Top > キャラクター > 【シェリンダ】
HTML convert time to 0.003 sec.


キャラクター/【シェリンダ】

Last-modified: 2017-07-16 (日) 19:19:13

FF10 Edit

スピラ中を渡り歩きながらエボンの教えを広めている女性。
大々的に布教活動をしているだけあり、教えを絶対視している。
そのためミヘン・セッションで教えで禁じられた機械が使われる事を止めようと
討伐隊員たちを説得して回るが、聞き入れて貰えなかった。
その事で落胆するが、その後は得意な白魔法で自分なりに
作戦の役に立とうとしたりするなど、中々前向きな性格の様である。


一応自分の寺院を持つという夢があるらしいのだが、終盤では混乱した寺院で
僧兵達のまとめ役に抜擢されるという異例の大出世を果たす事に。
ここでも何とかエボンの立て直しのために奮闘しようとするが、上層部の責任のなすりつけ合いに
半ばウンザリしていた所に、べベルを訪れたユウナ一行と再会し、
彼女らの『シン』を倒すための作戦をスピラ中に広める手助けをした。


決して有能ではないが、良くも悪くも真面目な善人。
しかし本人に「悪くも」の部分の自覚が全くないが故に、あまりお近づきにはなりたくないタイプ。
上記の大出世の際はアーロンから「人手不足のようだな」と皮肉を言われるも、全く気付いていなかった。

  • マイカが成仏し消えてしまった後も、アーロンに「まだ来ないぞ、いつまで待たせる気だ!」と
    言われたのを真に受けて、バカ正直に寺院内を
    その後ティーダに「それ、もういいんだ」と言われるまで探していた。
  • ミヘン・セッションの後に失敗した事を「失敗したのは機械なんか使ったからなんですよ」などと
    したり顔で語るなど(顔見えないけど)少々思慮に欠ける部分がある。

チョコボイーター戦後にミヘン街道新道を徒歩で進むと、チョコボに振り落とされる彼女の姿を目撃できる。
思いっきり落下した後、何事もなかったかのように歩きはじめるあたり意外と丈夫なようだ。


彼女の白魔法は、パーティーのHPMPを全回復するというラストエリクサーなみの超効果を持つ。
これだけの魔法なら使用するたびに息切れを起こすのも無理はないと思われる。

FF10-2 Edit

結局エボンを立て直す事ができず、寺院が崩壊してからは落胆してルカにやってくるが、
ここでレポーターとしてスカウトされる事に。
ストーリーLv2では、ルカを訪れるとユウナにインタビューしてくる。


10では教えを広め、終盤は打倒『シン』の祈りの歌作戦を広め、今作ではレポーターとして情報を広めている。
職業や立場が変わってもやる事は変わっていないようだ。


「真面目な性格で」「頼まれると嫌と言えない」「で最後まで一生懸命やっちゃう」というところはユウナにも通じる部分である。ルカでのイベントでリュックとパインにツッコミをいれられてる。

  • まぁ重要なのは「で最後まで一生懸命やっちゃう」の結果、完璧にこなせるか否か。
    これが主人公と脇役の差か…