃんと反映されている)


SFC・PSでは水のハーモニーを崩壊前に覚えないと覚えることはできない。

  • GBAでは崩壊後にも救済措置が追加された。でもチャンスは1回きり。

モグのつまづいた踊りをゴゴがものまねで完成させる
攻撃対象がなぜかモグ単体に変化したり・・・。


青魔法とは違い、モグが戦闘不能でも習得できる。
敵が逃走してもOK(こちらが逃げるのはダメ)。


技名は音楽に関係しており、殆どは演奏曲の種類や音楽の形式が使われている。

ラプソディ→狂詩曲
ノクターン→夜想曲
ララバイ→子守歌
セレナーデ→小夜曲
ブルース→四分の四拍子の歌曲
ハーモニー→和声を意味する
レクイエム→鎮魂曲
ロンド→輪舞曲

気になる人はググれ?


ぶっちゃけ戦力的にはあんまり期待できない。
特定の場面で特定の技が有効なことがある、といった程度。

  • オートで進行させるのが好きな人には結構人気。
    特に指示しなくても踊り続けるので、ガウやウーマロも合わせると必殺剣の待ち時間も苦にならない。
  • 割合ダメージや即死技が多めで、ボス戦ではかなり頼りない。
    属性攻撃も魔法と比べると貧弱。縛りプレイにはいいけど。
  • インフレが激しく強力な攻撃手段が多い所為で、大味かつ単調になりがちなFF6の戦闘では
    あえて踊るを積極的に使っていくぐらいがちょうどいいバランスになるのかもしれない。