Top > アビリティ > 【ちけい】
HTML convert time to 0.006 sec.


アビリティ/【ちけい】

Last-modified: 2018-01-13 (土) 12:23:45

関連項目:アビリティ/【風水術】アビリティ/【風水】


FF3 Edit

風水師の固有コマンド。大地の力を借りてランダム攻撃を行う。
失敗することがあり、失敗すると敵ではなく自分がダメージをくらってしまう。


風水師の能力だけあって、場所との相性に大きく左右される。
戦闘時の背景画像により、発動する効果は固定。


などでは成功率が極めて高く、強力な全体攻撃が発動するので大活躍できる。
逆に洞窟などは成功率が低く、発動しても単体に中途半端なダメージしか与えられない。
相性の悪い地形上では、事実上の自滅コマンドと化す。

  • 自滅のメカニズムだが、「ターゲットに対して全てミス判定(=0かいヒット)」になったとき、自爆ダメージが返ってくるようだ。
    なので判定数が多い全体攻撃は熟練度が低くても自爆する確率が低く、「かまいたち」は単体・オートターゲット無し・命中25という精度の悪さから自爆率が高くなっている模様。

MPを気にせず300以上の単体ダメージを連発できるので魔法陣の洞窟ではおすすめ。
白魔やハイポーションがあれば自爆ダメージも気にしなくていい。


この時代の地形は属性設定が割とめちゃくちゃ。
例えば雪崩が地属性だったり、渦潮が風属性だったり。
似たような事例として、合体リバイアが雷属性だったり。

  • これについては、その地形で登場するモンスターに効きやすいように調整された結果ではないだろうか?
    雪原のモンスターに氷属性の攻撃が出てロクに効かない、なんてことになったら「ちけい」を使う意味がない。

海は広いが、海上か海中でしかモンスターが出現しないので意外と戦闘自体が少ない。
時の神殿などは「ちけい」の設定が海となっているので活躍できる。

  • 海底洞窟も海扱いになっている。水中を探索している期間中ならおおむね強い。

ちけい一覧

FF3(DS版以降) Edit

DS版では失敗(自爆)がなくなり、使いやすくなった。
風水師のジョブ熟練度が上がれば与ダメージもアップする。
低確率で発動するシャドウフレアは中盤ボスを瞬殺できるほどの攻撃力。


FF5以降のように、複数の地形効果技からのランダム発動となった。
当然、使用した場所によっても発動する技のバリエーションは異なる。


発動する地形効果技は全て『無属性』。
さらにジョブ熟練度が低くてもそれなりに高与ダメージを出せるため、入手直後の魔道師ハイン戦に最適。
その後も「うずしお」が発動してしまう「水場」以外では、非常に安定した火力を誇る。


技ごとに攻撃力が違うのだが、凄まじいのが「相手の能力は一切関係がない」ということ。
ダメージに関係するのは、使用者の熟練度・知性・精神で、敵の魔法防御・魔法回避・属性は完全に無視する。
よって敵の魔法防御力や耐性によって与ダメージが減ることはないし、逆に弱点っぽい攻撃をしても増えることはない。
あと、当然だが隊列も無視する。


欠点といえば面白みに欠けるところか。

  • 全部無属性なのが使っていて面白くない。

FF5 Edit

風水士の固有コマンド、およびジョブレベル1で修得するアビリティ。
戦闘中の「地形」によってランダムの攻撃技を発動する。
ノーコストで発動できFC版FF3のような失敗(自爆)も無いので、
普段のザコ戦においての攻撃手段としては使い勝手が良い。

  • ただし攻撃対象もランダムに決定されるため、多勢の敵との戦闘だと確実性にやや欠ける。

「ちけい」一覧


攻撃力に乏しい回復役に付けると便利。
習得に必要なABPも25と軽く、とりあえず4人全員に覚えさせておいてもいい。

  • 威力が魔力依存であり、MPを消費しないことからも魔道士系と高相性。
    「底無し沼」のような魔力が影響しない効果、およびそれらが出やすい場所なら
    戦士系でもあまり問題は無い。
  • 特に、雑魚戦では出番が少ない上にもしものためにMP乱用は避けたい白魔にはオススメできる。
    もしくは攻撃系に少し癖のある時魔あたりか。
  • 同様にABP15と早く習得できる「どうぶつ」と共に4人全員に覚えさせて、状況によって使い分けるのももいい。
    回復効果も持つ「動物」は白魔・時魔にも十分有効だが、黒魔・召喚士といった攻撃系により好相性。
  • 習得が早すぎる代償なのか能力補正がない点に注意。上記のような例外はともかく、基本的に物理ジョブとは相性が悪い。

建物内では威力の高い「かまいたち」が出やすいのでかなり頼りになる。
山肌などで出る「じしん」も強力。
洞窟内では単体だが「しょうにゅうせき」が、出やすくて強い。
第二世界限定になってしまうが、沼地ではあらゆる敵を一掃する「そこなしぬま」が出るため
沼地での地形は無敵のアビリティとなる。


一撃で葬れるため、「どくろイーター狩り」の際には重宝する。
ただしセット先のジョブにはどくろイーターと同等以上の素早さが欲しい。


ラスボス戦では「かまいたち」固定発動。


キャラのレベルを上げることによって、発動する地形効果技が増える。
逆に言うと低レベルだと特定の地形技しか絶対に発動しないので、
安定した戦力として計算できるという低レベルプレイの味方となっている。
ちなみに「どうぶつ」で同じ事をやると兎地獄が待っているのでろくに使えない。

  • どうもスマホ版ではレベルの依存の仕方が変わっている模様。低レベルでも結構色々な技が発動する。
    低レベルで強力な技が拝めるようになった一方、安定性という意味では弱体化したとも言える。
    例えば、高レベルの技にはボス系や即死耐性を参照する技がいくつか存在するが、
    耐性がない敵に対しては低レベルにおける強化、耐性持ちの敵に対しては完全な無駄打ちとなる。

ここまで誰も触れていないが、フォークタワーの魔法側でこれを使うと強烈な反撃を食らうので物理攻撃と見做される模様。ダメージに魔力を参照した物理攻撃、という処理なのだろうか。いずれにせよフォークタワー攻略の際は注意。

PFF Edit

イングズプレミアムスキルで使用し、1つだけ発動する。
発動は完全ランダムであり、いわゆる「地形」が影響することはない。
即死技が多く、クエストを周回する時や蜃気楼の塔などでは地味に強い印象がある。


完全ランダム…のはずだが、大迷宮では渦潮とブラックホールが出づらい気がする。


地形一覧