Top > アビリティ > 【みやぶる】
HTML convert time to 0.009 sec.


アビリティ/【みやぶる】

Last-modified: 2017-10-15 (日) 09:18:06

特技/【みやぶる】
アイテム/【みやぶる】


FF3(FC版) Edit

学者のアビリティ。対象1人の弱点を見破る。
複数の弱点があっても1つしか調べられない。失敗することもある。
バリアチェンジを得意とするハインに使うのが一般的。
味方にも使用可能。フレイム系アイス系防具を装備していると弱点として表示される。
HPに関してはこのコマンドではなく「しらべる」で調べることになる。
DS版では「しらべる」と統合され登場していない。

FF4TA Edit

ハルのアビリティ。
敵一体に弱点属性を付加+ディスペルの効果。

  • 弱点属性を追加する確率は30%。
    黒魔法を使えるキャラがパーティにいる時に活用するといい。

フロータイボールに使ったら闇属性弱点になったことがあった。
闇属性の武器が全編通して1種類しかないというか
そもそもギル編で属性攻撃の手段が乏しいから
単に全体化デスペルの効果でよかったんじゃ?


弱点追加の効果もディスペルで消えるんだろうか?

  • 消えない。何度も使えば弱点が増えていく。

ボスに通じない、ライブラ等を実行しないとどの属性が弱点になったのかが分からない。
このせいでいまいち使えない。
攻略本では炎氷雷風の陣と組み合わせることを推奨しているが、こんなパーティーを一体だれが使うというのか。

FF5 Edit

青魔道士がジョブレベル4(マスター時)で覚えるアビリティ。
対象1体のレベル、現在HP/最大HP、弱点属性、現在のステータス異常状態を見破る。
ライブラ」と効果が同じなので、わざわざ付ける価値があるのかは微妙。
ジョブレベル3の青魔法を覚えたらこれは後回しにしてもいいだろう。


対象のリフレクを貫通できるので、
GBA版のオメガ改の弱点を的確に突く際に役立つ・・・かもしれない。

  • GBA版の終盤で確認した限り、この技はボスには効かない。オメガ改には素直にリフレクでライブラを反射して調べよう。

1つ前のアビリティ「青魔法」までを覚えるのに必要な総ABPが100なのに対し、
これ単体を覚えるのに必要なABPは250。
全ジョブマスターでも目指していない限りABPの無駄でしかないので、
使い所以前にそもそも習得される事が稀なアビリティであると言える。

  • 恐らく、この「みやぶる」を獲得する目的というよりも、
    青魔道士をマスターし、「すっぴん」にラーニングを継がせる過程での「副産物」の場合が多いかと…。
  • そのラーニングにしても累計30ABPで簡単に修得できる上に、わざわざすっぴんやものまね士でラーニングを狙う必要があるような青魔法も無い。
    青魔道士はステータス補正が微妙なジョブなこともあり、やはり後回しにするべきアビリティである。

あろうことかメリュジーヌには効かない。
コイツの防御の鉄壁さから、「FF3のハイン戦の学者みたいに使うのか?」とセットしたら、絶句することになる。

FF7 Edit

みやぶる」マテリアで使用可能。他作品の「ライブラ」の魔法にあたる。

敵の名前も自動では表示されないので、名前とともに敵のステータスを調べるには重宝するが、
敵によって効く効かないが割れるようになり、他作品のライブラよりも使い勝手が悪くなってしまった。
以下その一例。
効果あり:タークス・レノ、タークス・ルード、ヘレティック宝条
効果なし:ブラキオレイドス、タークス・イリーナ、プラウド・クラッド

  • 最大HPが30000以上に設定されている敵に無効化される模様。

見破った敵にカーソルを合わせると、ヘルプウィンドウに残りHP/最大HPが表示されるようになる。
敵のHPの調整が必要な場面はあまり無いが、便利といえば便利。

  • この効果は「その戦闘中のみ」有効で戦闘が終わると解除される。
    既に調べているモンスターでも次の戦闘になると表示が無くなるので再度使う必要がある。
  • 最終武器入手前に「へんか」でアイテム収集したい場合には、HPの調整目安として使える。
    重力系魔法なら残りHPの確認と調整をいっぺんにできるが。

さりげなく、すべてぜんたいかを付けると全体化される。
敵が多いほど、一体あたりのステータス表示時間が短くなるが。


基本的には敵にしか使えないが、混乱した仲間に「みやぶる」を使わせる(コンフュ等をかけて効果が出る前にコマンド選択)と、味方に向けて使ってくれることもある。


技名やアイテムの獲得/敵の強奪などと同じウィンドウを使用しており、
表示時間が長いためアクティブ戦闘で使うとタイムラグが大きくなる。
大量のモンスターがいるときに、全モンスターのMPが切れたりすると
みやぶるを行ったメンバーの次のターンが来ているのにまだ見破った結果が表示されないということも。

FF10 Edit

武器のオートアビリティ。正確な表記は「見破る」。アビリティスフィア2個で改造できる。
攻撃対象の現在HP/最大HP、 属性防御、現在受けているステータス異常、簡単な解説文を確認できる。
これが付いた武器は序盤から手に入るので、とりあえず控えメンバーにでも持たせておくと良い。


ラストバトルではライブラは通じないがこれは通用する。

  • エボン=ジュに憑依された召喚獣に対して使用することで、彼らの悲愴な決意を窺える。感涙注意。
  • 逆に、ザナルカンドのコケラくずやジオスゲイノからエキュウなど、本来は見破るが通じるが手に入らないためにPARを使わなければ見れないモンスターも数体存在する。

ライブラ側とは、現在受けているステータス異常ではなく耐性を持っているステータス異常の表示、解説文がより詳細なものになると言う2点で異なる。


ボス敵も含め、効かない(見破れない)モンスターのほうが少ないのでかなり便利。
シーモアのローテーション行動の解説など、このアビリティの有無で大きく難易度に差がでる敵も多い。


100万以上のHPを持つ相手だと表示が少しおかしくなる。7桁以上のHPを表示することは想定していないようだ。
最も、HPが100万以上かつ見破る可能なモンスターは、キマリを相当鍛えた状態のビランとエンケしかいないが。

FF10-2 Edit

魔銃士のアビリティ。敵1体の情報を調べる。
FF10の「ライブラ」と同様、かなり詳細な情報が得られるほか対象に関するコメントも記載されている。
Lv2とLv3という上位のアビリティもあるが…?

  • コメントはネタに走っているようなふざけた内容が多く、あまり攻略のあてにならない。上位アビリティも含めお遊びと割り切ったほうが良い。ただし相性やステータス耐性までわかるのは有用。

FF11 Edit

獣使いがLV10で習得するジョブアビリティ。
対象の敵があやつれるかどうか調べる。
しかし、大概の場合は「しらべる」で事足りるうえ、熟練者は入念な下調べを済ませているので、
このアビリティが使われる事はまったくと言っていいほど無い。


詳細はこちら→みやぶる

FF14 Edit

PvPスキルとして吟遊詩人忍者が使用できる。
忍者が追加実装され、その忍者かくれる(敵プレイヤーから見えなくなるアビリティ)を使用出来る為、
その対策として追加された。
……が、そもそも相手に忍者がいるとは限らない上、自陣営内に忍者が1人隠れていたからといって、
大きな問題になる事はほぼない為、あまり使用する機会はない(そもそもセットしていないプレイヤーも多い)

DFF Edit

アシスト系のスキルとして登場。
対象に選択したロックエリアの解除条件であるバトルピースにマーカーを表示する。


ロックエリアは基本的に敵を残さず潰してまわっていれば自然と解除されている。
強いピースとは無関係な事も多く、わざわざロックの前まで移動して貴重なDPを消費する利点もない。
おまけにエーテルで消そうにも無理やり使わないといけないので、正直に言えば無駄なスロット潰し以外の
何者でもない。せめてどこにいても使える仕様であれば…。

FFL Edit

マトーヤの固有アビリティ。
単体の物理・魔法防御力を下げる。敵の急所をみやぶるということだろう。
大ボスには効かないが、強いザコや一部の中ボスにも効くことがあるので結構役立つ。


水晶の目のおかげで敵をみやぶれるのだと思われる。
そのため暗闇時には使用不可という、FF1プレイヤーにはニヤリとなる仕様がある。


アシュマダイ戦では必須のコマンド。
マトーヤが倒されないよう注意しよう。

PFF Edit

学者のジョブアビリティ。
リメントブレイク時に攻撃する際、先制攻撃で敵単体を「みやぶる」状態にする。
敵の弱点属性によるダメージを20%増加させる。効果は2ターンで、重複しない。
弱点属性でも飛行特効は対象外でダメージは増えない。
弱点属性が無い敵はみやぶるを掛けても何も変わらないが、弱点を後天的に付与するあらくれ狙撃でフォローができる。
また状態異常「みやぶる」にするためか、アバドンの首飾り?の効果が出る。
発動条件が緩くボスでも効く敵は効くので、覚えていて損はない。
ちなみにラスボス?には効きます。


敵もみやぶるを使ってくる。
「みやぶる」になった味方は、与えるダメージ及び回復が全て1になる。
効果は永続のため、火力キャラがなるととても悲惨。
幸いなのはイベントのボスくらいしか使ってこないため、状態異常回復手段が無い時は対策をキチンと取ろう。