Top > キャラクター > 【セルフィ・ティルミット】
HTML convert time to 0.060 sec.


キャラクター/【セルフィ・ティルミット】

Last-modified: 2017-03-17 (金) 00:51:00

FF8 Edit

主要メンバーの一人。
トラビアガーデンからバラムガーデンに転校してきた。
男性にはあまり興味は無いものの、ラグナに対してだけは別らしい。
ただし本気で好きなわけではなく、あくまでも有名人に対する憧れ程度の気分。
 
訛りにコンプレックスでもあるのか、普段は標準語を話すものの、
ふとした拍子にトラビア弁(関西弁風)が出てしまうこともある。
自主独立の気風が強いトラビアにいた影響と、みんなの気持ちを盛り上げたいという強い思いから、
学園祭の成功のためならすべてを犠牲にしかねない程の並々ならぬ執念を発揮した。
彼女のレビテガジエンドをくらうのを恐れるのか、誰もそれに逆らおうとはしない。


年齢:17歳
身長:157cm(ヒールを合わせて165cm)
誕生日:7月16日
血液型:B型
使用武器:ヌンチャク


本編では、ダナーの意志を継いで(なのかは知らないが)学祭実行委員長となった。


実はパンチラキャラでもあり、戦闘時にチラっとソレが映ったり、
ライブラ』では彼女だけ縦回転できなかったりする。
それといい、ジエンドといい、彼女だけ妙な優遇がされている気がするのは気のせいか?

  • そういえば最強武器の命中率も、主要メンバーの中ではスコール以外で唯一255%……。
  • コンフィグでカメラ移動率を50%にした時が一番パンチラの頻度が高い…気がする。
  • …パンチラがあることは優遇なのか?
  • 多分、水色。
  • チラッとどころか普通にプレイしてるとしょっちゅう映る。
    そのためか最終メンバーに入っていることが多かった。
    • そんなに映るか?
      あと武器構えてるときにライブラしてズームすればよくわかるけど、水色じゃなくて白。
  • どうでもいい話ではあるが、体験版ではセルフィのライブラ画面で縦回転ができた。
    • 体験版にセルフィは登場しないはずだが・・・
  • アルティミシア城内で、セルフィの立ち位置によっては、セルフィのスカートの中が観える場所があったような……。

【視聴覚室】
わざわざパンチラ検証した同志もいる、その努力に乾杯。


【視聴覚室】
だが、制服着ても転んで縦回転してもパンチラしない鉄壁スカートを履いている。


実はパーティーで一番胸が大きい。スロットを使うと良く分かるが、こんなところでも優遇されている。

  • エンディングで、ガーデン内のパーティをハンディカメラで録画しているシーンがあるが、その中でアーヴァインの帽子を奪ってキスティスと並んでいるシーン、及び腕組みしているシーンで、その片鱗を垣間見ることができる。
  • あくまで比べたらという感じではある。服装の関係で大きく見えてしまっていると感じなくもない。戦闘時のポリゴンで見るとリノアに比べたら大きいとは感じられるが、リノアも決して無いわけではない。
    また、アルティマニア等に載っている女性陣三人が並んでいるイラスト*1だと差が殆ど無いので、公式的には三人共リノアが比べて小さいくらいで大体同じくらいという認識だろう。

ミサイル基地で兵士を闇討ちにしたり、ちょっとした崖なら跳び降りてしまったりと、行動は結構過激で大胆。
サイファーとは別の意味で危険人物かも知れない。
スコールにすら「逆らわないほうがいいな」と思わせる猛者

ちなみに上記は、ティンバーから学園東行き列車に乗りガルバディアガーデンに行く際、列車の中のやり取りにて発するスコールの心の声である。

座席のない予備フロアにて、電車が発車した直後
スコール「なんとか……」
セルフィ「あけて〜、あけて〜、あけて〜」
スコール「なる……」
セルフィ「あっけろぉ〜〜」
と、セルフィがことごとく言葉を遮る。
パスはスコールがまとめて持っているから入れないのだろう、客室に行くための扉の前に立ち、ひとり声をあげている。
そして、業を煮やしたセルフィは、「あけてっ」と言い、ぴょんとスコールの方にに向き直る。
これがリノアだったら「またからむつもりか?」、キスティス先生だったら「先生が生徒の近くにいるのは…(以下略」となりそうなところだが、スコールがまさかの根負けを喫して上記のセリフを発し、パスを取り出してロックを解除するのである。


Disc2までは「ロケットランチャーで粉々に爆破するのね」や
この子の皮をベリベリってはいで それを着て逃げるのは?」など思考面でも過激な点が目立つ。
ちなみに本人と野島曰く、向いてる方向がちょっと違うだけでリノアと似ているらしい。


孤児院時代は、スコール曰く「いつも走り回っていた」。
また、アービンに「セフィ、なにしてあそぶの!」と尋ねられた時に、
女の子にも関わらず「戦争ごっこ」と答えており、昔から過激だった。

  • 過激云々より、あんな小さな子に口頭一番で「戦争ごっこ」と口にさせる時代背景に問題があると思う…。
    まぁそんな事言ったら、本作も含めた大半のFF作品を否定してしまう事に成りかねんが。
  • 大きなストレスを受けた子供は、その経験を理解・昇華するためにごっこ遊びをすることがある(地震ごっこ等)。
    深読みすれば、心の傷を癒すための行為だったのかもしれない。

明るく前向きで一生懸命な性格、
仲間や故郷のために奔走するその姿は、何処となく往年のFF主人公を彷彿とさせる。
もしかしたら優遇されているのもそういうポジション故かも。しかし特殊技は使いづらいなぁ…。


海外のプレイヤーに言わせれば、かなり変な名前らしい。

  • そりゃー、焼夷弾や発火装置の材料にもなる混合物(テルミット)と響きが似てるんだから、
    変な名前と言われても仕方が無い。
    まぁ、変だと言われてるのがファーストネーム(セルフィ)の方だとちょっと見当つかんが…。
    • 英語圏の発音だとアルミ粉末と酸化鉄のアレはサーマイト(thermite)。
      どっちかと言うとファーストネームの方が自分勝手(selfish)の出来損ないみたいな感じでは?
  • セルフィ(Selphie)に最も近い言葉は「Selfie(自撮り)」。phとfの違いはあるがほとんど同じ発音である。
    海外のファンサイトではセルフィが自撮りをしているイラストがしばしば見られたりする。

好きな食べ物はミス・モーグリのケーキ。
バラム港にセルフィを連れて行き、料理人に話しかけると、料理人が魚料理の話をしていた最中に、
突然このケーキが好きだと答え、
「たくさんフルーツが乗っててクリームもぐるぐるでピカピカ光ってるのー。
 こんなに大きいのにいっつもぺろりと食べちゃう!」と説明し、
さらに作ってくれとまでお願いするほど。


パッと見はノーテンキな女子高生だが、れっきとした「正SeeD」である。
扱いの難しいヌンチャクを得物として愛用したり、ミサイル阻止作戦を決行したりと
戦闘員・工作員としての能力・度胸は備えてる。

  • 軍人としてはゼルよりもよっぽど優れた人物である。
    在校一日目にも関わらず情報系列を預かるA班にいたり、
    ラグナロクの操縦を一発で成功させる等、
    性格面はともかくかなり技術面で優れていると見られる描写がある。
    そしてバラム生としては新人であるにも関わらず伝令を請け負ったり*2
    文化祭実行委員としてメンバーを集められた手腕からもリーダーとしての素質も無くは無い。
    しかしそれら全てを言動で損なっている所もあり、
    ある種「天才だが変人」というポジションなのかもしれない。

愛がテーマのFF8だが、その中でセルフィが担っているのは「帰るべき場所への愛」、即ち「郷土愛」だろう。
トラビアしかり、バラムガーデンの学園祭しかり、
魔女との戦いという非日常を越えて帰るべき日常を一番大切にしているのは彼女で間違いないと思う
乗り物への愛情もなかなかのもので列車に乗るとあきらかにテンションが上がる、また飛空艇ラグナロクをフィーリングで操作してしまうほど


上記されているジエンドは確かに非常に強力なのだが、発動確率は1/256と超低い。
ジエンドを抜きにしても、彼女の特殊技・スロットは非常にギャンブル性が高い。
ジエンドが出ない場合、単純な技の威力不足も付きまとう。
アルテマ3個同時撃ち程度の威力じゃ、他キャラのチート特殊技たちの足元にも及ばないのである。
ジエンドさえ出れば無敵とは言え、特殊技を主軸にパーティ編成をするとキスティス共々外されがち。
ただ、スロットに慣れてしまえば、フルケアによる回復要員として非常に重宝する(ウェポン戦でも有効)。

  • 手段を問わないならこういう身も蓋もない反則技もあることはあるが。
  • 白黒など多彩な魔法をスロットで使えるので赤魔道士のイメージもあるかもしれない。
  • 敵単体ならメテオ3回がおそらく最大ダメージ。

 
通常攻撃を中心に戦うなら、命中率を255%に出来る彼女の安定感は非常に高い。
特殊技に頼らなくても1軍で起用する価値はある。

  • しかし、255%にできるのは最終形態のみ。
    直前のクレセントウィッシュの命中率は2と低く、
    そもそもFF8では回避率が高い敵でもない限り外れまくるということは無い。
    特別力が高いわけでもない為(というかキロスとイデアを除けば最下位。
    まぁジャンクションやドーピング次第でどうにでもなるが)、
    特殊技の仕様もあって一軍レベルにはどうしてもなれない。
    彼女の真価は暗殺作戦やミサイル基地等でチームを分担したときの言わば、
    サブパーティとして活躍する機会に恵まれていること。
    ラスダンのあるギミックを攻略するにも実質的に必要不可欠のため、
    無理に一軍にするより二軍のエースとして使ってあげるのがいい。
    • 初期レベル維持しつつ暗黒を連発していくプレイングの場合は
      加入レベルが低く攻撃を外す事のないセルフィの1軍起用は妥当なところ。
      命中はドーピングで増やす事ができないのも大きい。
      突き詰めれば博打製が高く時間のかかる特殊技に頼るよりも
      ドーピングして暗黒を連発しておく方が早く確実に敵を殲滅させられる事も多く
      極まったプレイ用のキャラと言える。

関連項目:
セリフ/【まみむめも】

カード Edit

レベル10、上A右8下6左4、無属性のプレイヤーカード。
カード変化エレメントガード×3を精製できる。

  • トラビアガーデンの噴水前にいるセルフィの友達が持っている。
    が、ランダムハンドルールがあるので狙いづらい。

DFF Edit

バトルTIPS担当。
プレイ日記と称して初〜中級者に戦闘のコツや豆知識をアドバイスしてくれる他、
ゲームが進むとラスボスが使う技を個別にレクチャーしてくれるようになる。
長い講義になる上、扱う内容も多岐に渡っており、なかなかお世話になったひとも多いのではないだろうか。
またリノアセッツァーのものまね(?)をすることもあるようだ。

DDFF Edit

今作でもバトルTIPSを担当、日記形式でアドバイスをくれる。
ラグナ様の参戦に喜んだり、前作と解説が被る部分ではG.F.の記憶障害を心配していたりする。
DDFFプレイ中はスコールをアシストにしているが、彼の繊細な性格には苦労しているようだ。
 
……あと結婚を申し込んだ39歳男性、ちょっと出てこい!


前回は混沌の神の対処法を教えてくれていたが、
残念ながらそのノリで今回の壊れた神の対処法を教えてまではくれない。
不親切という気はしなくもないが、壊れた神自体架空の登場人物だし、
登場する世界もパラレルワールドだから、セルフィが壊れた神の存在自体を知らなくても仕方ないか。

  • 前作での日記からもわかるとおりセルフィは下手くそなので、
    デカオのところまで行けなかったのかもしれない。
  • それに隠しボスの倒し方も教えろというのはなんかねぇ。
    そこまで辿り着ける腕なら自力でなんとかするのが、ゲームってもんじゃないかな。
    手取り足取りしてもらうのはエンディングまでで十分でしょう。

バトルTIPSの最後では次回作の出演に意欲を示している。リプレイモードでのカメラ回転を気にしている。

  • 十中八九有り得ない話なんだろうけど、仮に出たらEXモードはどうなるんだろうかと時々考えてしまう。
    • スコールやラグナの例から行くと、「ゆめかまぼろしか装備!」になるんだろうね。でも平仮名のせいでちょっと締まらないかも…
      Exバーストは言わずもがなジエンドで

FFRK Edit

魔法回復タイプとして登場している。ジョブは「SeeD」。
FF8唯一の白魔法キャラでFF8イベントのミッションでは回復担当として必須キャラ。
彼女の装備であったヌンチャクはロッド扱いとなっている。


初期必殺技は「ウォール」。
モーニングスターを装備することで専用必殺技「トラビアのひかり?
さそりのしっぽを装備することで専用必殺技「レビテガ
クレセントウィッシュを装備することで超必殺技「夢のステージ?
ゆめかまぼろしかを装備することでバースト超必殺技「夢か幻か
フェアリー・テールを装備することで超絶必殺技「スロット・フルケア
が使用できる。

KHシリーズ Edit

サブキャラクターとして登場。
デスティニーアイランドで暮らしており、トラビア弁は健在。13歳(KH)ないし14歳(KH2)。
武器はヌンチャクではなくナワトビを使用している。

  • 武器…なのか?

声の担当はFF10のユウナと同じ青木麻由子
明らかに子供の声を意識しユウナと演じ分けられていたKHのセルフィに比べ、
少し成長したKH2のセルフィは完全に関西弁ユウナである。


アルティマニアによれば、当初はKH1で登場する予定はなかったらしい。


KH1にてパンチラ有り。狙ったのか偶然なのか・・・。


服装はFF8の私服時と大体同じ。
野村氏曰く、本当はKH用にリデザインしたつもりだったが見直してみたらほとんど一緒だったらしい。
KH2ではカイリと一緒に学生服を着用して登場する。白いシャツに青のチェックスカートという出で立ち。






*1 ポーズ的にリノアが寄せているだけの様に感じるかもしれないほか、リノアの頭にキスティスの胸部が隠れているとはいえ、リノアとセルフィには差がない。
*2 もしかすると他のA班メンバーがサイファーに関わりたくなく、押し付けられたにせよ