Top > アビリティ > 【Wアイテム】
HTML convert time to 0.006 sec.


アビリティ/【Wアイテム】

Last-modified: 2017-10-11 (水) 07:46:09

FF7 Edit

コマンドマテリア「Wアイテム」で使えるコマンド。
戦闘中に1回の行動でアイテムを2個使う事ができる。
別に同じものでなくても可。

 

なのだが、そんなことより通常版、インターナショナル版共に裏技に用いる事が可能。

  • 通常版
    2つ装備すると素早さが何故か255に
  • インターナショナル版
    アイテム増殖(増殖できるのは戦闘中に使用できるアイテムのみ)
    • 戦闘中に使用できないアイテムでも増殖する方法が見つかった。3段下参照。

ちなみにインターナショナル版ではマジックポット
エリクサーを与えないとダメージを与える事ができないため、
楽にAPを稼ぎたいならこの裏技は必須である。

 

※アイテム増殖の方法
Wアイテムを装備して戦闘する

Wアイテムのコマンドを選んで増やしたいアイテムを1つ目に選択する

なんでもいいので2つ目のアイテムを選択し、キャンセルする

1つ目のアイテムが増えているはずなので、後は2つ目を選んではキャンセルを繰り返す

  • 「2つ目の対象を選ぶ時にキャンセル」というのがポイント。
    キャンセルするタイミングを間違えるとアイテムが減ってしまうので要注意。
  • ○→Xの簡単操作でみるみるアイテムが増えていくのを見るととんでもないチート感。

ちなみに上記のアイテム増殖法を通常版で行った場合、1つ目のアイテムが使用効果を発揮せずに減っていきます。


実は上記の方法で増やせるアイテムは、「1つ目に選んだアイテム」ではなく、
「1つ目に選んだアイテムがあった欄にあるアイテム」。
(その欄が空欄の場合は、1つ目に選んだアイテムが増える。)
 
そのため、1つ目に選んだアイテムがあった欄が空欄になり、
その空欄に別のアイテムが入ると、種類に関係なくそのアイテムが増えていく。
 
このことを利用して、別のアイテムが入る行動を行うと、
Wアイテムでは使えないアイテム(アップ系や装備品)を増やすことができる。
 
できた空欄にアイテムを入れるには次の方法がある。 
・「ぬすむ」か「ぶんどる」でアイテムを盗む。
・「へんか」で敵を倒す。
・「なげる」を使おうとしたキャラクターを戦闘不能にする。
ヴァイスに盗まれたアイテムを取り返す。

これらを利用した具体的な増やし方は下記を参照。
 
ちなみに、この方法なら売却できないアイテム以外のアイテムを増やすことができる。
この方法で、わずか数時間で、全キャラクターのステータスをMAXにすることができる。


具体的な増やし方
いずれの場合もポーションより上に空欄ができないようにすること。
ポーションをアイテム欄の一番上に置くといい。
「Wアイテム」で使えるアイテムならポーション以外でもOK。
ただし、裏技実行後に消滅してしまう点には注意。
空欄にアイテムが入らなかったら、適当なアイテムを選ぶ→キャンセルでポーションを増やしてからやり直すこと。
 

  • 「ぬすむ」を使ったやり方
    1.増やしたいアイテムの所持数を0にする。
    2.ポーションの所持数を1にする。
    3.「ぬすむ」と「Wアイテム」を別々のキャラクターに装備させる。
    ・戦闘開始
    1.「ぬすむ」を使う。
    2.「ぬすむ」の演出の間に、「Wアイテム」でポーションの対象を選ぶ。
    3.アイテムを入手したら、ポーションがあった欄にアイテムが入ったことを確認する。
    4.アイテムを増やす要領でコマンドを入力する。
    ※敵が二体以上いれば「へんか」でも実行可能。
  • 敵パーティーが一体しかいない時に「へんか」を使ったやり方
    1.増やしたいアイテムの所持数を0にする。
    2.ポーションの所持数を1にする。
    3.「Wアイテム」を適当なキャラクター(Aとする)に装備させる。
    4.A以外のキャラクター(Bとする)に
    「ファイナルアタック」+「へんか」
    「ファイナルアタック」+「そせい」
    「まほうみだれうち」+「そせい」を装備させる。
    ・戦闘開始
    1.Bの「へんか」で敵が倒せるようにHPを減らしておく。
    2.Bが敵の攻撃で戦闘不能になるのを待つ。
    3.Bが戦闘不能になり、「へんか」の演出の間に、「Wアイテム」でポーションの対象を選ぶ。
    4.アイテムを入手したら、ポーションがあった欄にアイテムが入ったことを確認する。
    5.以降のファイナルアタックの演出の間に、アイテムを増やす要領でコマンドを入力する。
    ※「そせい」を使うのは敵がいなくても発動するため。
    ※「まほうみだれうち」を装備するのは増やす時間を稼ぐため。
    • 「まほうみだれうち+そせい」の組み合わせを複数個装備しておけば時間がさらに延びる。
      レイズの方が消費MPが少ないため、そせいマテリアは成長させない方が扱いやすい。
      また、HPMPいれかえを利用してMPを増やすのもよい。
       
  • 「なげる」を使ったやり方
    1.増やしたいアイテムの所持数を1にする。
    2.ポーションの所持数を1にする。
    3.「なげる」、「Wアイテム」、「てきのわざ」(「ゴブリンパンチ」が使えるもの)を
    別々のキャラクターに装備させる。(それぞれA、B、Cとする)
    ・戦闘開始
    1.CがAに「ゴブリンパンチ」を使う。
    2.「ゴブリンパンチ」が発動するまでに、Aが「なげる」で増やしたいアイテムを選び、Bが「Wアイテム」でポーションの対象を選ぶ。
    3.Aが戦闘不能になり、ポーションがあった欄にアイテムが入ったことを確認する。
    4.アイテムを増やす要領でコマンドを入力する。
    ※「ゴブリンパンチ」を使うのは確実に戦闘不能にさせるため。(AとCが同じレベルならほぼ確実に戦闘不能になる。)
     
  • ヴァイスの「ぬすむ」を使ったやり方
    1.増やしたいアイテムの所持数を1にする。
    2.ポーションの所持数を1にする。
    3.「あやつる」と「Wアイテム」を別々のキャラクターに装備させる。
    ・戦闘開始
    1.「あやつる」でヴァイスを操る。
    2.ヴァイスに適当な行動(「ぬすむ」など)を行い、ヴァイスに「ぬすむ」を使わせる。
    3.増やしたいアイテムが盗まれたら、ヴァイスを攻撃する。
    4.ヴァイスを倒すまでに「Wアイテム」でポーションの対象を選ぶ。
    5.アイテムを取り返したら、ポーションがあった欄にアイテムが入ったことを確認する。
    6.アイテムを増やす要領でコマンドを入力する。
    ※ヴァイスが2体登場した時に実行可能。
    ※ヴァイスは売却できるアイテムを盗むため、ほぼ全てのアイテムがこの方法で増やせる。
    ※投げられないうえ、「ぬすむ」でも「へんか」でも入手できないアイテム(防具やアクセサリ)はこの方法でしか増やせない。

一度の戦闘で複数のアイテムを増やすことも可能。やり方は、上記の2項「ポーションの所持数を1にする」で「ハイポーションの所持数も1にする」を追加すればOK。あとは戦闘開始後の手順を実行後、ハイポーションで同じことをすればよい。

  • 説明の例ではポーションやハイポーションが用いられているが、実際には現地調達可能なアイテムを生贄にすると効率が良くなる。もっともこの裏技が活躍するであろう神羅飛空艇ではイカスミやエーテルターボなど(それぞれイビルラップ、プドゥレアから盗める)。

ヴァイスの方法は「売却可能アイテムすべて」でできるため、アイテムコレクションにおいてこの方法を用いる場合はDisc3で簡単に入手可能なアイテムはすべて処分してから行った方が確率が上がる。
その面倒くささを差し引いても、通常プレイで増やすよりこちらの方が効率がよいと思われるのがゴールドソーサーのアイテム群。


本来の使い方に関してここまでほとんど触れられていないが、
アイテムの個数がある程度あれば結構強力なアビリティ。特に回復方面。
低レベルでは攻撃方面でも優秀。

  • 成長途上で二大ウェポンに正面から挑む際に
    戦略の要となる場合もあるだろう。
  • ただし、アイテムの選択ミスには要注意。
    アイテムが減少するバグにより、1個目に選択したアイテムは取り戻すことができないため。
    インターナショナル版では上記の裏技で対処できるが、裏技を利用できないオリジナル版では対処できない。

FFL Edit

レンジャーが習得するアビリティ。
必要スロット数は1。


セットしてもアイテムコマンドが「Wアイテム」に変わるのではなく、両方とも使用可能。
状況に応じて使い分けよう。


フェニックスの尾エクスポーション
辺りが便利かな?


回復用アビリティに見えるが、終章・前編で「緑のしっぽ」と交換で手に入る
オートボウガン」と組み合わせると、超破壊力の攻撃コマンドにもなる。


挑戦者の館でも欲しいアビリティの一つ。
フェニックスの尾+エリクサーなどの大盤振る舞いも時には必要。