Top > キャラクター > 【ジル・ナバート】
HTML convert time to 0.005 sec.


キャラクター/【ジル・ナバート】

Last-modified: 2017-10-09 (月) 18:36:21

FF13 Edit

ライトニング達の前に立ちはだかる聖府軍の中佐。CVは園崎未恵
ヤーグ・ロッシュとともに聖府軍の特殊部隊PSICOMを統率している。
類稀なる美貌と才気を感じさせる女軍人だが、性格は冷酷そのもので、
サッズ息子を無理やりクリスタルにさせようとするなど非道な行動をとっている。

  • 敵キャラなのに、FF13のエリクサー缶のパッケージを飾っている。
  • 実は眼鏡は伊達である。優しい印象を与えるために付けているとか。*1

結局あまり出番がない上に出てくるたびにろくな目に合わない可哀想な人。
ボスとしても出てこないし。

  • アフロをシバく為だけに登場した感の否めない人。
  • トレーラーでは重要キャラの如く思わせぶりに出ていただけに尚更、あっけない最期が何とも。
  • 発売前に雑誌で紹介したり、エリクサーのパッケージになるほどのキャラクターではない。
    • もしレインズが早めに発表されてたらエリクサーにはなってなかった可能性も…。
      そう考えるとものすごい得をしたキャラなのかもしれないな。
  • 見た目や設定など発売前から人気が高く、活躍が期待されていたのだが…。
    実際は客寄せのためだけに作られたようなキャラであった。

敵戦力としては、未知数かも知れない。
各キャラクターの都合上、フェードアウトを余儀なくされてしまう。


身長166cm。士官学校を主席で卒業した。
普段からケインと呼ばれる刑罰杖を携帯している。

  • この時点で、設定自体がキケンじゃないか

「綺麗な女キャラなのに、同情するところや味方っぽいところが一切ない、ガチの悪党」というのは意外とシリーズでも珍しい存在かもしれない。


おそらく、今作で一番ボインな人


一見非道そうな悪党に見えるがドッジを使って投降を促したり、本拠地におびきよせて一網打尽にしようとしていたりしてサーチ&デストロイを地で行く他の奴らより被害を最小限に抑えようとしている。
報告聞いて役立たずと愚痴をいうのも元民間人や元警備隊員であるたった数人にいいようにされていたらいいたくもなる。
最期も弱音を吐くことなく上司を守ろうとして前に出ている。冷酷だが合理的な軍人で職務に忠実なだけだからけっして悪党というわけではない。
…ただあの性格と立場ではどんなゲームでも報われないのも事実


色々とどこぞのカリファに似ている所がある。


ちなみに、声を担当した園崎氏は前作にてヒロインの声を担当していた。

FF13-2 Edit

2012年3月13日からDLC配信開始。コロシアムで対決できる。
HPが多い時には部下に任せており、HPが少なくなると攻撃してくるようになる。
倒すともちろん仲間にすることができる。
成長タイプは物理と魔法が得意になっている。
PS3版が300円、360版が240ポイントでダウンロード可能。


敵としての戦い方は、一言で言えば(DLC抜きでの)本作の最強モンスターであるアッティラの上位互換になる。
向こうが本編で普通にエンカウントするモンスターを呼び出すのに対し、こっちはこのバトルでしか出てこないモンスターを呼び出す。
下手するとベヒーモスが2匹という大惨事も・・・。
時折繰り出す必殺技「サディスティック=ドライブ?」は大ダメージの乱舞技。単体対象なのが救いか。

  • レア技に【サディスティックヘルドライブ】という技がある。サディスティック=ドライブの強化技ともいえよう。
  • 周りにいるモンスターを「サクリファイス=ギア?」を使われる前にすべて倒すとナバートに自爆ダメージを与えることができる。
    サクリファイス=ギアは残っているモンスターを吸収しHPを回復する技であり、ナバートもブレイクゲージが溜まりにくいのもあり、この法則に気づかないといつまでも終わらない戦いになってしまう。
    • サクリファイス=ギアは吸収・回復専用技ではなく、モンスター吸収によってナバートに様々な変化をもたらすもの。変化は以下の通り。
      ベヒーモス蒼天:1体吸収で自身への自爆ダメージ無効化、2体吸収でサディスティック=ドライブの代わりにサディスティック=ヘルドライブ発動
      プーマ影剣?:1体吸収するたびに小ダメージ+ダル攻撃
      PSICOM治安猟兵:1体ごとに99999回復
      幸いにもアッティラと異なり、ノエル・セラ共にしっかり育てていれば、サクリファイス=ギアを使われる前にPSICOM治安猟兵ぐらいは倒せる。1体でも吸収して回復されると相当痛いので、これらに関しては登場してきたら確実に全滅させておきたい。
      もちろん、周りガン無視でナバート集中攻撃という方法でも良い。チェーンを貯めやすくしてブレイクさせ、後は打ち上げて絶対に降ろさず攻撃を続けるだけ。お好きな方法で。

仲間モンスターとしてはライトニングアモダ曹長と同様な超早熟型で、ロールはジャマー
特性アビリティ【弱体系成功率UP】【妨害系成功率UP改】を覚えるためオールラウンダーとして活躍できそうである。
また妨害系の物理系コマンドアビリティをすべて覚えるため、ダメージを上げるための物理攻撃と状態異常持続時間を延ばすための魔法攻撃のどちらを上げるかは悩みどころだろう。
敵として猛威を振るったサディスティック=ドライブもシンクロドライブとして発動可能。
こちらは召喚レイドの設定で効果が変化するらしい。

  • ジャマーの役目は状態変化を発生させることなので、物理攻撃を上げる必要は無い。
    持続時間は魔法攻撃100につき1秒増える程度なので、魔法攻撃を上げる必要は無い。
    回復を挟まずに連続で攻撃できるように、最大HPを上げるのがベスト。

前作に登場した女兵士(「PSICOMコマンド」に属するエネミー)のモーションが流用されている。

DDFF Edit

同僚のロッシュとともにバトルライズ説明役でまさかの登場。
丁寧に説明していくも途中で飽きてロッシュに丸投げする。

FFRK Edit

FF13出身のキャラクターとして登場。ジョブは「PSICOM中佐」。


初期必殺技は「ウィーク」。
ナバートモデル?を装備することで超必殺技「増援要請?
フォールディング・エペを装備することでバースト超必殺技「サクリファイス=ギア?
を使用できる。






*1 FF13アルティマニアΩ、334ページの池田氏のコメントより。