Top > キャラクター > 【コル・リオニス】
HTML convert time to 0.025 sec.


キャラクター/【コル・リオニス】

Last-modified: 2017-05-05 (金) 22:58:23

FF15 Edit

col.jpg cor.jpg
ルシス王国親衛隊隊長であり、祖国とノクトの父であるレギス国王に忠義を尽くす堅物の武人。CVは東地宏樹
ルシス3強に数えられる実力を持ち、“不死将軍”の異名で呼ばれている。当初は厄年(42歳)設定だったが、45歳に変更された。
使用する武器は

  • コル以外の3強が誰なのかは不明。
  • シナリオアルティマニアでは、不死将軍のあだ名と書かれてしまい、小物感漂う紹介をされてしまっている。
    ちなみに公式サイトではちゃんと異名。
  • 服装に反して、剣客小説に出てきそうな得物の名前や必殺技の名前を顧みるに、どことなく侍のイメージが強い。
  • エピソード・グラディオラスでの紹介文によると、さほど裕福ではない家庭で育ち13歳の頃王都警護隊に入隊。
    その後身体能力を見込まれ、高度な訓練を受けたのち15歳という異例の若さで国王親衛隊になった模様。

名前はラテン語で「獅子の心臓」という意味を持つ。獅子座の首星レグルスの別名でもある。


王都襲撃の際、市民の避難誘導をおこなっていた。
レギスを守れなかったことについては、非常に悔いている。


ノクト達が王都襲撃を知った後、ノクトと連絡を取り、リード地方の王の墓所で合流。
ノクト達に『王家の力』を集める旅に出るよう教える。

  • ちなみにノクトとはタメ口で会話する。30年前(15歳)の時からレギスと旅をしているので、家族ぐるみで交流をしているのかもしれない。
  • メルダシオから王の墓所の情報を得る引き換えにモブハントを請け負う働き者。
    闘王の墓所の情報はコルが手に入れた。

愛刀はレギスの力を分け与えられた物であり、レギスの死で遠からず使えなくなってしまう。
そのため自らはバックアップに専念する事にしている。

  • 王の剣も同様に力を分け与えられたが、死後すぐに力が失われている。
    そのため設定の矛盾が生じている。
  • きっと王の剣の魔法の力とコルの刀に宿った魔法の力は微妙に違うものなんだよ。(震え声)
    • ジグナタス要塞内の資料から察するに王の剣が力を使えなくなったのは帝国軍の兵器によるものだから、コルの刀の魔法の力はそれとは関係ない…のでは?
    • KGFF15ではレギスの死と同時に、王の剣にレギスが与えた力が失われている。
      帝国軍の兵器とは無関係の事象と思われる。
    • 王の剣より信頼できるので与えられた力に違いがあってもそんなにおかしくはない。もし違いがあればだが。
  • その割には下記にもある通り、10年後も何故か現役。
    そもそも別の武器を使えば、愛刀が使えなくなっても問題無いのでは…。
  • レギスの力が消えても、ノクトが同じように力を分け与えれば良い気がする。
    しかし、コルはそれを求めない。理由は不明。
    • 王の剣がすぐに力を失ったのにも拘わらずコルの力がすぐには失われていない理由はその辺りにあるのかも?
      王の剣に与えたものとは違う、レギスだけが与えられる何かがあったのかもしれない。

序盤に2回ゲストキャラクターとして加入する。
1回目は賢王の剣入手からキカトリーク塹壕跡入り口までと非常に短く、その間寄り道することは出来ない。
2回目は北ダスカ封鎖線突破時に協力してくれる。
PTのレベルがまだ10前後の時期に圧巻のレベル52で加入し、魔導アーマーのような強力な敵もズバズバ切り倒していく。


10年後の世界でも生存していることがタルコットから語られる。レスタルムを拠点にイリスと共にシガイ退治を請け負ってるらしい。


作中での登場はとても少ない。
ゲスト加入2回とカエムを加えてなんとたったの3回。
電話越しの会話も含めればもう少しだけある。
闘王の刀装備のノクトとこの人はFFでも珍しい&貴重な鞘付きの居合キャラだからもう少し出てほしかったな

  • 早い段階で公表されたキャラにも関わらず作中での扱いが微妙なのがいかにも15の描写不足を象徴してる。当初のコンセプトでは他にも活躍の場があったのかが気になる。

2017年3月28日に配信されたダウンロードコンテンツ「ストーリー・グラディオラス」に登場。
ギルガメッシュの試練を受けるグラディオラスに同行する。
コル将軍自身も30年前にこの試練を受けギルガメッシュに敗北した。
しかし、ギルガメッシュにその腕を認められたのか命までは奪われず、それまで生きて帰った者のいなかった同試練の唯一の生還者となる。

  • 隻腕が特徴的な今作のギルガメッシュだが、その片腕を切り落としたのが30年前のコルである。倒すことは叶わず瀕死の重傷を負って遺跡から逃げることになるものの、その精神と実力はギルガメッシュをも唸らせていた。
    • 15歳でギルガメッシュの腕を切り落とすとは…恐ろしい子供である。
  • また、エピソード・グラディオラスのエクストラバトルではコル将軍とグラディオラスの一騎打ちを行える。
    かなり難易度は高い。
    ギルガメッシュとは違いゴリ押しは通用せずいかにガードと回避のタイミングを見極めるかが勝負のカギとなってくるのではと思われる。
  • ただ武器を振ってもことごとくかわされる上、特定の攻撃以外をジャストガードしても体勢を崩さないため、長時間集中力を切らさないことが攻略のポイント。しかしジャストガードが成功すればかなり長い間無防備になるため、この隙に連撃を叩き込もう。アイテム縛りでもしない限りは、慣れさえすればそれ程苦戦する相手ではない筈。