Top > キャラクター > 【バルガス】
HTML convert time to 0.005 sec.


キャラクター/【バルガス】

Last-modified: 2017-11-13 (月) 00:09:49

FF6 Edit

格闘家ダンカンの息子。マッシュの兄弟子。
マッシュばかりを溺愛するダンカンに怒りを覚え、彼を手にかけた後に逃亡。
コルツ山の出口付近でティナ達の前に立ちはだかり、話し掛けると自らの追っ手の者と疑り襲い掛かって来る。
戦いの最中、助太刀に入ったマッシュと因縁の再会を果たし、ダンカンを殺したとマッシュに吹聴し「連風燕略拳」で決闘に持ち込ませる。
終死拳」(60カウントの死の宣告)「れっぷうさつ」(全体ダメージ)等
ゲーム初期に登場する割には高度な技を持つ。
マッシュの「爆裂拳」に敗れ去る。


因みに崩壊後にマッシュとダンカンが再会するイベントがあるが、
ダンカンがバルガスの死を悲しむ場面はない。

たわごとなど ききたくない
わ!

 

  • 死んだという明確な描写が無い上、上記の通り崩壊後にマッシュとダンカンが再会するイベントで名前すら出てこないってことから考えると死んでない可能性のほうが圧倒的に高いんじゃないだろうか?
    • マッシュとダンカンの妻(バルガスの母)の会話イベントから、マッシュは「バルガスがダンカンを殺し、やむなく自分がバルガスを殺した」と暗示し、彼女もそれを悟ったと読み取れる。そもそも、彼女も息子の死をそれほど悲しんでいる様子ではなさそうだ。
      (参照:ダンカンの妻
  • 「おまえを倒すのはこの俺だ」的立ち位置になるんですねわかります。
  • バルガスが爆裂拳で倒された時のエフェクトはサマサのケフカ戦の時と同じだから死んでいない可能性はある。

累計ダメージ720以上でイベント発生、マッシュが登場し戦闘メンバーはマッシュ一人になる。
そして累計ダメージ1232以上で爆裂拳の使用法が表示されこれを使用して勝利…という流れだが、
爆裂拳のコマンドがそこそこ有名になった現在では、
メンバーがマッシュだけになった時点でさっさと爆裂拳を使って終わらせるプレイヤーも少なくない。


メテオストライクで持ち上げる事ができない。
おそらく地面に埋まっているか、宙に浮いているかのどちらかだと推測される。
スキが無いために持ち上げられないという説もあるが。

  • 達人の仁王立ちをなめたらあかんで。

イプーという名のくまさんを2匹連れている。
「死んでもらう」とか言っておきながら、くまさんの影に隠れて攻撃してくるかわいい人物。
くまのほうもバルガスが大好きなのか倒れるまで一切攻撃を通さない。

  • くまさん、可愛く思えてきたw

HPは11600。
真っ向からHPを削り倒すことも出来なくはないが、
終死拳のせいで時間制限があるため最低でも真空波を使えるレベルになっていなければ火力が足りない。

  • 爆裂拳ではない方法でそのまま倒すと普通のボスと同じ演出で死んでいく。

稀にミスリルクローを盗める。

  • ノーマル枠はポーション、ショボい。連れているクマ達はハイポーション持っているのに。
    自分より良い物持たせているのは結構ペット思いだからなのだろうか?
    クマ達に使う知能などないが。

一人称は「俺」だが、一箇所「私」を使っている。GBA以降の移植版では「俺」に修正された。

宿命だ。そしてお前には
私を倒すことはできぬ!
それもまた、宿命だ!!!
  • 台詞の改行や奥の誤植、安定しない一人称など、一つのシーンで色々とやらかし過ぎである。

根っからの悪人ではない…と思う。
父親の放置プレイが酷すぎてグレてしまったのだろう。

  • 確かに気持ちは分からないでもないが、
    父親を殺して(実際には生存)弟弟子に命に関わるような技仕掛けるのはやりすぎだと思うが。
    ましてやマッシュが仮にそこで倒されたとしても、
    生存したダンカンの耳に入ったら格闘家としての人生が終わるのは同じ。
    グレてるだけにしとけばよかったのに。
    • 破門&勘当は確実ですが、それで格闘家人生が終わるわけじゃないでしょう。
      本人はそれなりに考えてたんじゃないでしょうか?返り討ちに遭った以上詮無きことですが。
      • ここまでの暴挙をやらかした奴を息子とは言え、野放しにしておくとも考え難いなあと。
        格闘家として再起不能にはされそうな気も。
    • 個で完成されることが一面として求められる武術(道ではない)の世界ではこのくらい自己責任の範疇であろうし、別にどうという事はない。戻ってくることはできまいが遠くで修行するのも更なる邪法に手を染めるのもバルガス次第。
      • 操られていたとはいえ嫉妬やら何やらを利用されてかつての味方に刃を向けちゃったカインさんもちゃんと許されているしな。
  • そもそも、別に放置されてた訳じゃない。面々の言動からいって、マッシュと同じように修行を受けていたが
    自分は奥義伝承者に選ばれなかったので嫉妬と逆恨みで逆上しただけ。
    単に性根が醜くて幼稚な奴としか言いようがない。

拾い子に神はいないッ


自分もよく間違えるが、FF5のOVA作品に登場するのはバルカス


「俺の名を言ってみろ!」「兄よりすぐれた弟など存在しねぇ!」な御方の影響を感じずにはいられないキャラクター。


父親の名前から察すると、フルネームは「バルガス・ハーコート」になるのだろうか?


実父殺しも(おそらくマッシュを本気にさせるための)嘘だったし、マッシュとの戦いもなんだかんだで拳法勝負の一騎討ちになっている。
人格者とは言いがたいが、要は自分の拳に命懸けだっただけではなかろうか。

  • 父殺しが嘘だなんてそんな描写あったっけ(生きてはいたけど)?俗物過ぎる挙句にメンタルが弱い最低野郎ですが・・・。
  • それにしても父親をどうやって「殺した」と言えるような状況に追い込んだのかが気になる・・・。海や崖をバックに追い込んで連風燕略拳でトドメを刺したと思ったのだろうか?最悪不意打ちでこれをやったとか?
    • 全て含めて単にハッタリだろう。ついでに言うと不意打ち抹殺以外で実際に師が死んだならそれもまた道、武術の世界はそこまで優しくはない。バルガスが"わっぱ"でありその手の行為(師を殺すだの何だの)が多くの状況で事を違え本質を損なう点は確かだけども。
      • ダンカンが殺された事を口にするのは第三者のNPCだし
        バルガス自身もティナ達に対して「つかまるわけにはいかん」と言っている。
        ハッタリや嘘という解釈はどう考えても無理がある。
    • マッシュの方から「なぜ殺した!」と言及してるからバルガス本人はダンカンを殺せたと思い込んでたのだろう。マッシュもダンカンが死んだと認識した。
    • 崩壊後にダンカンは登場するが、彼の事はノータッチなのだった…。

マッシュが「驕りさえなければ・・・」と言ってたから、本来はマッシュより資質が有り、後継者に選ばれていたのだろう。

  • ダンカンはバルガスに対しても修業をつけていたが、うまく捗らないと愚痴っていた事がサウスフィガロで聞ける。
  • 現実世界でも、「自らあみだした奥儀!」を編み出すような奴はおとなしく他人の弟子なんぞやらない方が良い。
    「あなたの素質を…」と「うまくはかどらない」のズレは、その辺からくるのだろう。
    マッシュを後継者に選んだのは、バルガスに自立を促すためだったという解釈でどうだろうか。

マッシュ「なぜダンカン師匠を殺した!?実の息子であり、兄弟子の貴方が!」
バルガス「説明的なセリフで紹介ありがとう。」


奥技はライブアライブの日勝に受け継がれた