Top > アビリティ > 【すいとる】
HTML convert time to 0.002 sec.


アビリティ/【すいとる】

Last-modified: 2016-07-10 (日) 12:44:33

FF8 Edit

コマンドアビリティとして登場。
敵単体に攻撃し、与えたダメージ分だけ使用者のHPが回復する。
G.F.パンデモニウムG.F.グラシャラボラスがAP80で修得できる。


存在意義がいまいちわからないアビリティの1つ。
ST攻撃Jにドレインをつけてぶん殴ったほうがいい場合のが多い。
かいふくそせいに枠を譲ったほうがいいだろう。


ドレインの倍の効力があれば有用だったかもしれないが、実際はその逆。

  • ST攻撃Jにドレインでは、相手がアンデッドの場合、たたかう実行時に逆にダメージを受けるから、
    つぶしが効くように……この弁護には無理があるか。
    なら、かいふくやそせいの方が効率的だし。
  • 忘れさせるのに抵抗が少ないのが取り柄ともいえる。
  • MPも吸収できるなら使えたかもしれないが、FF8は魔法個数制なので設定できない。

「すいとる」最大の特徴は、ノーコストで使用できる魔法攻撃でありながら「沈黙」状態でも使用可能である点。
魔法のみならずG.F.やドローまで使用不可になってしまう「沈黙」下でも影響なく使用でき、
さらに物理攻撃の命中率が低下する「暗闇」にも左右ない安定性・信頼性は全18種あるコマンドアビリティ中でも随一。
また攻撃と同時に体力を回復する効果があるため、「」によるダメージを相殺しつつ戦闘を継続させることが可能。
「沈黙」、「暗闇」、「毒」…
つまり、本アビリティは凶悪なST魔法「ペイン」に対する最終手段として設定されていたんだよ!

  • な、なんだってー!
    でもその状態なら比較的低リスクで高ピンチ度が得られるから
    すいとるを使ってるヒマがあったら…いや、これ以上はやめておこう…