Top > ジョブ > 【ギャンブラー】
HTML convert time to 0.007 sec.


ジョブ/【ギャンブラー】

Last-modified: 2016-12-09 (金) 21:23:43

FF6 Edit

セッツァーの職業。極論を言えば無職。

  • ギャンブラーが無職だなんてパチプロの人に失礼だろ!! …という冗談はさておき。
  • いちおうセッツァー自身はカジノ経営者だから無職ではないな。とはいえメニュー画面のジョブ名が「オーナー」とかだったらガッカリだからwこれでいい

ギャンブラーなんてどんな武器で戦うのかというと、
ダーツ、サイコロ、カードなどギャンブルで使用するものばかり。
インドア派のステータスかと思いきや、それなりに重装備できてしまったりする掴みどころのないジョブ。


固有コマンドはスロット
スロットを回して出たリールによって様々な効果が発動するというもの。
ジョーカーデスからあまりにもショボい回復まで幅広い効果を持つ。

  • FF6のミシディアうさぎはHP小回復だけでなく、暗闇睡眠状態の治療も行える。
    種類が限定されるとはいえ、複数人の状態異常を同時に治せる技は貴重であり、一概にショボイとは言えない。

世界のどこを探してもギャンブル場はブラックジャック号の中にしかないので、
どうやってギャンブラーとして生活費を稼いでいるのかが気になる所である。
時々ブラックジャック号で金持ち相手に賭博大会でも開いていたのかもしれない。

  • 同人設定では、ジドールの物好きな貴族相手に稼いでいた、というものをよく見る。

セッツァー自身がカジノを所持しているので、どっちかってーと「胴元」とか「元締め」の方が実際に即している気がする。
譲っても「ディーラー」とか。

  • 彼は最速の男を目指す「パイロット」でもあるんだよなぁ・・・。ますます「ギャンブラー」から遠ざかっていく。
  • FFのジョブには社会的なつながりが無いから、職業というか、勝手にそういう風に生きてるだけだからね。良いんだよ。

FF10-2 Edit

STORY LV.3で手に入るドレスフィア。10で登場した「わいろ」は健在。
ほかにも一か八かの大ダメージを狙う「トゥーダイス」「フォーダイス」や4種類のスロットを含む「ギャンブル」が目玉。
敵全体を混乱させる「ゆうわく」も使用可能。
EXP2倍アイテム2倍などおいしいアビリティも覚えられる。


絶対クリティカル」がとても強力。うまく使えば強力なモンスターもハメ殺しが可能。
また属性王との相性も実にいい。


マジックスロット」と「ランダムスロット」の性能は異常。というか目押し簡単すぎ。

  • オメデトウ!はアイテム・ギル稼ぎに持ってこい。ボスからはアイテムがもらえず帰らないという特徴があるがギルはもらえるため、シヴァあたりは安全にそこそこの金額が何度ももらえる。

手持ちのカードをファン状態(扇状に開くアレ)にし、斬り付けるように攻撃する。
モーションも意外と速い。

  • ただし、「たたかう」で攻撃すると経験値が得られないとかなんとか。
  • カードを飛ばしてるんだよ。よく見ると敵に刺さってる。クリティカルが発生すると見れなくなるけど。

このドレスを手に入れるにはスフィアブレイクの大会でシンラ君を倒さなければならない。
スフィアブレイクが苦手なプレイヤーには入手難易度が高いドレスである。

  • 一応大会でなくても手に入れる事は出来る。
    しかし手に入れる為には結局、シンラ君に勝たなければならない。

デザインは見たまんまセクシー路線のドレスフィアであり、リュックは網タイツまで装備している。

  • 3人ともかなり際どいラインまで露出しているのだが…
    普段から露出度が高いから気にならないのだろうか。
    スピラは本当に露出狂が多い。スピラ万歳。

ちなみに、インター版での名称は「Gambler」ではなく「Lady Luck」となっている。


ギャンブラー登場時、ユウナはスペード、リュックはクローバー、パインはダイヤスポットライトが当たり、誘惑使用時にハートのライトが当たる。


ギャンブラーにドレスアップする際の台詞は以下の通り。
「イカサマなしで…勝負!」
「勝つも負けるも運次第っ!」
「勝負師ユウナ参ります!素人さんは手出し無用!」
「まぐれ当たりもあるかもね!」
「命を賭けた、大博打!どう?燃えてくるでしょ?」
「お楽しみは、これからっ!」
「さーって、遊んでこっか!」
「貧乏クジ引きたい!?」
「運試しをしようか」
「ただの遊びと思うなよ?こいつは命のやり取りだ」
「何を賭けてもらおうか…」
「私のゲームに付き合いな」

FFB Edit

ムーア地方のエリア「大森林7」をクリアで獲得。
得意アビリティは技、得意武器は銃・追加得意武器は投てき。
上位ジョブのアサシン話術士獲得のための条件になっている。


初登場時の得意武器は短剣だったが、後に武器の種類増加と得意武器の追加に伴って銃と投てきに変更された。
確かにナイフよりは飛び道具の方が似合いそうなイメージだが。


FF6のセッツァーを意識した格好。大鎌を装備させると死神っぽく見えて意外と似合う。

余談 Edit

元々はFF5で登場する予定だったらしい。
しかし他のジョブに比べて明らかに浮いているのでボツになったんだとか。


FF11には「コルセア」というジョブが存在する。
銃をぶっ放してダメージを与えつつ、ダイスの目に応じて効果度合いが変動するバフや(出目によってはデメリットを受けることもあるため丁半博打)、カードごと敵を撃ち抜き、既にかかっている弱体効果をアップさせる…といったアピリティを持つ。

  • もともとは「ギャンブラー」として開発されていたが、英語圏では「ギャンブラー」という言葉から受ける印象が悪すぎるため、別の名称が付けられることになった。
    • イメージ的にはぶっちゃけセッツァーや『パイレーツ・オブ・カリビアン』等に代表される「カリブの海賊」に近い。
      とゆーかそもそもギャンブラーがマズイからコルセアってのはどうなんだろう。そもそも「コルセア」とは元々私掠船の船長と言った意味であり(→Corsair)、ギャンブルとはあんまり関係ない。
    • 「あんまり関係ないからこそ、余計なイチャモンを付けられにくい」ということ。
      あくまで性能面がギャンブラーというだけ。