Top > システム > 【キャンプ】
HTML convert time to 0.005 sec.


システム/【キャンプ】

Last-modified: 2017-12-03 (日) 09:41:55

地名・地形/【キャンプ】

FF15 Edit

本作独自のシステム。システム的にも重要な位置づけになっている。
キャンプをすると翌朝になり、仲間との会話や食事、経験値の清算が行われる。
キャンプを張れる安全な場所(〇〇の標)を中心にしてフィールドを探索していくことになる。


キャンプは各地にある標(しるべ)で行える。
標は多くの場合小高い丘や岩の上にあり、見つけると地図に載る。
狼煙の如く光が上がっており、夜には標が青白く輝く。
周辺にはエレメントストーンがある。

  • 標には神凪の力が働いているらしく、シガイも近づくことはできない。

食事をとることで、ステータスアップや様々な付加効果が発動する(継続時間はアビリティ等により変動)。

  • キャンプでは街で購入した食材をイグニスが調理してくれる(野生のモンスターを倒し食材として得ることも可能)。
    調理スキル(レベル)も存在しており、さらにチョコボにもバフを付与できる。
  • 料理のグラフィックは実写と見間違えてしまう程で、プレイしている時間帯によっては飯テロが起きそうである。
  • 「直火焼きトースト」と「ほかほか備蓄米にぎり」の二種類は材料アイテムがなくても調理可能。食パンと白米は大量に持ち歩いているのだろう。
  • 「冷えた缶詰」は第10章もしくは第14章(仲間との合流前)でのみ選択可能。取り逃した場合は、強くてニューゲームでもう一度第10章まで進めるしかない。
  • ダウンロードコンテンツにて追加された「こんがりチーズピザ」も食材なしで作ることができる。
    まさか、インスタントのピザ…?
    • デリバリーピザかとも考えたがイタリアのピッツァ風なので少なくともデリバリーではない。やはりインスタントか。
    • まぁ所謂ピッツァ・マルゲリータである。イタリア風のピッツァをデリバリーしてくれるお店も現実に存在するので、デリバリーという可能性も捨てきれない。ただ、その場合だと食費はイグニスが全額負担しているんだろうか....。
  • キャンプで作る料理には、各キャラごとに異なる好物が設定されている。

バトルやクエストで得た経験値は休息時に精算され、ステータスに還元されることでレベルアップが行われる。
逆に言えば、ずっと寝ていない場合、レベルアップはしない。

  • 残念ながら不眠不休でも、チャプター終了時に必ず清算される。シナリオ進行上強制的に宿泊に入るチャプターもあるので、完全な無休クリアは不可。

道中でのキャンプの他、ガソリンスタンドや街中のホテル、レジャートレーラーでも休憩可能である。
施設での宿泊ではイグニスの食事はとれないが、ストックされた経験値にボーナスが付与される。

  • これにより、モブハントやダンジョン攻略の前にはレベルストッパーを付けてキャンプしてバフを優先し、経験値を蓄えて帰ってきた後は宿泊施設で経験値を増加、といった使い分けができるようになっている。

宿泊施設に泊まらずにキャンプばかりだと、段々顔や服装が汚れてくる。
セリフも「体がベタベタで気持ち悪い」だの「風呂に入りたい」といったものが増えてくる。


ダウンロードコンテンツ「エピソード・グラディオラス」でも試練の遺跡内で何度かキャンプが任意でできる。
HPが全快するほか、グラディオラスにカップヌードルのバフ効果がつく。
また、休憩すると選択したのち任意でセーブを行える。

  • さらに余談だがキャンプのシーンが出たのちコル将軍とのFace to Faceのイベントがあり、いずれの標でも「聞きたい」の旨の選択肢を選ぶとコル将軍が試練に臨んだ時の話やギルガメッシュの話などを聞くことができる。
    あえて聞かないでおくこともできるが、ストーリーの核心が気になる人は全部聞いてみるといい。

ダウンロードコンテンツ「エピソード・プロンプト」でもキャンプできる標が1箇所だけある。
一応バフは付くようだが、何の食事のバフなのかは不明。
グラディオラスのキャンプと同様に、どちらかと言えばイベント要素が強く、最初のキャンプについてはプロンプトが焚き火で腕の印を「こんなもの!」と焼き消そうとするか、「やっぱりできない…」ととどまるかをFace to Faceで選ぶ。

  • ちなみに、焼き消そうとしてもやっぱり消えず、アラネアにポーションを火傷したところに使われるというシーンが追加される。

その後のシーンではプロンプトがアラネアに「(みんなが)オレのことなんか言ってた?」「みんなは無事?」とFace to Faceで聞くことができる。
もちろん聞かないでおくこともできるが、気になる人は聞いてみるといいだろう。


ダウンロードコンテンツ「戦友」では、クエスト開始前の準備を整える拠点となっている。
ここで缶詰や野菜などの食材をあらかじめ手に入れとくといいだろう。
で、クエストが成功するとプレーヤーたちが持ってる食材とあらかじめキャンプで用意してる食材を用いて料理が作られる。
この料理を作るのは大半はモニカだが、シドニーやシド、オールド・レスタのクロウズ・ネスト店長が作ってくれることがある(残念ながらイグニスはいない)。
モニカ以外が作った場合は食材に関係なく決まったメニューが出てくる。

  • 余談だけど、準備の時に標から離れすぎるところまで行くと「1人で標から離れるのは危険です」のメッセージとともに戻されてしまう。

実在のアウトドア用品メーカー「Coleman(コールマン)」社とタイアップしているため、キャンプで使用されるテントなどは同社の製品となっている。