Top > キャラクター > 【ガーランド】
HTML convert time to 0.024 sec.


キャラクター/【ガーランド】

Last-modified: 2017-09-14 (木) 19:17:21

FF1 Edit

ガーランド.jpg

コーネリアの騎士。
セーラ姫を攫ってカオスの神殿に立て籠もるが、の刺客である光の戦士達に討たれる。
しかし、黒水晶の力で2000年前に移動し、カオスとして蘇る。
そして光の戦士を殺し、またガーランドとして生まれ変わる。
これを無限ループで繰り返していた。
しかし殺すはずの光の戦士に敗れたため、時のくさりは断ち切られた。
エンディングを見るかぎりではまともな人物に生まれ変わっているようだ。

  • 2000年のち、つまり物語冒頭で姿を見せるようになる頃、カオスとしての記憶は失われている。

現在の時間軸で倒されたガーランドが2000年前にカオスとして転生し、2000年間の闇の支配を続け、
再び現在、倒されたガーランドが再び2000年前のカオスになり…
と無限にループする閉じられた時間の中で永遠の支配を続けていた。
また、コミック版ファイナルファンタジーではカオスがガーランドにその後の運命を語り、
誑かすシーンも描かれている。
しかし、光の戦士達が2000年前に移動し、カオスそのものを倒した事によって歴史が変わる。
ガーランドを誑かしたのが現在のカオスなのか、過去から時空を超えて語りかけていたのかは不明だが、
2000年前はそれ以前の時で、カオスに生まれ変わるべきガーランドが存在しない時代だったと思われる。

  • このエピソードが明かされるカオス戦直前のセリフは機種毎に大きく違うが、特に一人称が違う。FC版が「わし」、WSC/PS版が「わし」「おれ」、GBA版以降が「私」。興味深いのがWSC/PS版であり、ガーランドだった頃の出来事を話すときだけ「おれ」の一人称を使っている。単なる元コーネリアのナイトとしてのガーランドと、カオスとしてのガーランドという2つの立場を使い分けているように聞こえなくもない。

ガーランドが姫に惚れ、誘拐し、倒されるという行動も4匹のカオスによって荒廃した時代のせいなのか
新しい歴史の中のガーランドはその様な行動に走る事もなく、
平和に暮らしているらしい事がEDで語られている。
因みにカオスが先かガーランドが先かは語られていない。

  • こうした経緯から、過去のカオス神殿では、「未来」に起こる出来事を「過去形」として語るセリフがある。

EDでは「ガーランドは4人(光の戦士)がよく知っている人物である」といった内容のことが示され、
さらにその後「光の戦士とはプレイヤー自身のことである」と告げられる。
これらから考えると、ガーランドとは物語の中の架空の人物ではなく、
FF1のプレイヤーが現実世界でよく知っている「誰か」のことなのかも知れない。


ゲーム中では詳しく述べられていないが、セーラ姫に惚れてしまったので攫った様子。
だが、GBA版ではガーランドは「セーラ姫を人質にコーネリアの王の座を手に入れようとしている」
という事になっている。
オリジナル版での台詞は「おうじょは おれのものだ! だれにも わたさん!」といかにもな台詞で挑み、あっけなく散るのだが
GBA版では妙に大物感溢れる口調で戦いを挑んでくる。
後のラスボスになるがゆえの変更だろうか?

  • WSC版の時点で、既に目的はGBA版と同じである。
    「王女の命とひきかえに コーネリアはおれのものになる。
     なんだ!? きさまたち! さては国王の手先か。
     こざかしい奴らよ! このガーランドが蹴散らしてくれよう!」
    GBA版からは自己アピールもしっかりしている。
    「王女の命とひきかえに コーネリアは、ついに私の物となる…。
     何者だ、貴様たち…!? そうか…、国王の手先か…。
     だが、私が誰だかわかっているのか…?
     ナイトの中のナイトと言われたこのガーランドの剣に敵うと思ってか!」
    • よく見ると、王座を狙っているとは一言も言っていない。国として統治する以外の目的があるような気もしないではない。ある程度まとまって開発された土地が欲しいとか、或いは宝物庫の宝を狙っているなど。もしかしたら、そうしたものを手に入れた上で、モンスターなどを率いてさらなる目標を掲げるための踏み台にするつもりだろうか。むしろ、そんな理解しがたい混沌とした行動原理こそ、彼がカオスとして転生する人物としての状況証拠と言えなくも無い。
    • リメイク版での演出は、セーラが寝かされており、その眼前でガーランドが上記のセリフを言う。
      まるで生贄。

EDで全ての元となったのはガーランドの「ほんの少しのすれ違いから起こった些細なもの」
からと語られている(リメイク版では「些細な運命のすれ違いから始まった」に変更された)が、
オリジナルのように「セーラ姫をさらったのは愛情だった」からこそ
EDの通り「(セーラ姫との)些細な運命のすれ違い」ということだったんじゃないだろうか。
また、リメイク版のストーリー変更を別に考えれば、野心を抱くガーランドを
光の戦士たちが殺したことによるガーランドのいわば逆恨みが「運命のすれ違い」か?

  • GBA版以降ではほんのささいなすれ違いがきっかけで権力を所望するようになったのかもしれない。
    • コーネリア城の兵士曰く「力におぼれ、自分を見失ってしまった」との事。セーラ略取もそれからのことだと思われる。
  • 愛憎の念をカオスに利用されたなんて言うのは、非常に王道。
    どちらかというと、ガーランド自体はカオスに利用されたにすぎない気が…
  • 「僕たちの好きなファイナルファンタジー」では、「時代劇によくいる古寺を根城にした悪党」(要約)と評されている。
    それこそ若い娘をかどわかすなどの悪事を行えど、「正義」の側にあっけなく討伐される点で似ている辺りで評されたのか。
    ただ、時代劇と違うのはその悪党が最後の宿敵として立ちふさがるという点だが…
  • 英語圏の姓であるGarlandには「花輪」の意味がある。2000年の時の「輪」を作り出した彼に相応しい名前ではないだろうか?
    同じく時間ものであるFF8の「ガーデン」や、約束の場所の「花畑」など、FF1が意識されていることを感じる。

PTの平均Lvが10程度になった状態で、
戦闘に挑むとワンキル出来たりする。
まあ、最初のボスだから、すぐボコられるのは仕方ないのかも知れないが…。

  • 普通に挑む時の2〜3倍もレベル上げといて弱いも何もないと思う。

最初のボスだけあってさほど強くはなく、行動パターンは通常攻撃だけ。HPは106。
モンク4人などの極端な編成でない限り、Lv2〜3程度あれば十分だろう。
全員生存に拘らないならLv1で勝つことも可能。
戦闘後はコーネリア城に戻されるので、帰りの心配をする必要は無い。

FF1(GBA版以降) Edit

HPが2倍に強化され、212になった。
しかしプレイヤーに有利な変更点のほうがはるかに多いので苦にはならないだろう。


アイテムドロップにロングソードが設定されている。
ミスリルソードには及ばないものの、時期的にはアストス撃破後の武器なので入手できれば非常に強力。
入手できれば。
そのドロップ率はわずか2%
GBA版のモンスターは、5%以下という妙な低確率で格上の武器や便利な消費アイテムが手に入るものがいるが、これもその一例。

  • GBA版以降のFF1の仕様上、ボスの目の前でセーブ可能なのでリトライ自体は楽なのがせめてもの救い。
    もっとも、当然ながら制限プレイでもなければわざわざドロップするまで粘らずにさっさと次に進んでしまった方が楽だったりするが。
  • ただし、これが購入可能になるメルモンドの町に行ける頃にはミスリルソードが購入可能になるクレセントレイクの町にも同様に行けるようになるので、ここで入手できなかったら全く出番がなく終わってしまう可能性も高い。

スリプルが効いてしまう。この時点では普通の人間並みの力しかないようだ。

コミック版ファイナルファンタジー Edit

原作版同様セーラ姫をさらってみるものの、おじさん呼ばわりされてフラれる。
その後主人公たちとバトルになるが、なぜかデスなどの高レベル魔法を使い出す。
マトーヤ曰く「おかしい、本来こいつはこんな呪文を使ってこなかったのに」
しかし敗れる。その後は本来と同じ道筋をたどるようになる。


コミック版の彼は官僚風の整髪料たっぷりの中年だがカオスモンスターの女性化、
ランボー風バハムート・幼女マトーヤとやり過ぎたためなのか、
その後同作者のFF2漫画は打ち切られ、小説化したとか何とか。

FF9 Edit

ff9Garland.jpg

悠久の時を生きる、テラジェノムの管理者である老人。
アルティマニアによると、彼自身も何者かによって作り出されたジェノムである。
ジェノムは本来自我を持たないが、彼は使命を持って生まれているため自我がある。
ガーランドの管理下で生産していたジェノムの中に、偶然自我をもって生まれてきたのが「クジャ」である。ガーランドは、本来なら失敗作であるクジャを廃棄せず、ガイアへ送り込み、ガイアを混乱をもたらす役割をクジャに任せた(丸投げした)。
ガーランドはイーファの樹インビンシブルを用いて、ガイアで死んだ人々の魂を制御し、テラに取り込もうとした。
しかし、クジャがテラのためではなく自分の世界制服(自分の存在を誇示する目的)のためにガイア侵略を始めたため、代わりに赤ん坊から人間のように成長する「ジタン」を創造したが、ジタンの存在に嫉妬したクジャにガイアに連れ出され、捨てられてしまう。(ジタンが幼少時の記憶がないのはこのため)
クジャは、自身の上の存在であるガーランドへの反逆をもくろみ、ガーランドが危険視する召喚獣(宝珠)を集め始め始める。アレキサンダーを召喚し、インビジブルで自身の制御下に置こうとするのだが、ガーランドはそれを阻止。クジャの呼び出したインビジブルを内側から操作し、アレキサンダーを攻撃・抹殺した。
この後もガイアをテラに取り込む計画を進めるのだが、ジタン達に逆に攻め込まれて半殺しにあったところをクジャに止めを刺される。
記憶の場所でのメッセージで、彼は管理者の「使命」を与えられて生まれた事に感謝していた事が分かる。
クジャがいずれ暴走することを予想して、寿命をたった24年しか与えなかったりするなど、中々のしたたか者である。

  • 正確には…クジャは偶然できてしまった意志の強いジェノムで、それを利用したに過ぎない。
    特別に意思を持たせて作ったのはジタンとミコトだけである。
    クジャが暴走し始めたからジタンを作ったという描写はない。
  • 少なくともクジャにリミットを設定した時点で既にジタン製作の予定が決まっていた。しかし、彼の口ぶりからして、そもそも魂を持った時点でリミットを設定していたことがうかがえる。
  • 何気に死に様は6のガストラ皇帝そっくりである。
    どちらも側近に裏切られ瀕死の状態で蹴られながら悪態を突かれ、最後は高所から蹴落とされ最期を迎えている。

パンデモニウムでのバトル時には、フレアストップ念力などを使うが、単体攻撃ばかりなので止まらずの術さえセットしておけば負ける要素はあまり無い。
3連戦の真ん中ということもあり、重要人物とのバトルの割にあまり印象には残らない。


管理人とだけあってジェノムをコントロールできるのか、自分を倒そうとしたジタンを『空っぽの器』状態にしてしまった。

  • あれ、あそこそういう描写なの?その割にはずいぶんあっさりもとの人格取り戻したけど……。
    • どこかのマンガにあったけど、周りの仲間の中にもジタンという人格があり、その仲間たちのおかげで元に戻れたのでは
  • ただのジェノムに戻した、とも言える。
  • なんとなくロボコップを彷彿させるシーン。

オリジナルの技で波動を使う。
モーションはまんま波動拳だが。


なお頭髪は薄い、いわゆるハゲである。
後々の関連作品や資料内にて、ジタンやクジャに散々ネタにされることになる。


エーコに「悪そうな名前」と言われてしまうが、「ガーランド」は英語圏で普通にある名字(e.g.ジュディ・ガーランド)で、原義は「花冠」「花輪」を意味するどちらかというとかわいらしいイメージの言葉である。


実はサイレスが効く。厄介なストップが使えなくなるのでぜひどうぞ。


終盤、記憶の場所でジタンのみに彼が記憶の場所の解説や、記憶、命の在り方などを語りかける。
しかし、記憶の場所を攻略するうちに彼は事切れてしまう。

  • 元々管理者とだけあって非常に知識が深く、考え方も達観している。
    しかし、何故記憶の場所で彼は語りかける事が出来たのか、その他諸々の謎は謎のままである。

DFF Edit

dissidianogarland.jpg

概要 Edit

カオス側として登場、CVは内海賢二氏。当時の資料が無い為ゲーム画面を元に野村氏がデザインした。
ファミコンを含めどの移植作のよりも強面&筋骨隆々になっており変幻自在の大剣を武器として扱う。
アナザーは赤銅色の色違い。

  • 当時の資料がない、ってのはこの件に限ったことではなく
    スクエニという会社の方針らしい。
    ノビヨにも「スクエニって不思議な会社だよね、普通は昔の資料とか残すものなんだけどw」
    と言われる始末。
    • その後開発資料満載のメモリアルアルティマニアが制作できた程度には資料は残っていたようだが...

性格はひたすら戦いを求めている猛者そのもの、原作で姫に心を奪われたのが信じられないくらい。

今作のガーランドは、カオスに転生済みである為だろうか。


最終的に最終ボスの前座として出現し、輪廻の終焉とカオスの目的を語り戦いの輪廻を求め消滅した。
カオスレポートによれば、
レポートの著者である研究者が神々の闘争を始めるきっかけとなった存在と思われる。
このレポートでも混沌が彼を呼んだのか、彼が混沌を呼んだのかは定かではないとしている。
この辺あたり、原作にほぼ準拠している。


1人称は「わし」
これは原作の2000年前のカオス神殿での対峙時の時のものであり、最初の対峙時は「おれ」だった

  • 因みに今作でカオスと会話している時は「私」である。

異名は「猛者」。ひたすら戦いを求める今作の彼を象徴する二つ名だろう。


持っている武器は使う技に合わせて変形する。
通常は大剣、分裂させて双剣、鎖を繋いで射出する鎖剣、刀身の関節を伸ばして槍、先端を折り曲げて斧。
しかし変わった武器に興味津々なオニオンナイトはなぜかスルーする。


上記されている通り、今作のガーランドのイラストはドット絵を元に新規にデザインされたものである。
天野氏のイラストや設定画がなかった上に、新規で描くにも昔からいたような存在感を出さなければならないということがあって、デザインには苦慮したと野村氏は語っている。
制作されたガーランドは重厚感のある武器や甲冑を身に付け、細部には天野氏的デザインを施されている。


関連項目:セリフ/【エンカウントボイス】/【ガーランド】

戦闘 Edit

EX変化は最初のボス戦での姿を彷彿させる銀色の鎧姿になりカオス形態になるわけではない。


エクスデスほどではないが動作が重たく、ガタイがでかいので的になりやすい。
ブレイブ攻撃は当てやすいものが揃っているが、
HP攻撃はどうにも当てづらいのでEXモードのスーパーアーマーを上手に利用して戦うのが良いだろう。

  • 個人的にコスモス・カオス通してHP攻撃が一番当てづらいかと思われる。
    • ↑公式HPにもあるが、空中でたつまき→ほのおの順番で発動すると高確率で当たる。
      さらにアルティミシア等が使う遠距離攻撃はたつまきでカットできる。
      これは、開発スタッフ間で行われたトーナメント動画にて
      ガーランドを使っていた高橋というスタッフが発明(この辺は不詳)したもの。
      因みに高橋はこの戦法で見事優勝しており、この戦法で敵を苦しめるガーランドは鬼畜とも言える。
      • エクスデス相手の場合、磁場転換に潰される落とし穴もある。
      • 先生ならそもそもハイガードで玉砕可能。

武器は変形、分離等ギミック満載の大剣。
移動時には剣先を地面に引き摺り、絵を描くことができ多彩な変形パターンといい、
遊び心もロマンも満載である。


彼のHP攻撃のじしんほのおたつまきつなみは原作における4体のカオス、
リッチマリリスティアマットクラーケンの属性を意識していると思われる。
また没になったボイスでガーランドが4体のカオスを呼び出しているものもある

  • というか、FF1でカオスが使ってきた技そのもの。
    もちろんその時点で意識して作られてはいるが。

EXのスーパーアーマー状態でのゴリ押しラッシュは強力。遠距離タイプの敵は苦手。
アクセサリも引力球白のチョーカー等EXモードを軸に据えると良い。


動きはすっとろいが、エクスデス同様ガードを使いこなすと鬼のような強さを発揮する。
特に攻撃一つ一つの範囲が広いため、相手が逃げ腰になるように仕向けると、
回避のしにくい怒涛のような連続攻撃で一気に追い詰めることが可能。
逆に自身もガードに弱い(攻撃が大振りなため、見切られやすい)。
 
エクスデスのような完全待ちキャラではなく、
状況に応じて回避のしにくい奇襲的な攻めと反撃に転じる待ちを使い分けるのがよい。

  • 同じパワータイプのクラウドと比べて攻めの手段が多彩であり、扱いに慣れると非常に強い。

たつまきの魔法反射効果を盾に、遠距離にはほのお、
近距離には打撃と使い分ければ、たつまきが消えない限り、
クジャやティナ等魔法主体のキャラには無敵の強さを発揮する。
一部反射出来ないものもあるが、大抵大振りな為回避も十分可能。
逆に厳しいのは、たつまきを掻い潜って接近可能なキャラ。
たまねぎやジタンがそれに当たるが、たつまきの中に自ら潜ることで対応可。
基本BRVに戻すサークレット等を装備し、エアダッシュを巧く使えば瞬殺も可能。


全キャラ中最高のATKとDEFを誇る。
EXガブラスと同じ値を常に発揮できるが、スピードの低さが欠点。

UT版 Edit

ランスバレットラウンドエッジの判定が強化され、
バルディッシュとたつまきのフォース排出量がアップした。


回避キャンセルから繋がるコンボが軒並み廃止されている中で、ゴル兄同様被害を受けていない一人。
とある仮説では、地上起点のコンボは被害を受けていない様だ。


高橋によれば、新技の追加やいくらでも調整したい部分があったが、納期の問題でポイントを絞ったらしい。
続編が発売された場合は、コンセプトである裏スタンダードの名に恥じない性能になってるかもしれない。

  • 現状で十分な性能だと思うけどね。EX維持すると煙たがれるくらいだし。

余談 Edit

ジタンやクジャと戦わせたときのセリフが明らかに9を意識している。
だがそれはアルティマニアでは「同名キャラのパロディ」とされているだけで
実際に1と9のガーランドは完全な別人である。

  • 別人なのはそりゃそうなんだけど、なんか絡ませないと面白くないでしょw

ジタンは王女誘拐に成功した者。一方ガーランドは王女を誘拐したら眩しい奴×4にボコられた。
因みにジタンと仲のいいバッツは王女ハーレム。
何だかガーさんが可哀そうに思えてきた。自業自得だけど。


勝利画面を見るとわかるがガタイのよさのわりにいやに腰が細い人。


なんだかんだ言って、カオス勢の中ではゴル兄さんと並ぶ数少ない常識人。


ストーリー中、自分の本拠地をぶっ壊しながら戦っている。いいのか。


ノーマルフォームでEXモードになると、目がおかしくなる。
アナザーフォームだと変化がないのでミスだと思っていたが、
UT版でも同じだったので、そういう仕様なのだろう。

  • あれは完全なミス。
    足部分のテクスチャが足りずに白い部分がむき出しになっている。
    何故修正しなかったのかは謎だけど。
    • DDFFにてようやく修正された

DDFF Edit

サードコスチュームは天野氏が描いたイラストの「雲海の魔人」の魔人を再現したものになっている。
と同じく、そのあまりの変貌ぶりに「誰だお前は」と言いたくなる。
武器の大剣も金属ではなく、岩のようにゴツゴツとした質感になっている。

  • 暗黒騎士のセシルをそのままマッチョにしたような感じに。元の天野絵もそうなので、ある意味再現性の高さを証明している。

またアナザーフォーム「古強者の甲冑」という名称がついた。
セピア調の色合いから、この名が付けられたものと思われる。

  • 4thコスは結局追加されなかった。あったら絶対9のジジイガーランドになると思ってたのに・・・

012編の実質的ラスボス。
普通に進めた場合の自キャラや他のカオス勢がレベル20代であるにも関わらず、
総大将の彼だけはレベル39とずば抜けている。
追加技のフレアーも相まって初見ではかなりの強敵。

  • 「Lvが10以上高い」のアクセや召喚石アスラ、デスゲイズがあれば多少は何とかなる。
    フレアーも発動までが遅いので「解き放たん!」の「たん!」にあわせて回避すればOK。
    ガードに弱いのは相変わらず(中判定のブレイブ攻撃がある点に注意)なので、
    前作同様ガードカウンター主体で攻めるのがポイント。
    自分はこの方法で、レベル29で倒しました。

追加技は↑にもある通り「フレアー」。
ちなみに皇帝の青(橙)色の球は相変わらず「フレア」。
原作では同じ「フレアー」だったのに…


“ある技術”によって創造された存在であるカオスとコスモスによって、“原作世界から召喚された存在”。
レポートの中に、召喚された当時のガーランドの独白がある。カオスを不憫に思い、彼の味方であろうとしたようだ。
事実、カオスに忠実な戦士はガーランド1人である。

  • 彼は「2000年前に戻ってはカオスとして力を蓄える」という「時の鎖」をすでに経験している。
  • 「ある男の独白」に出てくる「獣」の境遇に同情した彼は自分の立場と重ねてか、自分が時の鎖に捕らわれ、変貌したときの名前「カオス」を獣に与えた。

知られざる物語では、ミラージュ大砂海に彼のイミテーションが大量発生しているほか、デスペラードカオスのアシストとしても登場。
激突→バルディッシュ→HP攻撃の連携や、回避硬直を狩られたりと、被害報告は多い。
シナリオクリアの大きな障害となっているが、あんな姿になり果ててしまった主に未だ仕え続ける義理堅い彼をどうか恨まないであげてください。

  • デカオがコイツで追撃連携をしてこない点も数少ない救いである。
    もし追撃連携ができれば直後にヴェントゥス・イレあたりでジエンドだから、わざと追撃連携のできる技を入れなかったのだろうか。

EX効果のスーパーアーマーが弱体化。
プレイヤーからは不評である。

  • スーパーアーマーを過信するとEXブレイクを食らいやすいという欠点もある。
    一方、EXリベンジからのバルディッシュ連発が非常に強力であり、
    激突技が多いことからアシスト連携も組み込みやすいという長所がある。
  • EXがシステム的に弱体化された今作では、前作の性能のままでも問題なかったはず。

追加された会話では、クジャに真実を教えジタンへの敵愾心を煽って利用するアルティミシアに対して「感心せんな……人の心を弄ぶなど下劣な者のやることだ」と苦言を呈し高潔な騎士らしさを示す場面がある。
カオスレポートの独白でもカオスとの交流はガーランドが手を差し伸べたことがきっかけと判明しており、総じてガーランドの人間らしさや善性が掘り下げられた内容となっている。
流石は騎士の中の騎士とまで讃えられた男。呪われた運命さえなければ彼もまた英雄と呼ばれるに相応しい人物なのだろう。逆に言えば、これほどの人物ですら歪みきって悪に染まってしまうほど2000年の孤独は恐ろしいものとも考えられる。

DFFAC Edit

type:HEAVY

攻撃を加えるにつれて、力を高めていくキャラクター。
技によって変化する大剣は近づく者を圧倒し、
天災を司るHP攻撃で遠方さえも猛追する。
前線へと突き進み、比類なき強さで敵をなぎ払おう。

「闘争の境地を魅せよう」
モフられ屠られに来るか」
「ワシを満たしてみせよ!」
「輪廻の内で足掻くのみよ」
「この渇きも定め……」
「遅れを取るでないぞ!」


専用称号は「闘争あらわす猛攻の士」「輪廻めぐる雄強の猛者」

概要 Edit

Ver1.210より参戦(カラーバリエーションはVer1.220実装)。
CV:石井康嗣

  • ご逝去した内海賢二氏と演声が似ていて、更に昵懇の仲で同氏の事をよく知る方だったため起用された。
    内海氏担当していたナレーションで代役を務めた実績もあったという。
  • 声が変わったせいか、恐ろしく強くなった印象がある。

PSP時代と比べて衣装が豪華になっている。
具体的には鎧や剣の装飾がやたら複雑なものになった。

  • 変更理由は以下の通り(ソース)。
    野村 えーと、幾つか理由はあるんですが、
        ガーランドだけ元がドット絵しかなくて、唯一ディシディアのオリジナルデザインなんです。
        なので今回、アーケードという新たなる場で生まれ変わったディシディアの象徴として、
        変更させて貰いました。
  • 変形時のガシャンという音はかなり拘って付けて貰っているという。
    デザインの変更と相まって、ますます漢受けするキャラクターに仕上がってる。
  • PSP時代の衣装は2ndフォームで実装された。
    ただしマントはシルバー。

カオス勢の割にシンボルチャットでのコミュ力は高め。
武人気質なチャットが多いのは高名なナイトだった頃の名残か。
ネタチャットはほとんど無いが、C.Lv15の「王女は俺のものだ!」だけは完全にはっちゃけている。
これは「このガーランドが蹴散らしてくれよう!」共々、原作台詞の再現である。

  • このチャットのせいで、自称王女キャラとしてネタにされてしまっている。
    • 「このガーランド王女は加勢しよう!」「わしは王女ひとつたのもう」

召喚詠唱中はドット絵でおなじみのポーズをとる。

戦闘 Edit

追加:【チェーンインパクト】
廃止:【ハイブリンガー】【ランスバレット】【デスクロウ】【バルディッシュ
 

分類コマンド攻撃アビリティ備考





地上II>IIラウンドエッジボタン入力によるコンボ分岐は無くなり、双剣で連撃するルートが消えた。
「ソウルオブカオス」の効果時間中は武器を振り回す回数が増える。
↑+II>IIチェーンインパクト鎖を伸ばして捉えた敵を引き寄せて突く中距離攻撃。
「ソウルオブカオス」の効果時間中は鎖の長さが伸びる。
↓+IIサンガーサーチ部分が省略されて一直線上にゆっくり発雷させる技に変わった。
「ソウルオブカオス」の効果時間中はサイズやスピードがアップする。
対魔法接触判定:BRV中
空中II>IIツインソード三連撃の後に斧状へ変形させて斬り飛ばす動作が追加されてる。
「ソウルオブカオス」の効果時間中は初段の移動量がアップする。
↑+II>IIチェーンバンプ追撃廃止に伴って激突技となった。
「ソウルオブカオス」の効果時間中は鎖の長さが伸びる。
↓+IIフレアーHP攻撃から真正面へ爆発を連鎖させる遠距離攻撃に変更された。
「ソウルオブカオス」の効果時間中はサイズやリーチがアップする。
対魔法接触判定:BRV中
ダッシュ中RI+II
(長押し可)
ツイストドリル突進方向が前方になり、出し切る前にボタンを離すとすぐ〆へ移行する。
「ソウルオブカオス」の効果時間中は突進時間が伸びる。
H
P

C.LV1IVじしん飛び掛かる動作が追加され、着地までブレイブを奪い続けるようになった。
モーションは【ランスバレット】二段目や【バルディッシュ】のアレンジ。
対魔法接触判定:魔法非干渉(※岩塊)
C.LV2IVつなみ大剣を振り上げて水柱のみ向かわせる技となった。
モーションは【ハイブリンガー】一段目や【デスクロウ】のアレンジ。
C.LV5IVほのお周囲に回転させた双剣へ炎を纏わせる技になった。
ブレイブダメージ付きで、吸引性能を有する。
対魔法接触判定:魔法非干渉
C.LV10IVたつまき刀身を旋転させて1つの竜巻を発射する技に変化。
追尾性能を有する。
専用EXスキルI
(長押し可)
ソウルオブカオスEXバーストから変更。
キープ値が高く、初撃ヒット後は長押しで攻撃時間が延長可能。
相手を掴み続けて力を吸い取り、離して吹き飛ばすブレイブ攻撃。
長押しで出し切ると「ソウルオブカオス」が一段階上昇する。
特殊ソウルオブカオスI一定時間内に攻撃を当て続けると発動、もしくは段階がアップ。
段階に応じてブレイブ攻撃の性能と威力がアップする
ソウルオブカオスII

攻撃を当て続けると「ソウルオブカオス」(SOC)というバフを自身に宿す。
SOCにはIとIIの二段階が存在し、段階が上がるとブレイブ攻撃の性能が飛躍的に上昇する。
ただし攻撃を当てずに一定時間が経過すると、段階が落ちてしまう。
攻め続けることで自身を絶えず強化できれば、大きな戦果をあげることができるだろう。

SOCのバフ(効果時間20秒)が掛かっていないと、type:HEAVYにしては火力が控えめ。
それでもtype:SPEED並みの攻撃力はあるので、決して安い訳ではない。
SOCが発動すると驚異的な攻撃範囲になり、タイマンは無類の強さを誇る。
移動速度はWoLと変わらない。


意外にも小回りの利く技が多く、バランスの良い性能をしている。
DFFACの基本が詰まった非常に使いやすいキャラクター。


欠点としては、素の状態ではキープ値が早く付く攻撃が無いので(EXは除く)、素の状態ではSPEEDやUNIQUE相手でも別段有利というわけではなく、SHOOTにも割と追い返されてしまうこと。
そしてそのSOCを付ける手段は攻め続けることなわけだが、ダッシュ開始が遅く技の隙も大きいHEAVYで攻め続けるのはなかなか難しいということ。

調整 Edit

Ver1.2202016/05/26
ツインソードはコンボ抜け関連、じしんは地形関連の不具合が修正された。
ほのおがMASTERナイトでカウンター出来なかった不具合も是正されている。


Ver1.2302016/06/30
ソウルオブカオス(専用EXスキル)のキープ値発生が入力した瞬間に変更され、
じしんは攻撃持続短縮とキャンセル可能タイミングが早くなる調整を受けた。
たつまきの連続ヒット時に生じたHPダメージ絡みの不具合も是正されている。
移動性能の全体調整では、他のtype:HEAVYと同様にダッシュ性能が上がって機動力が改善された。


Ver1.2402016/07/28
じしんで2or3枚抜きした際に片方のHPダメージが0になる不具合が修正された。


Ver1.3002016/09/15
たつまきで一部地形を貫通してしまう不具合が是正された。


Ver1.3102016/10/20
他のtype:HEAVYの硬直に合わせる形で、
ダッシュ開始から攻撃でキャンセル可能となるタイミングがやや遅くなった。
また他のキャラクターの硬直に合わせる形で、被ブレイブ攻撃で壁激突ないし地上へ叩きつけられた際に、
受け身・ジャンプ・攻撃でキャンセル可能となるタイミングが早くなっている。
2ndフォーム【渇欲の古強者】設定時に、ソウルオブカオスI及びソウルオブカオスII中の
ツイストドリルでヒット数(と与ブレイブダメージ)が減少する不具合を公式が確認している。

  • 壁激突後のキャンセルダッシュからHP攻撃へ連携するコンボが不確定となり実質弱体化。
    パーティ出撃ばかりかソロ出撃でも微妙な存在になってしまった。

Ver1.3202016/11/10
Ver1.310で発生した2ndフォームの不具合が解消された。
他に降下技の不具合修正で、じしんの空中ヒット時で敵を零し難くなっている。


Ver1.3212016/11/24
↓+IIを除くブレイブ攻撃はキャンセルダッシュ可能タイミングが見直されて、
Ver1.3102016/10/20で遅くされた分が帳消しにされた。
ソウルオブカオス(EXスキル)が上方修正された一方で、
サンガーとフレアーの魔法接触判定が中判定に落とされている。
ほのおも調整でほぼ別物と化したが、死に技の域を脱してない。


Ver1.3222016/12/06
コンボ抜けの不具合修正で、ほのおで敵を零し難くなっている。


Ver1.3302016/12/22
じしんの発動時に追従の利かなくなる不具合が修正された。


Ver1.3612017/03/09
近接技系専用EXスキルにおける全体調整で、ソウルオブカオス(専用EXスキル)が上方修正された。
ほのおも強化されたものの威力の上昇のみで、根本の性能が改善された訳ではない。
降下技に関するコンボ抜けの不具合再修正では、じしんが対象となった。


Ver1.3802017/05/11
近接HP攻撃の遠隔判定に相殺されてしまっていた位置サーチ技へのテコ入れとして、
じしんの岩塊部分における魔法接触判定がHPから魔法非干渉(カウンター可)に変更された。


Ver1.4102017/08/09
使用率の低いHP攻撃の全体調整で、つなみとたつまきの性能が修正されている。


Ver1.4202017/09/07
スタン発生時に攻撃判定が残る技として、ほのおが不具合修正の対象となった。

DFFOO Edit

敵として登場。
初登場は1章だが、ストーリー冒頭でわずかに会話シーンがあっただけでしばらく姿を現さなかった。
その後8章にて再登場し、ようやく戦うことができる。


ソウルオブカオスで自身を強化し、強力な攻撃を仕掛けてくる。
しかし単体攻撃ばかりしてくるので、8章リリースと同時期にイベントで登場したスノウに一役買ってもらったプレイヤーは多いはず。

FFRK Edit

ボス Edit

FF1のダンジョンでボスとして登場する。

原作同様、行動内容は「たたかう」のみで状態異常耐性もほぼ皆無。


イベント「Accessory of Light」の凶ダンジョンでは大幅強化されてボスとして登場。

DFFで使った特技を使ってくる他、状態異常やブレイク系にも耐性がつき、更に炎・水・風・地の攻撃を吸収する。


DFFとのコラボイベント「混沌と調和[カオス編]」ではゴルベーザとのタッグで凶+ボスとして登場。
使用技、吸収属性はイベント「Accessory of Light」時と同じだが、
このイベントに登場している他のカオス陣営同様に聖弱点なっている。
なお、このイベントの一番最初のボスとしても登場しているが、こちらは「たたかう」だけのガーランドである。


FF1イベント「伝説の始まり」開催中の討伐戦で凶+ボス、滅ボスとして登場。
使用技、吸収属性は「Accessory of Light」時とほぼ同じだが、
全体攻撃のラウンドエッジをカウンターでも使用するようになった他、
「デスクロウ」、「ソウルオブカオス」に追加効果が付いて強化された「【凶】デスクロウ」、「【凶】ソウルオブカオス」となっている。
「【凶】デスクロウ」は死の宣告の効果が追加され、
「【凶】ソウルオブカオス」はデスペル効果だけでなく、鉄壁を含むバフ効果を打ち消す効果が追加されている。
なお、FF1イベント「伝説の始まり」の一番最初の「カオス神殿」のボスとしても登場しているが、こちらは「たたかう」だけのガーランドである。


FF1イベント「巡る闘争の環」で「たたかう」だけの最初のボスと凶ボス両方が登場。
凶ボスの使用技、吸収属性は「Accessory of Light」時と同じ。弱点も無し。

仲間キャラ Edit

メビウスFFとのコラボイベント「異次元の扉輪廻の光」でセーラウォルエコーらと共にFF1の仲間キャラとして追加された。
ジョブは「カオス」。


初期必殺技は「猛攻撃?」。
闇の鎧を装備することで専用必殺技「混沌の竜巻?
ソウルデバウア?を装備することで超必殺技「カオスブリンガー?
ギガントアクスを装備することで超必殺技「バルディッシュ
オーガキラーを装備することでバースト超必殺技「戦いの輪廻?
クレイモアを装備することでバースト超必殺技「ダーククラスチェンジ?
アースブレイカーを装備することでオーバーフロー超必殺技「混沌の現身?
リベリオンを装備することで超絶必殺技「憎悪の根源?
ルーンアクスを装備することでリミットチェイン超必殺技「闘争の境地?
を使用できる。
また、デモンズメイルにレジェンドマテリア「狂乱の古強者」がついている。

メビウスFF Edit

garlandm.png

パラミティアの「光の戦士の予言」に登場しないとされる異端の戦士。全身を甲冑で覆い、大剣を装備している。CVは藤原啓治
ウォルの道中に現れ、意味深な台詞で彼の心を翻弄する。第三章では道案内人も務める。

  • 2016年12月のイベントより、CVを石井康嗣氏が引き継いでおり、それに伴って若干性格やウォルに対する立場が変わったような描写がされている。

パラミティアでは異端の存在はあってはならないものであり、他のブランクや住人達からは殺せとまで言われ忌み嫌われている。
セーラの事を気にかけているが、異端であるせいか彼女にも嫌われている。
途中からフルフェイスの兜を外し素顔を晒すが、どことなくその顔はリグディに似ている。