Top > ジョブ > 【風水士】
HTML convert time to 0.013 sec.


ジョブ/【風水士】

Last-modified: 2017-11-14 (火) 22:38:05

主に、自然の力(地形・風水術)を利用し、攻撃をするジョブ。
シリーズによって外見が変わるが、基本的に風水とは関係のない格好をしている。


「風水」は古来より中国で有名なものであるが、初登場時から全く関係ない姿をしている。


キャラクター/【風水士ユグギル】
特技/【風水士】


「風」や「水」といった属性が絡む単語が並んでいるので、「士」が「土」にも見えてしまうかもしれない。


FF3 Edit

パジャマ姿で顔が真っ黒。FF3での漢字表記は「風水師」。


初出。水のクリスタルから取得できる。
ジョブコマンドの「ちけい」はノーコストで発動できるが、
失敗すると自分に最大HPの1/4もの反動ダメージが入るという凶悪な仕様で、扱いが難しかった。
ただしなどの成功率が高い場所ではなかなか有用。

  • ザコ戦ではある程度のダメージは避けられない。
    よって戦闘後に回復する準備は誰でもしているはずなので、反動ダメージはほとんど気にならない。
    • もちろん成功率の高い地形に限る。
      失敗してしまえばダメージを受けるだけでなくダメージを与えることもできないのだ。

ベルを手に持ち戦うというファンタジックなジョブだが、その用法は鈍器としてハンマーのようにぶん回すという豪快さ。
神秘の力で強化されているとか、音を利用し飛び道具扱いになっているとかいった優遇処置もなく、ベル攻撃は当然のように弱い。
画面上の見た目だけなら、結構痛そうに見えるのだが……。


孤島の村ダスター発祥のジョブ。
村にいる風水師も当然ながらパジャマ姿。

  • 赤に塗り替えればサンタクロースも同然。
    • 顔が真っ黒のサンタさんてイヤだな…煙突潜った直後か?w

海底洞窟時の神殿は地形が海扱いになっているため、水中を探索している期間は本当に強い。
地形が失敗しにくく高威力というだけでも強力なところ、なんと全体攻撃でもある。


小人ダンジョンである魔法陣の洞窟や耐久戦となる古代遺跡に強いとする意見もある。
黒魔法や幻術と違い、MP切れしないのがメリットにはなるか。
ただし自爆が頻発するため、HPの回復手段は潤沢に用意しておかないと危険。

  • 正確な計算式はデータが見当たらないが、体感では洞窟で発動するかまいたちの成功率は50%程度。
    半分は自爆というストレスに耐えられるなら、ありか。

体力の低さが密かな泣き所。

FF3(DS版以降) Edit

DS版では取得時期が、火のクリスタルからに変更。
ちけい」の反動ダメージの設定がなくなり、威力の増強、レア技の「シャドウフレア」追加など、かなりの強化がなされている。
バリアチェンジを使う「まどうしハイン」や、魔法に耐性のあるゴールドル相手にもコンスタントに高いダメージを叩き出せるため、中盤戦の要ジョブ。


エスキモーのような、もこもこの着ぐるみ。イングズのみ後ろのリボンがない。
他の3人は後ろにリボンがある。人によって異なる。

  • ちなみに、エスキモーってのはアラスカ(国じゃなくてアメリカの州)に永住する民族のこと。
  • 「イヌイット」とも言うよね。確か。
    • 「エスキモー」は人によっては差別用語に当たる可能性もあるので、イヌイットの方が正しいと聞いたことがある。
    • アイスクライマーかと思った。

ちけい」コマンドはFC版と違い、同じ地形上でも複数の技がランダムで発動する。発動する攻撃のバリエーションも増加しているが、海との相性だけは悪くなったようにも思われる。
他の地形上で大活躍できることを思えば、圧倒的に強くなってはいるのだが。

  • ランダムとはいえ、全て攻撃系。仲間の回復とか補助、味方を巻き込む攻撃なんてのはない。

発動する技は選べないものの、黒魔法を唱えるのがバカらしくなるほどの威力を誇る。
中盤は全員風水師でゴリ押ししても意外と平気。
エウレカではシャドウフレアの発動率が著しく上昇するため、手が付けられない存在に。

  • しかし中盤以降にやたら水関連のダンジョンが多いため、はずれ技と言われる渦潮がそれなりに出る。防御の薄さも不安であり、バランス型パーティーより楽、という訳じゃない。

一部ベルの攻撃力が入手時点では頭ひとつ抜きん出ているため、ジョブ熟練度が低いうち(かつ手熟練度が高いと)は前へ出てボカスカ殴っても意外とダメージを与えられる。
尤も盾が装備できないため防御面では微妙だし、物理攻撃はモンクなどの物理系ジョブに任せたほうがいいのだが、上記の通り地形の扱いにくくなった海系ダンジョンでは、ベルで殴ってみるのも悪くない選択肢かもしれない。

  • 防具には恵まれず、後列でも意外と簡単に転がる。ベルの攻撃力も後列から殴ることを想定した数値なのかも。

「ちけい」は相手の能力に関係なく、使用者の能力のみによってダメージが決まる。
魔法防御力のクソ高いゴールドルもボコボコにできるし、属性耐性もバリアチェンジも関係なし。
良くも悪くも安定した結果を出せる。

  • あらゆる敵に効く、威力は熟練度依存、という訳で、あまりジョブチェンジしたくない人向けのジョブかも。

FF5 Edit

自然の力を利用することに長けており、ピエロのような姿をしている。
固有コマンド「ちけい」はその名の通り地形に応じた魔力依存の特殊攻撃をMP無消費でランダムに使う事が出来る。
短剣が装備できる他、後列からでも攻撃力の変わらない「ベル」を装備できる唯一のジョブである。
火のクリスタルの欠片に宿っており、カルナック城脱出後に入手できる。


ジョブ特性として、落とし穴の一歩手前で立ち止まって存在を知らせてくれる「おとしあなかいひ」と、ダメージ床(溶岩・毒草など)のダメージを無効化する「ダメージゆか」を持つ、ダンジョン攻略時には非常に重宝するジョブ。

  • 走りすぎて、落とし穴を発見しても止まりきれないのは誰もが通る道。
  • 習得アビリティが3種ともにステータス補正皆無。
    白・青・時魔なみの魔力を持つため、「ちけい」に魔力補正があったら強すぎたのかもしれないが……
    他2つのアビリティに魔力補正があっても微妙に困るので、順当ではあるのだろうか?
    どうせなら「ベルそうび」でも作ってくれればよかったのにと思わざるを得ない。
  • 魔力は全ジョブ中、時魔道士と同率で4位、3位の白魔、6位の青魔と其々1Pしか魔力が違わない。そりゃ強い訳だ。
    ただし、魔力依存の「ちけい」は魔力プラス補正が付かないので、召喚・白・時魔以外のジョブに付けても風水士が使った時より威力は落ちてしまう。

ジョブマスターに必要なABPは175とFF5全ジョブの中でも吟遊詩人と並んで最低なので、入手したら早めにマスターさせるのが良い。

  • 逆。風水士にチェンジすれば風水士の能力が全てくっついてくるので、ジョブ特性が優秀だからこそ「ちけい」以外のアビリティは風水士で使いたい。
    ABPを稼ぐ事を考えると、マスター後にダメージ床や落とし穴回避だけを他のジョブに付けたりするより、その時間150P分他のジョブを育てて、必要な時に風水士に戻して三つの能力全てを使いつつ、もう一つアビリティをセットした方が戦術の幅が広がる。
    早期にすっぴんを使いたい理由でもあるなら別だが、そうでなければ基本的に、ちけいを覚えた後は放置して、他のジョブを育てた方が効率が良い。極めるのは第三世界に入ってからで充分間に合う。
    また、落とし穴やダメージ床が厄介な場所はエクスデス城や大海溝等数少なく、他は使う必要が無いのも早期に極める必要が無い理由の一つ。
  • ジョブアビリティ「地形」はなかなか強力な上にABP25という早さで習得出来る。
    なので以後は「魔道士系に付ける」などで重宝するものの、逆に「風水士でなくとも地形が使える」ためにジョブレベル1、ABP25強で放置されがち。
    エクスデス城10階の落とし穴地帯などのピンポイントでは必要になるが。

能力値補正が全てプラスなのも特徴。
力・素早さ・体力(HP)は微増だが、魔力補正は本職の魔道士並み。「ちけい」の多くが魔力依存だからなのだろうが、そのおかげで白魔法なども十分使いこなせる。
また「ちけい」を白魔道士などに付けておくと、回復の必要のない状況でも遊ばせる必要が無くなり、「ちけい」その物がノーコストで発動するため肝心の白魔法のためのMPを無駄遣いする心配が無いなど、結構役に立つのだが。


格好がパジャマ、もしくはスキーウェアに見える人もいるとか。

  • 頭がすっぽり入る大きなナイトキャップ(サンタクロースがかぶっているアレ)がトレードマーク。
    バッツは衣装の襟(?)も大きいため、顔は目以外はほとんど隠れてしまう。ただし顔は黒くならない。

FF6 Edit

ストラゴスの妻であるララ(65歳)の職業が風水士であるという裏設定がある。
設定/【FF6の裏設定】


ゲーム中ではモグが使用するアビリティ「おどり」が
他シリーズにおける風水士の能力に近い。

FF11 Edit

2013年3月に発売された追加ディスク「アドゥリンの魔境」で実装されたエキストラジョブ。


「スフィア(範囲内の敵または味方に影響を与えるフィールドを展開する能力)」に特化したジョブ。
風水魔法で前述のスフィアを展開できるのだが、風水士自身を中心に展開する「インデ・コルア」と「羅盤」と呼ばれるオブジェクトを生み出し、そこを中心に展開する「ジオ・コルア」を同時展開可能。
2つのスフィアを展開して味方の強化や敵の弱体を行いつつ、さらに羅盤に働きかけたり、ラ系魔法で敵を直接攻撃したりと、テクニカルかつ忙しいジョブとなっている。


イメージイラストは『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』の萩原一至氏によるもの。
着ている装束はアーティファクトジオアタイア」に、手にしている棍棒はエルゴンウェポンとしてゲーム内でも登場している。


詳細はこちら→風水士

FF14 Edit

4.05時点では、NPC専用のジョブでプレイヤー側には未開放。
ひんがしの国が発祥で、占星術師のジョブクエストで登場。
ジョブクエスト中のバトルにおいては、片手持ちのベルの様な武器を使い、
結界の様な物や特殊な術を使って戦う。
NPC専用だからかジョブの特性だからかなのかは不明だが、何気に頑丈。

  • スキルや武器が妙に作り込まれている為、そのうちプレイヤー側にも開放される……かもしれない。

FFT Edit

FFTではアメリカ先住民族を思わせる衣装を身に纏い、が装備できる戦士系のジョブとして登場。ミニスカな女風水士のファンはきっと多い。
地形の神秘の力を引き出し、風水術として敵を攻撃する。
 
モンクのジョブLvを4にすればチェンジ可能。
風水士のジョブLvを2にする事が忍者へのチェンジ条件の1つ。
また、ものまね士と女性専用ジョブ踊り子はLv5にする事がチェンジ条件の1つである。
 
習得できるアビリティ攻撃力アップはアグリアスら剣を使う固定ユニットには何気に有難いジョブ。

  • ミニスカというかボトムスレスというか。
  • 非常にスレンダーに見えるせいか二次創作では「まな板」扱いされる事が多い。
    ・・・ジョブチェンジで体格が変わるはずはないんだがどう見ても変わっているようにしか・・・
  • というか風水士は下着などを一切着けてないように見える。そう思うとまな板も否定できる

魔法型と思いきや戦士タイプのジョブとして登場。
戦士系のジョブとしては魔法攻撃力が高いので、
リミットが魔攻依存のクラウド辺りはこれにしてしまうと言う手もある。

  • 手もある、というかクラウドの最終ジョブ候補筆頭だったりする。
    リミットを使うにはショートチャージがほぼ必須であり、剣を装備できない(剣装備可能を付ける必要のある)ジョブではそちらとショートチャージを両立できないので、初めから剣を装備できるジョブであることが望ましい。
    そうなると候補はソルジャーナイト・風水士(+暗黒騎士)のみとなり、その中では最も魔力の高い風水士が一番使いやすいのだ。
    なお、ソルジャーが風水士より優れているのはリボン系が装備可能という一点のみ。
    それ以外の装備品・パラメータ補正などは全て風水士の方が上である。
    • HP補正はソルジャーの方が上。

黒本によると、FFTでの風水術による追加効果発生率は1/8らしい。


固有ジョブを除くと、攻撃力/魔法攻撃力が最もバランスよく高い。
ゆえに一般ユニットで魔法戦士的キャラを使いたい時にとりあえず使われることも。

  • 白魔法をセットすると、風水術による範囲攻撃、白魔法による回復とホーリーによる単体攻撃、
    そして剣による近接戦闘まで一通りこなす便利キャラになってくれる。

風水そのものの威力はさほど高くないし、追加効果の発動確率も微妙だし
総じて面倒臭いジョブであると言えるが、その効果の半端さ、不安定さが使っていて楽しい。
ミニスカ女風水士だけでなく、オリエンタルな半裸で肉弾戦を挑む男風水士のオス臭さも
決して忘れてはいけないポイントである。

  • 発動する地形攻撃は敵の足場ではなく、術者の足場に依存します。
  • ノーコスト、ノーチャージで範囲攻撃可能かつ装備品にも恵まれ
    アクションアビリティに必要なJPは一律150と低めで簡単に揃えられる。決して弱いジョブではない。
  • リアクションアビリティの風水返しは、ノ―コストの範囲反撃なので、敵が密集する場所だとなかなか役立つ。
    しかもステータス異常のおまけ付きである。
  • むしろ究極の大器晩成型。魔力99にしてみたら、こいつが最強になった。
    999ダメージの長射程、範囲攻撃、必中、防御無視を、ノーコストで即発動するので恐ろしく強い。
    高魔力で一気に化ける某たまねぎみたいなジョブ。

完全魔力依存の「引き出す」と違い数回のレベル上げ下げでチョコメテオの三倍強のダメージ+わずかに長い射程+小範囲+追加効果、のチート技と化してくれる。

  • 風水術の威力は、D=[(物理AT/2)+1]×魔法ATであるので、比較的成長させやすい物理ATを補強するだけで十分だったりする。(物理ATが99でD=50×魔法ATとなる。)
    魔法ATを補強しなくても、レベル99の風水士の魔法ATは13前後であり、これに装備で魔法ATを20まで伸ばせば風水術の基礎ダメージが1000となりカンストする。(例えばルーンブレイド・イージスの盾・閃光魔帽・魔術師のローブ・魔力の小手で魔法ATを8伸ばせる。)
    • ここまで聞いて気付いたかもしれないが、ローブオブロード源氏の小手ティンカーリップのような物理ATと魔法ATの両方が上昇する装備をフルに活かすことができる。
      源氏の小手は残念ながら通常入手不可、ティンカーリップはPSP版oriPhone版限定かつ女性専用なのが難点。
      ローブオブロードは実際は魔術師のローブを装備した時とダメージは変わらないが、HP補正は圧倒的にローブオブロードの方が勝っているので風水術を使う事に限れば上位互換と言える。

特に秀でたところはないものの、盾装備可能な上にMove4とかなり扱いやすい。
シーフの帽子が使えるのも騎士系には無い利点。
他にもルーンブレイドやイージスの盾など優秀な装備が可能で、
特に女風水士は支援役としてかなり優秀と言える。

  • 「盾+ローブ+軽装備」を最初から装備可能な汎用ジョブは風水士だけだったり。
    HPが軽装備系の中で最も高いこともあって、耐久と装備効果を無理なく両立可能。
    MPと魔法攻撃力の補正率も戦士系の中では最も高く、装備によってはHPの高い魔道士としての運用も可能。
    武器も騎士剣こそ装備できないが、終盤までは普通の剣でも一線級だし
    最終的にルーンブレイドや属性強化アイスブランドあたりと相性が良く威力も通用する。
    装備性能に関しては汎用随一と言っても過言ではないくらい。
    • さらにPSP版・iPhone版ではムーンフェイスで簡単に永久ヘイストを得られるようになったため、
      汎用ジョブの戦士系としての最終形態候補の1つにあげられる。

所謂常に上半身裸で戦うモンク以外では珍しい極めて露出度の高い衣装になる(男のみ)。


とりあえずドンムーブ又はストップにしてからジャンプで飛び掛ったりする。


古代エジプト人のような格好。

  • エジプトと言うよりアメリカンインディアン(ネイティブアメリカン)の方が近い。
    オープニングムービーでも「Elemental User」と振られているし、自然信仰、精霊信仰などは自然を操る風水術とイメージが合う。
    斧装備もトマホークを使っていたインディアンの印象が強い。もっともそれはヨーロッパから持ち込まれた物が元だけど。

風水術の威力は地味だが扱いやすい。肉弾戦も得意ながら、魔法や「引き出す」の威力も低くない、物魔両道キャラ。


装備品が序盤から入手しやすいものであることも重要なポイント。
忍者や侍、竜騎士などはある程度チャプターが進まなければその力を発揮しづらいが、風水士は序盤であっても無理なく装備を整えられる。


敵ユニットだと、サブアビリティに風水術をつけているユニットは多く
たびたび面倒な思いをさせられる。
ランダムバトルでもちょくちょく出てくるジョブではあるが、
ストーリー中で戦う機会は、聖ミュロンド寺院1回だけである。

FFTA2 Edit

グリア族のジョブ。を装備して戦う。
チェンジには「狩り」を1つ習得し、サブクエスト「風水門」をクリアする必要がある。
このクエストは「ハレ」「アメ」「ユキ」「キリ」の4つがあり、全てクリアしなければならない。
そのため、他のジョブに比べて解禁に手間がかかる。

何故か物理・魔法防御力の成長率が高い。
しかし魔力依存の技を覚えるにもかかわらず、魔法攻撃力が低い。
ジョブコマンドの「風水」を積極的に使いたいなら、ラプターで育てたほうが良い。
それでも他種族の魔道士と比べると見劣りするが。

  • 一応満タン強化で強化できなくもない。風水は射程が長く結果的に攻撃を受けにくくなる為、相性がいい。

「風水」は天候や使用者の立っている地形により使用できる技が変わる。
ダメージと状態異常を与える技が多い点は精霊魔法に似ているが、技の制約が厳しい点で劣る。
FFTの「風水術」やFF5の「ちけい」と異なり、MPを消費するので注意。

  • ミストと闇吸収装備があれば永久機関になれる。

服装は何処か中華風。というよりドラコケンタウロスのようである。

  • むしろドラコそっくりなデザインに噴いた。

DDFF Edit

ラビリンスで登場するジョブカード
ストック中はEXIT選択時にもラビリンスアイテムを持ち帰ることができる。


ラビリンスアイテム集めの場合、ふとした事故でEXITを選ばざるを得ない状況に陥った時に備えて一枚はストックしておきたい。

  • 「集める」場合よりも、「持ってきた」場合に特に手持ちにいれておきたい。

FFB Edit

スタート開始記念ジョブ。
初めてログインしてから、7日目で入手できる(連続ログインでなくてもよい)。
得意武器は楽器。得意アビリティは「技」。Lv10での追加得意武器は「斧」。
お人形みたいで可愛らしい格好をしている。

  • FFB正式サービス開始時が真冬だったため、季節に合った格好で良い感じだと思った。

2012年9月の時点で、何故かどの上位ジョブの入手条件にもなっていないぼっちジョブ。
ただし楽器が得意武器なのも現時点ではこのジョブのみである。
そのため、アビリティのイラストにのみ描かれている吟遊詩人辺りの条件になるのではとも噂されているが…。