Top > アビリティ > 【スケッチ】
HTML convert time to 0.005 sec.


アビリティ/【スケッチ】

Last-modified: 2017-10-28 (土) 11:16:06

FF6 Edit

リルム専用の戦闘コマンド。
内容は『敵をスケッチすることで敵の幻影を具現化させ、攻撃させる』というもの。
発動するとスケッチした敵の幻影が現れ、物理攻撃や魔法を使う。
場合によってはその敵が通常状態では使ってこない技を使う事もある。
そのためストラゴスに青魔法をラーニングさせる時などにはとても役立つコマンドである。
が、攻撃力や魔力はスケッチした敵のものに依存するため、火力不足になりがちである。
それを考えると青魔法ラーニング以外の使い道はあまり無いかもしれない。
だんちょうのヒゲを装備するとコマンドが『あやつる』に変わるが、こちらは結構使える。
ちなみに、スケッチした時に発動した効果は
すべてスケッチしたキャラ(リルムやゴゴ)が発動したという扱いになっているらしく、
スケッチで「自爆」や「融合」が出ると、スケッチを使ったキャラが戦闘不能になってしまう。
ホワイトウィンド」や「リベンジブラスト」も同様で、スケッチ使用者のHPに依存する。
沈黙等になっている状態で魔法などが発動しようとする場合、不発に終わる。
尚、発動した魔法や特技によるMP消費はないので、燃費の心配はする必要はない。

  • 問題は攻撃力よりも、敵に通用しない技がほとんどな事。
    当然スケッチした敵も「同属性」なので吸収されたり、即死攻撃がミスばかりだったり。
    「この敵パーティに対しては、この敵のスケッチ技が有効」という風に覚えておけば、
    ピンポイントでは役に立つ。
  • 眠れる獅子で「眠りにつく」が発動した場合は、「スケッチ」をしたキャラクターではなく、
    眠れる獅子に対して適用される。
  • ちなみに、「瞬間的かつ間接的に敵独自の行動を使用できる」・「計算に使われる攻撃力や魔力等のパラメータは対象モンスターに依存する」という特徴は、FF5の魔獣使いのアビリティであるとらえるはなつと同じである。
    FF5ではあやつるも魔獣使いのアビリティであったため、FF5の青魔道士の後継者であるストラゴスに対し、リルムは魔獣使いの後継者となっていると言える(ステータスや装備可能なアイテムの傾向は全く異なるが)。
    • こう書かれると、とらえる→はなつの長所が「使いたいモンスターやそれを使う戦闘を選べる」ことで、その長所がガッツリ削られてしまったアビリティだという印象が強くなるな…。
      • 代わりにそれらの最大の短所である一々調達が必要という面倒臭さや一度限りの使い捨てという要素も解消されている。

ラスボスタワーなど、スケッチできない敵もいる。

  • しかしラスボスはスケッチできる。

リルム本人のステータス値に応じて威力も変動すれば良かったんだが。
現地調達の即席版「あばれる」みたいな感じで。


リルムはこのスケッチ能力を使える事を悩んでいる様子がある。
「似顔絵描くぞ!」と言っているが、本当は幻影が出ない似顔絵を描きたいらしい。
エンディングでは「本当の似顔絵をおじいちゃんに一度はかいてあげたい」と言っている。

  • 一般人的な見方からすると、リルムの高魔力やティナの魔導の力なんて羨ましくもあるんだけどね…。
    このスケッチだって、一瞬で対象をスケッチしてさらにそれを具現化させるなんてスゴいことだよ…。
    でもリルム達「能力者」からすると、一般人の『普通なこと』が逆に羨ましいのか…。
    ピクトマンサーリルム」より、「画家リルム」のほうがやっぱりイイのかな。
    • EDで魔導の力が消滅したためそれ以降は本当の似顔絵を描けるようになった……はず。
      • これって、魔導(三闘神幻獣)由来の力なのか……?
        そうではなくリルム生来の魔道士の血統に由来するならば消えないことも…。
      • サマサの先祖である魔導士というのは魔大戦で幻獣の力を注入された人間。
        つまり、起源の起源の起源までたぐると結局は三闘神に由来するのでEDで消滅する。
  • サマサの男の子がリルムの絵のモデルに立候補しようかな、と言っている。
    リルムの能力は村の中でも完全に認知されてはいない?
    実はストラゴスにはついツンツンして普通のを描いて無いだけで、普通の絵も描ける可能性も。
    • リルムに対する口説き文句のつもりだったりしないか。
      またそうじゃなくても、男の子の幻影が男の子に襲い掛かったところで、さほど危険はないだろう。
      命に関わるほどの事態は避けられるはず、程度の次元でだけど。
      「ジジイ」に対しては「命の危険を覚悟しなきゃいけない」という時点で、
      既に孝行でもなんでもないのが問題だな…。
    • 魔導士の村だし、その男の子の潜在能力が凄くてラ級だのガ級だのの魔法が発動しちゃったら目も当てられないしね…
      スケッチ元の能力で威力が変わるから致命傷にはならないかもしれないが。
  • 普通の絵も描けるんじゃないか?でないと絵の練習さえできないだろう。それにスケッチは、リルムがストラゴスの青魔法を見ていて独自に編み出した技術らしいし。

ちなみにカッパ状態の敵をスケッチすると「元の姿」で描いてくれる。
正しいけど…正しいんだけど…


ベレー帽を装備していると成功率がUPする。
然し、ベレー帽自体の性能は同時期に入手できる防具に比べて微妙な上に、ゴゴはデフォルトでは装備できないのがネック。
因みに、は装備していなくても使用できる。


FF6の固有コマンドの中でめずらしく戦闘中にチュートリアルがある。これ以外だとマッシュの必殺技、セリスの魔封剣のみ。もっともこのアビリティの説明は無いがをスケッチして蛸足が出るという簡潔でわかりやすいものとなっている。
ただ西の山にはスケッチしてまで使いたいモンスターの技というのがホワイトウィンドくらいしかないため(ブラスター当たらないのもマイナス)、活用できないのが惜しい。


敵が透明状態だと確実に失敗する。
また、下記のようにバグが発生する場合がある。


暗闇状態でも使用可能。何も見えないのにどうやって絵を描くんだ?

スケッチバグ Edit

特定条件で「スケッチ」を失敗した時に発生するバグ。
当初は海外SNESの初期版でのみ発生すると思われていたが、
後に他の手順で日本版や他機種版でも起こせることが判明した。
裏技・バグ/【スケッチバグ】

PFF Edit

リルムのプレミアムスキル。
チャージ速度は高速、知恵メメント対応。
モンスターをスケッチしてアビリティを使用する。
原作ほど種類はなく、以下の4パターン?から1つ使用する。
なお名称は出ないためエフェクトで分かるブラスター以外は暫定名称。