Top > キャラクター > 【エアリス・ゲインズブール】
HTML convert time to 0.077 sec.


キャラクター/【エアリス・ゲインズブール】

Last-modified: 2017-06-01 (木) 22:38:39

FF7 Edit

年齢:22歳
身長:161cm GCでは163cm
誕生日:2月7日
血液型:O型
出身地:アイシクルロッジ
使用武器:ロッド


本作のヒロインの一人で星と語り、星の力を操ることができる古代種(セトラ)の末裔。
クラウドと出会ったことにより、エアリスの運命が動き出す。
後に究極の白魔法「ホーリー」を唱え、世界を救うことになる。


出身はアイシクルロッジだが、生後まもなく神羅に狙われミッドガルに母親と移る事になり、ほとんどをミッドガルで過ごしている(神羅に狙われた背景事情は後述)。
ミッドガルでは育たないとされる花だが、エアリスの教会や家の周辺だけ不思議と花が咲いている。 


性格・ヴィジュアル共にティファとは対照的で、性格は一見大人しそうに見えるが、実は表情豊かでとても明るく、自分の気持ちをはっきり言葉にするタイプ。
『FFVII』開発者の坂口博信氏によるとエアリスは「外国人の女の子」のようなビジュアルをイメージしていたとインタビューにある。説明書にも「美しい」と形容されている美女。


古代種の末裔で、ミッドガルで花売りをしていた。
爆弾テロ直後の騒動の中でクラウドと出会う。
その後、教会の屋根を破り落ちてきたクラウドと再会、デート1回の報酬で
クラウドはエアリスのボディーガードになる。その後神羅に拉致された際にも、クラウドに助けられ、旅に同行することになる。
ガスト神羅宝条に暗殺された上、母子は古代種ということで神羅に拉致され母イファルナは脱走中に死亡しエアリスはエルミナに拾われる、と昔から神羅のせいでさんざんな目に遭ってきたようだ。
セフィロスメテオを防ぐ力とそのための白マテリアホーリー〉を持っており、クラウドと星を守るため、一人忘らるる都に向かう。
最後は追いかけてきたクラウド達の目の前で、セフィロスに擬態したジェノバ刺殺された。
エアリスの願いが届いたEDは必見。
性格は明るく大胆で積極的。おとなしめの外見に似合わず、危険なことにも平気で足をつっこみたがり、好意を持ったクラウドへのアタックは積極果敢。
髪型は茶髪の巻き髪、服装はピンクのロングスカートのワンピースに赤いジャケット。

  • 当初セフィロスと兄妹という設定があった名残か、二人して凄い前髪という類似点がある。-天野氏のイラストにセフィロスとの2ショットが多い点もその設定の名残りかもしれない。
  • エアリスは、どうして単独行動したのだろうか。
    • なんかの雑誌で製作者(だったかな?)のコメントがあったが、エアリスとしてはそこまで命がけな事では無いと思っていた。
      実際にちょっと行ってホーリー発動して帰って来るだけの事だし、セフィロスさえ来なければどうという事もない行動だった。ってのが有った気がする。
      その中にはインター版発売の前にニブルのポッドの中に居たのはザックスとクラウドだったとかの話も有ったから、
      エアリスの行動も実際その程度の軽い気持ちだったんじゃないかって俺は信じていたけど。
    • アルティマニアΩの小説をまんま信じてた。死ぬのはわかってたけど、それでも行った…っていうわけじゃなかったんだな。
    • 客観的に考えればセフィロス(ジェノバ)が妨害してくるであろうことは明白。
      エアリスもそれは分かっていただろう。ちゃんとみんなのところに戻るつもりだったとしても
      死ぬ可能性については理解してたんじゃないかな?どうであれホーリーを発動できるのは彼女のみ……
    • クラウドはあの状態、クラウドがおかしくならないよう監視と抑止役も必要、ケットシーはスパイ、ユフィとヴィンセントは任意加入だからゲーム的に頭数に入れられない…単独行動するしかないような気がする。レッド13ぐらいは連れて行けたか?

デートしたことがないクラウドを、「う〜ん、不幸な青年、ね」と憐れむくらいデート経験豊富なお姉さん。
だが特別男性と付き合っていた描写もない。
尚、通常の進め方をし、好感度が全員同じ場合は、エアリスが一番優先度が高い。

  • ただし、過去に彼氏は存在した模様。詳細はザックスの項を参照。

トレードマークのリボンは母親から貰ったマテリアの髪留めと共に、幼い時にもしっかりと身につけているのを確認できる、そのマテリアは後々の展開の最重要アイテムとして登場する。

  • 幼い時は緑色のリボンをつけていた。

復活ネタの神様と呼ばれるほど、一時期復活ネタが出回った。発売当初にプレイした者なら水中呼吸マテリアという語に結構な想い出を持つ者も少なくないであろう。


実はサガフロンティアのCDを用意し、特定の場所で入れ替えることで地形をバグらせエアリス死亡イベントを発生させない事でラストまで生存させる事が可能。(裏技・バグ/【サガフロワープ】)
フリーズなどのゲーム進行の停止はごく一部のポイントを除き発生しない。
フリーズするポイントだけPTメンバーを入れ替えれば問題ない。
本来死亡するポイントより後にもエアリスのせりふが用意されている場面がある。


幼い頃から神羅に追われていた関係でツォンとは顔見知り。
古代種の神殿での会話を見ればわかる通り、複雑な感情を抱いている模様。


因みに本編最後のエアリスとの会話はクラウドの夢の中である。
「全部終わったらまた、ね」

  • 2周目をプレイすると、全部の意味が重く感じる。まるで、クラウドが自身の生をまっとうしてからまた会おう=ライフストリームの中で会おう、と言われているようで…。

観覧車のデートイベントを見れば分かるが、仕草などがザックスに似すぎていたためか、この時点で既にクラウドが偽りの姿であることに感づいていた模様。
ただし、FF7ACのとおり、クールな性格は素であり、
クラウドの擬似人格とは経歴や戦術に限られるのではと考える。

  • 序盤のクラウドはむしろクールが素で、クール以外の部分がザックスから取り入れたものと考えられる。(行動力、力強さ、揺るがない強い心etc)
    要するに素のクラウドの弱さ、臆病さの部分を表に出せるほど本来の彼に近くなると言えるだろう。
    その点をエアリスが見抜き下記のセリフに繋がる。クラウドが本来の自分を取り戻す前にエアリスはいなくなるので、出会う事はできなかった。
  • 「あなたを探してる」、「あなたに会いたい」の意味を知った時は…。プレイヤーも印象深く、エアリスらしい素敵な言い回しだと思う。
    ちなみに、貴方に逢いたいのセリフは、FF7の15周年イベントで
    印象に残った名セリフのTOP3に入っている。

名前の由来が「Earth」というのは有名だが、苗字にも「gains(得る、達する)」「borough(自治町村、都市)」という意味があり、忘らるる都、もしくは約束の地についての意味が込められていると思われる。


アルティマニアオメガの小説によると、クラウドはエアリスのヒーローであり、ザックス以上に好きになっており、自分が古代種でなければ壊れそうなクラウドの側についていてあげたかったらしい。うう、切ない…。

  • 公式の小説「On The Way to a Smile」でも、エアリスがクラウドを守るためにセフィロスと水面下で戦う姿が描かれている。

ウォールマーケットではクラウドが蜜蜂の館に潜入している間に、館の前で屯していた男達に花を売っていた。値段は相手によってマチマチ。
ジョニーのようにピュアで純真(?)な男には1ギルで、エアリス目当ての下心丸出しの男には最高値で500ギルで売っている(買った男は幸せそうだからいいのだが)。
流石にスラム育ちだけあって人を見極める目は確かなようだ。


エスコートを頼んだ男性をかばうという変わった行動をする。


説明書にはどこか広大な平原(グラスランドエリア辺り?)のヘリポートらしき場所で
ハイウインドを見上げるエアリスのイラストが掲載されているが、
ハイウインドと接触できる時期にエアリスは近寄れない事や、クラウド一行が乗れる頃には
既にエアリスも死亡している為、場所が何処であろうとこのイラストのシーンを再現する事は不可能。
本編の台詞の1つであるクラウドの「いつか(ハイウインドに)乗せてやる」を覚えているのなら、
余計に悲しくなる。このシーンをイラストにした理由はいったい何なのだろうか。


クラウドが自分を取り戻した後、ミッドガル伍番街の教会で幽霊とも幻視ともいえない彼女の後姿が一瞬だけある。
この際のタイミング的な人間の脳へのアプローチが絶妙で初見の場合文字通り「ん?は?」となること請け合い。
わかってて見に行くとそれなりにしっかり見せてくれるというか。

戦闘 Edit

能力値としてはMP、魔力、精神がPTの中で最も高いキャラクターであり、取説にも「魔法を使った戦法が得意」と書いてある。

  • バリバリの戦闘タイプが多いFF7の中で、唯一とも言える魔法使いタイプ。
    彼女が最後まで使えたら、MPターボまほうみだれうちマテリアで活躍できていたかもしれない。
  • 離脱後は最終武器に癖のある味方にマジカルを2つセットした状態にして魔法タイプにする手段もある。
  • 逆にHPは他のキャラより低めに設定されている(序盤でも結構な差が出たりする)。
    序盤は離脱の関係上レベルも低くなりやすく、魔法マテリア装備で低いHPが更に低くなりがち。
    他のキャラより倒されやすいためなるべく後列に置き、「かばう」などでフォローしてあげよう。

リミット技リスト

究極リミット技アイテム使用時

  • 他人
    これ、わたしのじゃないよ〜。
  • 修得できないとき
    いま、まだダメみたい。
  • 修得時
    これでいい、かな。

エアリスは途中で離脱するため、リミット技を揃えるのはやや大変。
通常プレイならLEVEL4まで修得することはないのに、何故設定されているのか少々疑問。

  • 開発段階では復活する案があって、再加入できたのかもしれない。
    • 普通に使える予定にしては効果が凶悪。
      単純にお遊びと言うか、一種の隠し要素扱いではなかろうか。

上位レベルのリミット技習得のノルマとなる敵撃破数はバレットと同等だったりする。
レベル3以上のリミット技を覚えるなら他のキャラ以上に意識して稼がせる必要がある。

  • 常に彼女をパーティに加え、意識的に敵へのトドメ役を担当させていれば
    通常通りに進める範囲のエンカウントのみでもギリギリ古代種の神殿突入あたりでリミットレベル3に届く。はず。
    (INT版)

また、戦闘中ではロッドを武器として戦う。また、通常攻撃時は両足を上げてロッドを振るう様子を見ることが出来る。
ぜんたいぎり、れんぞくぎり等、本来エアリスがいる時期に使えないコマンドのモーションもしっかりある。

BCFF7 Edit

11章にて登場やはり教会で花を育てている。
性格は結構芯が強い。ミッドガルの外に憧れている。
本編同様神羅には既に目を付けられているがこの章で初めて当時のアバランチに目を付けられる。
アバランチ側の目的もやはり約束の地、なおこの章のボス戦の勝利条件は敵側に花畑を踏み荒らさせるw
因みに主人公タークスはある場所から落下したがクッションの花畑で助かった。
何度もクッションにされる花畑(´・ω・)カワイソスw


記憶が正しければ3回はクッションになってる。

FF7AC Edit

本編の2年後。

クラウドをはじめ仲間のバレット、ティファ、レッド13、ユフィ、ヴィンセント、ケットシー、
シドの左腕には、エアリスのモチーフであるピンクのリボンが結ばれている。
バレットの娘マリンは、エアリスと同じ髪型をしている。
エアリスは度々、クラウドの意識の中に登場する。

終盤でカダージュ達に「母さん」と呼ばれ、彼らを天国に連れ帰る。
クラウドも直後に意識を失い臨死体験らしきものをする。
その際に、ザックスと一緒にいるところを目撃。
クラウドも「母さん」と呼び、エアリスに「こんな大きい子いりません」といわれてしまう。
余談だが、ザックスもCCでエアリスを「母さん」と呼んでいる。
男はみんなマザコンなのか??
エアリスに傷を癒されたクラウドはその後無事生還する。
それとは関係ないが、苗字がファレミスでない理由は不明。

  • 養母たるエルミナの姓名を名乗ってるだけ。
  • ヒロインの苗字の元ネタがファミリーレストランだったら切ないだろう。
  • そしてまたも教会の花はぐしゃぐしゃに……。
    • ぐしゃぐしゃどころか、最終的に完全に水に浸かり、花畑としては完全にアウトになってしまった。

本編後もなんだかんだ言って消えずに助けてくれるあたりクルーヤに通ずるものがある。

FF7ACC Edit

ACCでは大きな追加はないが、殺される直前(セフィロスが降ってくるところ)のカットが一瞬だけ入っている。
流れ的に、クラウドの記憶にやはり焼き付いているようだ。

  • あまりにも神化されすぎて聖母、別キャラになっている。ファンの間ではその点にも論争がある。
    • そこは裏FF7であるゼノギアスのヒロインに通じるところがある(前半と後半で性格が違う点)

CCFF7 Edit

16歳〜17歳。ミッドガルのスラムの教会で花を育てている。
古代種の末裔として神羅の監視下にあるが行動はほとんど制限されていない。
7本編の天真爛漫な性格とは違い、どこか臆病なところがある。
逃亡人生だった上に、両親が目の前で亡くなってしまい、年齢が年齢だったから無理もないが…。
おそらくザックスへの憧れによって変わったという設定なのだろうか。
スラム教会に落下してきたザックスと運命的な出会いをする。
因みに、「あれ…このシーンどこかで?」と感じたプレイヤー、あなたはデジャヴュをしているのではない。
クラウドと彼女との2回目の出会いもこうだったからだ。
クラウドはエアリスとの出会いの仕方まで、先輩ザックスの真似をそっくりするという忠実なソルジャーだったかもしれない。というよりはCCFF自体が後付け設定も多く、出会い方を真似たのはザックスと言える。
それとも、クラウドとエアリスの出会いがあまりにもヒットしたので、こちらもこういう出会い方にしたというファンへのサービスか?
クラウドとエアリスの出会い自体がザックスが導いたものだという
伏線にしたかったのでは。
なぜなら、ザックスがクラウドに生きた証を託し、絶命した後
エアリスが星の声を聞く描写がある。(本編のオープニングと同じ情景)
エアリスであれば、エルミナの時のように星に帰ったザックスの声を
聞くことも出来たのではと考える。

  • 4年後のシーンでは成長した胸に目がいってしまうことも。
  • ACで「母さん」と呼ばれるが、CCでも意識の朦朧としているザックスに「母ちゃん」と言われている。
  • ある意味ティファより露出が高い。
  • 無意識に空に怯えるのは「空から来た災厄」を感じているからかもしれない。
  • 本編よりカタコトが強くなっているのは坂本真綾さんがスタッフに「もっと区切りましょう」と言われたため。
  • 「(本編)ここ、スラムの教会。5番街よ いきなり、落ちてくるんだもん。おどろいちゃった」
    「(CC)私 エアリス 君 降ってきたの びっくり」…ちなみに声がついていないセリフも片言が倍増している。
    • 「(本編)じゃあ、先、行ってるね」とか、本編で句点表示だったのが空白表示になっただけで変わってないような。
      • 「(本編)わたし エアリスよ」「(CC)私 エアリス」「(本編)おどろいちゃった」「(CC)びっくり」←
        落ちてきた時の台詞を比べても句点の有無ではなく「間投助詞」が少ないのは言語体系から見ても事実だから…。
        CCの台詞の全部とはいわないけど、印象的なシーンだから余計にカタコトが増したと気づいた人が多いんでしょう。
    • 区切る喋り方は坂本さんも難しかったと語っていた。
      本編の頃から妙に空白が入った台詞表示だったので、それを音声で表すために大げさにやったんだろう。

原作でエルミナに、エアリスが知るはずのない夫の死を告げたことから、「星との対話」により生命の流れ、死を感じ取る能力があったようだ。
それによりザックスの殉職発表後も、4年間生存を明るく健気に信じ続けていた。

  • バノーラ村でAコピーの手紙に4年と書かれているが、その後更にもう一年たった状態である
    (5年目に再度ツォンに手紙を預けたため、レノが不良郵便屋一年ぶり云々と言っている)。
    • いや、レノのセリフは「不良郵便屋、一年越しの仕事だぞ、と」

DDFF Edit

2011年1月18日より[email protected]から配信開始された「ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジーに繋がる」
「ディシディア デュオデシム プロログス ファイナルファンタジー」を購入して、
プロログスのデータ(200MBくらいのやつ)とは別に出てくる240KBくらいのデータをダウンロードすると
なんとアシスト専用としてエアリスが本編で使える。(プロログスでは使用不可)

  • ボイス担当は坂本真綾さんが引き続き担当
  • それもあってかプロログスのヘルプも担当している。
  • 時々アシストエアリスを入手するには本編の前にプロログスから始めないとダメなのかと勘違いする人がいるが、プロログスさえ購入すれば良いので、本編をすでにプレイ中でも問題はない。

エアリスのアシスト技は、リミット技はダメージを与えるものがひとつも無いと言う原作を踏まえたものにしてあり、他のキャラとは違ったタイプになっているとのこと。にしても、トレーラーの「来たよ」の声とともに現れるエアリスを見ただけで泣けてくるのはなぜだろう。

  • 原作での結末を知っているプレイヤーとしては、変わらない彼女の口調と声が聞けて、何かしら混みあげてくるものがあるのではなかろうか。
  • ↑実際はダメージを与える技を所持している。

地上ブレイブ攻撃は「ケアル」、自キャラのブレイブが増える。
空中ブレイブ攻撃は「邪気封印」、相手をストップ状態にする。攻撃を当てると解除される。
地上HP攻撃は「星の守護」、自キャラがしばらくの間無敵に。(ブレイブ、HP共に無敵)
空中HP攻撃は「ホーリー」。長時間詠唱したのち、敵にHPダメージ。回避がほぼ不可能な技だが、詠唱が終わるまでエアリスを守ってやらないといけない。

  • 何故、「ケアル」なんだ? 普通、「癒しの風」だと思うんだが。
  • その「結末」があの「イカ」の「約束の地へ」で再現されてしまう。
    攻撃の特性が悪さしたとはいえかわいそすぎる。

エアリスにもアナザーフォームとサードフォームがあることが公式サイトで公表された。
アナザーは天野喜孝氏の絵を元にしたピンク色のワンピース姿、
サードはCCFF7に出演した時の白いワンピース姿。
アシスト専用とはいえ、ストーリーとの絡みがまったくないのが残念。
また、ストーリーモードでは呼び出せない(「知られざる物語」で勝負できないためか?)。

  • 追記:そのせいか、コスモス勢にもカオス勢にも割り振られていない。まぁ当然と言えば当然だが。

キャラクター紹介にも存在しない。
アシスト専用とはいえせっかく出るんだから紹介してあげてもよかったのに。

  • アルティマニアには載ってるんだけれどね。それより野村氏のイラストを見てみたかった……。
    • アシストキャラのアイコンは作られてるものの、スタッフインタビューの発言ではキャラアイコンは別スタッフが担当してるようだから、野村氏による立ち絵イラストは制作されてないと思われる。
      俺もリデザインされたエアリスを見てみたかった。

アシストエアリスを使用可能にしていると、2011年4月1日以降で12回目の戦いクリア後に発生する、各種キャラによるタイトル画面のコールにエアリスが追加される。
登場条件は「7日or17日or27日」の「7時台」「19時台」「毎時7分台」と7に関係する時間帯の時。
条件がやや特殊なので、聴きたい人は少し狙ってみる必要がある。


ライトニングのアシストにエアリスをセットすることで坂本真綾祭りが楽しめる。ライトニングとエアリスの演じ分けを聴いてみるといいだろう。
ヒーラーと地上ブレイブアシストでケアルを掛けまくって見るのも面白いかもしれない

FFT Edit

貿易都市ザーギドスでエアリスそっくりの花売りが登場。
クラウド加入イベントに関わる。
顔はそっくりで名前も同じ(姓は不明)だが、FF7の世界からやってきたクラウドとは違い、他作のエアリスとは明確に別人。
キャラクター/【エアリス】

TFF Edit

茜のクリスタルの破片を8個集めると使用可能になる。


歌系のアビリティを多く覚える味方の補助がメインのキャラクター。
素早さが意外と伸びるのに加え、素早さを上げるアビリティも複数覚えるので
FMSに連れて行くのがいいかもしれない。


サブキャラクターとしては珍しく、専用アビリティを持っている。

TFFCC Edit

仲間キャラクターの一人。
対応するクリスタルの欠片は桃色。
リーダー時に呼び出す召喚獣はナイツオブラウンド


修得アビリティは、いのりLv1〜3、ホーリーうそなきLv1〜2、おうえんLv1〜2、ライブラLv1、まもりのうたLv1〜3、風のラプソディLv3、森のノクターンLv3、大地のブルースLv3、シェルLv1〜3、フェイスソウルボイス
固有アビリティとして大いなる福音を修得する。


まりょくせいしんが高いヒーラータイプ。
固有アビリティの「大いなる福音」により、BMSでは強力無比な回復性能を誇る。
フェイスやうそなきによるサポートもこなせ、また攻撃魔法としてホーリーも修得するのでBMS向きのキャラ性能をしているといえるだろう。
すばやさは平均程度であやすもオミットされたが、すばやさ増強アビリティは各種Lv3のものを修得できるためFMSもそれなりにこなすことができる。


今作ではメテオの書の登場により、自ら「メテオ」をぶっ放すエアリスが公式で実現してしまった。

コレカ Edit

ナンバー#020のコレカ
コレカクリスタリウムでの強化値は以下の通り。
N:せいしん+1
R:まりょく+1 せいしん+2
P:まりょく+2 せいしん+3
成功率:95(%) クリティカル率:5(%)

FFB Edit

星と対話し、星を育てる力を持つ特殊な種族「古代種(セトラ)」の末裔。
前向きで強い意志を持ち、己の宿命を知るため旅に出ることを決意する。

アビリティのマトラマジック・フリーズ、コメット・コメテオのアイコンに登場。
また、フリーズ・コメテオの召喚石にもなっている。
当初はジャケットを着ていないKHを基にしたデザインだったが、
FF7イベント前編の開始と共にFF7デザインに修正された。
…が、ゲーム外のファミ通の表紙などではKHデザインになっていたりもする。

FFRK Edit

FF7出身のキャラクターとして登場。ジョブは「花売り」。


初期必殺技は「邪気封印」。
ガードロッドを装備することで専用必殺技「癒しの風
形見のリボンを装備することで専用必殺技「星の守護
オーロラロッドを装備することで専用必殺技「ドラゴンフォース
プリズムロッドを装備することで専用必殺技「怒りの烙印
ウィザードロッドを装備することで超必殺技「生命の鼓動
ワイザーロッドを装備することでバースト超必殺技「ホワイトマテリア?
ホーリーロッドを装備することでバースト超必殺技「救星の祈り?
アンブレラを装備することで超絶必殺技「教会に咲く花
を使用できる。
また、エアリスのジャケット?にレジェンドマテリア「スラムの花売り」がついている。

メビウスFF Edit

アルティメットカード「エアリス:FFVII」として登場している。
アビリティは大いなる福音


FFRKコラボでティファとセットの「エアリス&ティファ:FFRK」というアビリティカードも登場している。
アビリティはライフストリーム?

KHシリーズ Edit

トラヴァースタウンで「王様」を探しているドナルドとグーフィー達との会話で登場。
本家の設定(古代種)はないため、セフィロスとの接点はない。
逆に幼なじみのレオンや、ユフィ達と共に行動している。
KHのエンディングでクラウド(ここでは幼なじみという設定)と再会するシーンがあり
パラレルであるものの、そのシーンに感涙したファンは多い。

KH2ではホロウバスティオンにおり、そこで再建委員会の一員として街の復興を手伝っている。
エアリスの名セリフ「お、だ、ま、り」にハゲ萌えたファンは自分だけではないはず。

  • 「たくさんお食べなさい!」 声優は後にFF13の主人公役となる坂本真綾が担当。
    以降のFF7関連作品でも継続して演じている。

本家に比べて性格は大人しくなり、穏やかで、どこか不思議な雰囲気を持つ女性になっている。
明るくハツラツとした良いお姉さんになっているユフィとはまた対照的。


1ではソラにケアルガをくれたり、2ではホロウバスティオンの決戦時にユフィに回復魔法をかけたりするのは、FF7でのリミット技の名残と思われる。


コミック版ではアンセムレポートを解読するという、ゲーム版の設定にはない重要な役割を担っている。
ハートレスに襲われる場面(それとスティッチにも襲われた)で抵抗する手段を持ち合わせていない様子だったことから、戦闘力はない模様。
また、描き下ろしの四コマ漫画にて、麦茶に砂糖を入れたり、コーラに牛乳を投入したりするという凶行に走る。
レオン達は嫌がっているが、ソラ一向は普通に飲んでた。

  • 描き下ろし四コマ以外でも、KH1本編でエアリスが用意した麦茶を飲むのをレオンだけが遠慮している描写があり、この時点ですでに砂糖を入れていた可能性を仄めかせている。
    そしてKH2本編ではシドが「エアリス、麦茶に砂糖入れんな!」と叫んでいるので、ギャグ満載の四コマ漫画限定の設定ではなく本編でも砂糖を入れていたことが確定した。

ボイス付になって妙にカタコトなしゃべり方が印象強くなった。

  • テキスト自体の助詞も減っている

開発当初は、エアリスの立ち位置にはパラサイト・イヴアヤ・ブレアが当てはめられる予定だったと、
KHアルティマニアで野村氏が語っていた。
しかしFF7を担当していたスタッフからの要望で、エアリスの出演が決まったという。

余談だが、PEシリーズの「The 3rd Birthday」ではアヤ・ブレア役を坂本真綾氏が担当していたりする。
特に意図した部分はないと思うが、不思議な繋がりを感じてしまう。

  • 野村氏が「アヤは最初の依頼で、エアリスみたいな後れ毛を付けてくれ、
    それからポニーテールにしてくれと坂口さんから言われていました」と明かしていた。

いたスト Edit

Special及びポータブルの両方で登場。

余談 Edit

PE2に「エアリス」という名の雑誌が登場する。ちなみに何故か9月号。

  • 恐らくPE2での時間が2000年9月だからだろう。