Top > アビリティ > 【インパクトブレイク】
HTML convert time to 0.005 sec.


アビリティ/【インパクトブレイク】

Last-modified: 2017-04-20 (木) 12:52:19

FF13 Edit

アタッカーロールでのみ有効なオートアビリティ。
ライトニング、スノウ、ファングが習得できる。
ブレイクから回復しそう+打ち上げられている状態の敵にたたかうを実行すると自動で変化。
地面に叩き落して物理攻撃力の約5倍+約2倍のダメージを与える。
積極的に狙いたい威力。

  • なによりかっこいい。これでフィニッシュできた時はもう…!

リーダーをアタッカーにしておき、タイミングよくコマンドを入力すれば成功しやすい。

  • 何気に味方AIも、敵がブレイクから回復しそうな時だとATBゲージを全て溜めずにすぐ攻撃して狙ってくれることがある。
  • 敵に近づく時間と、ジャンプする時間を考慮してコマンドを入力する必要がある。
    立ち位置は毎回変わるので、タイミングよく入力するには慣れが必要。

スノウかファングがリーダーでアタッカーなら、これでダメージを与えるより、
ルーラーフィストハイウィンドを使ったほうが大ダメージを与えられる。


落下中の敵にも発動するが、空振りすることが多い。

FF13-2 Edit

アタッカーのオートアビリティ。
ブレイク時間終了まで1.2秒以内の敵に対して空中から放たれたたたかうが命中するとき、そのコマンドによる攻撃が地面へ激突させる攻撃に変化する。

LRFF13 Edit

スマッシュアッパーによって打ち上げられている敵に対して強斬りを使用するとこれに変化する。

DDFF Edit

ライトニング(アタッカー)の空中ブレイブ攻撃
二回斬りつけた後、追加入力で斜め下に叩きつける。激突属性あり。
発生が遅いが攻撃範囲が広く、ライトニングのブレイブ攻撃の中で最大威力を誇る。
アタッカー時の主力ブレイブ攻撃。


「てやっ!邪魔だ!」


攻撃モーションはスラッシュブロウの斜め下激突バージョンと似ている。
合計威力補正も同じで発生Fも近い。
あちらとの違いは誘導範囲がかなり広い事とHP派生が無い事か。

DFFAC Edit

ライトニングの空中ブレイブ攻撃(アタッカー時II)。
連続で薙いで前転しながら振り被る技。
激突後はダッシュキャンセルで雷光斬シーンドライブへ連携できる。


発生が非常に早い割に少々判定が大きめで同技キャンセルも可能、
ライトニングの接近戦の強さを支える技の1つ。
ただし出し切るとサーチ技が確定という欠点もある。


2段止めで固められる。
バックステップを狩れる絶影との相性が良い。
また壁激突後に密着状態で真空破を撃てば繋げられる。

  • 途中段止めの硬直をオプティマチェンジでキャンセルして雷光斬に繋げるコンボが発見されたのだが、
    Ver1.3702017/04/20で不具合の対象として修正された。
     

Ver1.2102016/04/21
SPEED火力の見直しが入り、ブレイブダメージが544から512に引き下げられた。
同時にキャンセル可能タイミングが早くなった。
 
Ver1.3612017/03/09
type:SPEEDとtype:SHOOTにおける火力の全体調整で、
ブレイブダメージは512から496と僅かに低下した。