Top > ジョブ > 【学者】
HTML convert time to 0.009 sec.


ジョブ/【学者】

Last-modified: 2017-09-19 (火) 19:01:40

FF3以降登場するジョブ。
学者、というからには知性派の様な印象を受けるが、
初登場のFF3では「で相手を殴る」武闘派ジョブであった。
リメイク版FF3や後年の作品では魔法に関する能力も保持している。
一説によれば、FF2の有名なバグ技「魔法の本装備」を元ネタとして作られたジョブらしい。

  • ファミ通の冊子で付いてきたDS版FF3の攻略本にも「バグから生まれたジョブ」と書かれていた。
    • まあファミ通の冊子じゃ真偽のソースにはなりそうにないが。「ネットの噂をそのまま書きました」とかやってても驚かん。
      • 実際、ファミ通ワンダースワンで似たようなことやらかしてるよ。ファミ通WS事件で検索すれば出てくる。

FF3 Edit

火のクリスタルの称号の一つ。
知的そうな外見とは裏腹に、手に持ったもしくは辞典で殴るのが攻撃方法。なんと野蛮な。
固有コマンドは敵の弱点属性を暴く「みやぶる」と敵のHPとMPを表示する「しらべる」。
バリアチェンジを使うボス・ハインのためだけにあるジョブで、
能力的にも最低のため、この先使われることはない一発屋。
とはいえ、攻撃の際に本を何回も振る姿は必見。やっぱり本の角で殴っているのだろうか。

  • 確かに、学者が読むような本は殴ったら人を殺せそうなものばかりである。
    まぁ学者でなくてもそういうのを持ってる人はいるけど。
  • 某「われらホビーズ!ファミコンゼミナール」では、学者(役のキャラ)の攻撃手段が「二冊の本で、夏休みの宿題をやっていない敵にダメージを与える」というどうやってダメージを与えるのかわからない解釈がされていた。

能力的に見れば知性が高く力・素早さもわりと高め。が、体力の低さが酷すぎる。
伸びない区間の「たまねぎ」と同等以下という虚弱さはとにかく酷いの一言。
Lv50時点での体力はなんと1桁。当然このジョブばかりでレベルを上げるととことんHPがヘタれる。
DS版で学者は大幅強化されたが、この虚弱さはしっかり引き継がれた。
 
ちなみに、FC版でもハインはバッカスの酒を使えば物理ジョブで押し切れてしまう。
レアアイテムを惜しまない、かつ学者を使うのが面倒という人はそれで乗り切ってしまうとよい。


唯一にして最大の活躍場所はハインの城だが、道中はシーフのとんずらで逃げ戦力を温存したいため、ハイン戦直前にジョブチェンジする活用が一番効果的。
それが影を薄くしている一番の原因である。
また、「がくしゃのぼうし」「がくしゃのふく」共にこの時点では白魔導士・黒魔導士にとって有用な防具のため、用事が済んだら装備だけが使われるのも影を薄くしている原因である。

  • とんずらで逃げて戦力温存、なんて割と特殊なプレイのような……

体力の低さゆえ常用しすぎは考え物なジョブだが、本をマメに持ち替えて相手の弱点を突いていけばザコ戦ではいい仕事をしてくれる。
イメージ的に魔法系ジョブから学者にスイッチさせたくなるが、学者のウリは「属性武器で殴れる」ことなので、
戦士かモンクのいずれかで過ごしてきたキャラを学者にして、白魔・黒魔で通してるキャラは現状維持したほうがよい。


グラフィックの髪型が前作のゴードンに似てる。
ヘボジョブとヘタレキャラ。何の因果か・・・

FF3(DS版以降) Edit

戦闘中のアイテム使用時威力が2倍」「レベル3までの黒魔法を使用可能」
「『みやぶる』と『しらべる』が統合され、イレース効果も付加」
などの便利な能力が追加され、FC版よりもかなり使いやすいジョブとなった。
ただし、体力補正が全ジョブ中最低なので、このジョブでレベルアップすることは絶対に避けたい。


知性も最高クラスの高さとなっており、攻撃アイテムを確保できればかなり有用。
シーフが盗みまくったりアイテム増殖技を使うなどして対処しよう。
ボス戦前だけ学者にジョブチェンジし、
温存しておいた各種攻撃アイテムを惜し気もなく使いまくる、というのも強い。
天狗のあくび」でのガルーダ瞬殺は有名。

  • 知性の高さによって、レベル3までの魔法も本職である魔道士系を超える威力を発揮する。
    学者を道中で使いたいがアイテムをボス戦まで温存したい、という場合に有効。
    移動中はアイテム2倍効果が発揮されずポーション系の回復量を増やせないが、その代わりにケアルケアルラで回復役を担当できる。

どのキャラも眼鏡を掛けている。アルクゥはまさに似合っている。
また、レフィアのツインテールを見られるのは学者のみ。絶対領域もある。
ルーネスイングズは後ろにマントがある。


攻撃アイテムのブースト効果に隠れているが、
回復アイテムの効果を2倍化できるのも地味に便利だったりする。


使い勝手・活躍しやすい場面共にFC版とは対照的になった印象。
アイテム集めの手間を惜しまないのであればシーフと組ませ、惜しむのであればボス戦にピンポイントで投入すると良い感じ。

FF3(PSP版) Edit

アイテム増殖技がなくなったため、シーフと組ませる事がほぼ必須。
それでも毎回アイテムを使っていては足りなくなるので、レベル3までの魔法や杖・棒、そして本での物理攻撃なども活用していく必要がある。

FF4TA Edit

ダムシアンの秘書、ハルの肩書き。
ただし正確には「秘書」であり、「学者」ではない。
コマンドもぜになげみやぶると、他作品の学者とは一線を画している。

FF11 Edit

拡張ディスク「アルタナの神兵」で追加されたジョブ。
「『シュルツ流軍学』を学んだ軍学者」という設定で、水晶大戦当時は軍の作戦立案や指揮を担当した軍師的存在。
ある事件のせいで世の学者達は一人残らず粛清されてしまい、一時的に廃れてしまったが、ケット・シーの介入で過去へ跳んだ冒険者達が、学者というジョブを現代に再び蘇らせた。


「モードチェンジできる魔道士」がコンセプト。
魔法を有効活用するためのアビリティを多数持っていたり、白魔法もしくは黒魔法に特化できたりする。
ただし素の学者自身の能力はやや劣っているので(特に素の状態で使用できる魔法が少ないのが痛い)、サポートジョブに魔道士系のジョブを付けたり、使用可能な魔法を増やす「白の補遺」「黒の補遺」で補う必要がある。


戦術魔道大典「グリモア」を常に携帯しており、アビリティ使用時に瞬時に具現化&展開する。
しかし、この本は打撃攻撃に用いることはできないため、「本で相手をぶっ叩く」シーンは見られない。
残念である。
※一応、武器としての「本」は存在するが、ステータスブースト用。攻撃には使えない。


詳細はこちら→学者

FF12 Edit

NPCに居る。設定上はあるというだけだが。
このジョブについての兵法に記された古代の書物を手にすることで、
物質系モンスターからのおたからを追加入手できるという。

FF14 Edit

学者/SCH
メイン武器魔導書リミットブレイクLv3エンジェルフェザー
ロールヒーラーベースクラス巴術士?

新生エオルゼアから追加された巴術士から派生するジョブ。
回復が得意な「エオス」、強化が得意な「セレネ」という2種類のフェアリーを使役する。
過去作ではどちらかというと攻撃よりの傾向が強かったが、今作では回復役寄りとなった。


「バリアヒーラー」という位置づけで、味方を回復しつつ敵からのダメージを抑えられるのが白魔道士との差別点にして学者の長所。この特徴はエンドコンテンツにおいて特に有用となる。
また、DPSクラスの巴術士から派生するジョブのため、ヒーラーの中では安定した攻撃能力を発揮することもできる。
その反面、回復魔法の習得がジョブ取得後のクエストに依存する為、白魔道士と比べると似たような効果を持つ魔法(エスナ等)を覚えるのが遅いという欠点もある。


詳細はこちら→学者

FFTA2 Edit

ン・モゥ族のジョブとして登場。武器は書物
クエスト「がくもんのススメ」終了後、賢術×1、時魔法×1でチェンジできるようになる。
アビリティの「知識」は種族限定や敵味方お構い無しの全体攻撃魔法があり、
属性吸収をうまく使いこなせば、算術同様に使っていける。


幻術士とある意味かぶっているためか、微妙な印象もあるが味方全体を攻撃できるのがポイント。
吸収属性は勿論のこと、使用MP吸収などで仲間全体のMPを回復する手段にもなりえる。


何気に物理攻撃の成長率がナンバー1

  • その成長率はなんと闘士やバスタードなどと言った前衛ジョブと同レベルである。肉体派過ぎる。
  • その一方で魔法攻撃の成長率はン・モゥ族のジョブの中では低い方なのでレベルアップの際は要注意したいところ。
  • ンモゥにしては防御力とスピードが上がりやすく魔法のつよさが十分に上がったンモゥの育成に向く。

光の4戦士 Edit

アイスドラゴンを倒すと武道家と一緒にクリスタルから授けられるクラウン
敵を弱体化させる事に特化している。
クラウンの特性はを装備するとHP以外の能力が10%上昇すること。
初期状態でのアビリティは「ひりき」。
レベル2は「なんたい」、レベル3は「あしどめ」、レベル4は「じゃくたい」。


アビリティはいずれも強力だが、全体的に命中率が低いのが難点。


学士帽のせいか賢く見える。


防御要員としては精霊使いの方が使いやすい。


アビリティはいずれも敵の能力を下げるもの。
光の4戦士の敵モンスターは、ステータス異常耐性がない、もしくは即死・石化・呪いの3つだけ、というヤツがほとんどなのだが、たまーにステータスダウンに耐性を持った敵がいる。
攻撃魔法を持たせるか、いい本を装備させて殴るなどの手も用意しておくべきだろう。

FFB Edit

ミラルカ地方のエリア「海竜の神殿7」をクリアすると獲得できるジョブ。
上位ジョブの導師の入手条件になっている。


グラフィックはFF11の学者アーティファクトスカラーアタイア」を参考にしたものと思われる。


得意アビリティは「魔」だが、得意武器は「格闘」になっている。
これはFFBでの本系武器の分類系統が格闘扱いになっているため。

FFRK Edit

主人公デシのジョブが「歴史学者」となっている。
デシは何でも装備できるキャラだが、必殺技付きの武器は全てで統一されている。

チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮 Edit

チョコボシリーズ/【学者】