Top > アビリティ > 【クルセードスタンス】
HTML convert time to 0.002 sec.


アビリティ/【クルセードスタンス】

Last-modified: 2017-10-28 (土) 11:11:16

FF14 Edit

幻術士がレベル6で覚えるON/OFF型のアビリティ。通称クルセ。
使用するとINTとMNDの値を入れ替え、さらに攻撃魔法の威力アップと回復魔法の威力ダウンのバフが付与される。
アディショナルスキルとして学者占星術士も使用可能。
無いとソロ戦闘が非常に辛くなるので実質ヒーラー必須スキル。


4.0でヒーラー共有アクションになり、一時的に火力が5%上がるアビリティになった。
そのためクルセをしていても回復能力は落ちなくなった。
ヒーラーの仕様も攻撃魔法はNND依存になったため、これが無くともソロでも平気になった。

TFFCC Edit

常時適用型の増強アビリティ。必要CP20。
固有アビリティであり、ヤ・シュトラがレベル40で修得する。
装備することによって、まりょくアップ+150、せいしんダウン-50、たいりょくダウン-50の効果を得る。


耐久面を犠牲にして、まりょく値を大幅に引き上げるアビリティ。
これ一つセットするだけで、全キャラクター中でも最高クラスのまりょくを得ることができる。
代わりに下がる二つの能力値も、ミスさえしなければ影響のないためデメリットとしては軽微なもの。
難点でいえば、肝心のまりょく値依存の魔法アビリティをヤ・シュトラがあまり覚えないこと。
レベルアップのみで覚えるのはエアロラホーリーの二つだけと物足りない。
このアビリティを活用したい場合は、アビリティの書で魔法攻撃系アビリティをいくつか覚えさせた方がいいだろう。
無論CP強化は必須となるので、育成はしっかり行いたい。