Top > ジョブ > 【魔剣士】
HTML convert time to 0.008 sec.


ジョブ/【魔剣士】

Last-modified: 2018-01-04 (木) 03:01:23

元々は暗黒剣の使い手だったが後の暗黒騎士にその立場を譲って以降、
FF:UやFFTAのレドナの登場などで剣と魔法の使い手のイメージが定着しつつある。


FF3 Edit

水のクリスタルから受け継ぐ称号。
分裂するモンスターを倒すのに有効な『暗黒剣』を装備できるため、FF3では一時期において必須のジョブ。
闇の恐怖を乗り越えた暗黒剣の使い手であり、その剣は分裂して増殖する敵に対してその威力を発揮する。
FC版では何故か白魔法の一部も使えた。
装備する暗黒剣の名前が日本刀からとられていることもあってだろうか、その出で立ちはどことなく後のシリーズのを髣髴とさせるものがある。

  • 暗黒剣は非常に命中率が高く、成り立てでもそれほどストレス無く使うことができる。反面、終盤のボスは全属性耐性を持つので暗黒剣では戦いにくいという側面もある。
    • 魔剣士が装備できる武器のなかで、唯一暗黒属性を持っていないのがえんげつりんである。
      • ナイトと組んでラスダンに挑む場合は、ナイトにエクスカリバー、ラグナロク(ディフェンダー)、魔剣士にマサムネ、えんげつりんが理想。
      • 上記の組み合わせはラグナロク、マサムネ分は半減してしまうので、それを嫌うならナイトにエクスカリバー+えんげつりん、魔剣士にクリスタルの盾+ラグナロク(バグ使用)というのもあり。

装備できる防具が異常なほど少なく、他のジョブが全て装備できるものもこのジョブでは装備できない。
そのため、FF3において全ジョブが装備可能な防具はリボン唯一つのみとなっている。

  • すら装備不可能。日常生活はどうしているのか気になる。まさか裸リボン…?

DS版での変化を考えると、侍というよりむしろ暗黒騎士(またはダークナイト)の原型ともいえる。
死ぬと溶けちゃうあたりから、中の人は黒魔なんだろうな。


設定によれば、魔剣士は負の力を生かした剣士。
かつてはサロニア王室直属だったが、負の力を恐れた王により魔剣士一族は追放され、暗黒剣は封印されてしまった。
 
負の力を扱うのは難しく、ファルガバードでも使い手は風前の灯状態。

  • 作中では分裂モンスターを分裂させずに倒せることと白魔法が使えること以外には装備品が制限されているくらいしか特徴が無いように見えるが何かほかに副作用でもあったのだろうか。
    単にイメージの問題かもしれないけど。
    • 装備品の制限こそが、端的に一般社会での生き辛さを示してるんじゃなかろうか。
      特殊な製法で専用にあつらえた武器防具しか使えないんだぞ。防具どころかただの服さえ身につけられない……のはさすがに、ゲーム的な処置だと仮定しても。
      魔剣士用の装備を他へ使い回すことだって、基本的には不可能だし。(NINJAと伝説の剣は例外)

攻略本いわく、負の力で鍛えられた品しか装備できない。帽子すら装備不可なのは魔剣士だけ。
インビンシブル入手前では一切装備できるアイテムが無く、全く使い物にならない。
武器が使えなければ劣化白魔導士という扱いは狩人と同様だが、防具さえ装備できないのがさらに泣けてくる。
そのぶん暗黒の洞窟突破時点での装備は群を抜いて強力で、能力も体力以外はナイトより上(レベル50あたりまで)。忍者登場まで主戦力として活躍できる。
暗黒装備以外ならクリスタル系も装備可。忍者禁止しているならナイトと魔剣士でエウレカ装備を分配するのがいい。


それにしても白魔法はどうにもイメージにそぐわない。負の力を御する心得として必要だったとか、そんな感じだろうか?

  • 単なる救済措置じゃないだろうか。この辺りのシナリオだと分裂モンスターの密集時期。
    分裂を防ぐ攻撃手段は魔剣士か黒魔法のみ。つまり装備面、熟練値ともに心もとない魔剣士と魔法制限、防御力、HPで限界のある黒魔導師しか頼りに出来ず、その馬力不足をカバーするには回復役を省き、攻撃できるジョブ人数を増やすしかない。
    バランス重視の剣士、黒魔、白魔ではなく魔剣士と黒魔導師のみで構成せざるを得ないプレイヤーもいるはず。魔剣士が回復魔法を使えればそのパーティでも難易度が下がる。
    竜騎士、学者のような「シナリオに合わせその時にのみ輝くジョブ」が多い3であることを踏まえればそう考えた方が自然な気がする。
    もちろん「負の力を制御する心得」という説も深みが増すので否定はしないが。
    • 暗黒の洞窟からテレポで脱出させるためかもしれない。
  • 実はゲーム上では表現されないだけでFF4みたいに自分の生命力を削る剣技で、その削った生命力を補給する為に白魔法を習得しているとか…
  • 負の力に屈しないためには強い精神力が必要であり、精神=白魔法関連のパラメータである事を考えれば初歩的な白魔法が使えるのもそれほど不自然ではないと思うし、負や暗黒が「悪」ではないということをジョブ特性からも伝えたかったのでは?
  • 魔剣士の白魔法だが、終盤に忍者をパーティに入れないのなら使い道はある。
    回数も少ないし効果も小さいが、移動中の回復や戦闘中で導師や賢者の白魔法では追いつかないときの緊急時に補助的に使えるため、あればあったで安心なのだ。

暗黒の洞窟での使用が必須に近いジョブ…なのだが洞窟内で源氏シリーズを揃えるまでは頭と腕の装備がない。暗黒剣二刀流にする場合は防御面がやや緩くなる。
レベルなどにもよるが、片手ヒット数が5もあれば分裂モンスターは菊一文字1本で十分倒せる。
その場合は盾を持って防御面を補うのもいい。

  • 盾やダイヤ系装備で固めたナイトに守ってもらう、白魔法で回復や強化してもらうなど、他のパーティーメンバーからの支援は源氏シリーズが揃うまで必須。暗黒の洞窟をクリアするには魔剣士が三人以上いる極端なパーティー編成は避けた方が安全。
     
    阿修羅と虎徹・菊一文字の差が大きいので複数人編成する場合は後者2つをしっかり回収したいところ。
    洞窟1階までに菊一文字1本・虎徹3本が揃えられる。

アイテム変化技の応用であるジョブ変化技にて、先頭のキャラを忍者に変える時にジョブチェンジする頻度が高いジョブとしては空手家と双璧をなす。
幻術士・吟遊詩人では忍者になっても肉体能力の低さがもろに響くのでこうした肉弾戦向けのジョブの方が、忍者になってからもそれを活かせるからだ。


キャラのデザインはキャプテンがモデルになっている。

FF3(DS版以降) Edit

DS版では魔法はオミットされ、代わりに一定のHP消費と引き換えに敵全体にダメージを与える『あんこく(暗黒)』が使えるようになった。小人状態でも威力は全く変わらないため、魔法陣の洞窟などでも役立つ。
暗黒剣デモンズ2種源氏装備以外にも装備可能な物が増えた為、アムルの町からさっそく使っていく事ができる。ただし魔剣は当分お預け。
それでもブラッドソードなどの普通の剣が使えるのは大きく、「あんこく」で減ったHPを自給自足しながら戦うという芸当も可能なのでFC版より余程活躍の幅は広い。

  • 防具もファルガバードまでは良いものが揃わない。
  • もちろん武器もナイトとの奪い合いは避けられない。

敵の最大出現数の関係上、DS版では分裂する敵が大した脅威ではないため「必須」ではなくなっている。

  • どちらかというと暗黒の洞窟で強い装備が手に入ること、それ自体が利点。

ガルーダ戦における竜騎士と同様、必須でこそないが、いないと苦労するのも事実なので油断はなきよう。
分裂するモンスターは暗黒剣を弱点としているため、魔剣士がいたほうが圧倒的に有利ではあるのだ。
敵のHPが高めに設定されていることもあり、暗黒剣以外の武器で戦うとそれなりに手間がかかってしまう。


レベル99での能力値を比べてみると、DS版よりFC版の方が1だけ高い。更に白魔法も使えなくなったので 個人的に弱体化したと思っている。

  • DS版のLv99のステータス値は力・体力が各71、それ以外は52。入手時は強化されたが、最終的に弱体化されたのか。
  • FC版では力・素早さが各75、それ以外は50。入手時は裸の大将だったが最終的に強かったのか。
  • たかが数値だけで弱体化と判断するとは。装備面で融通が効くようになったのと忍者の弱体化とマスターアイテムの性能から見ても弱体化したとは言い切れんと思うが。まぁ敵の出現数の関係で「暗黒」が微妙なのは否めんか…
    • 確かに目先の数値のみで判断するのは軽率だな。
      装備可能品は幅広くなったし、戦士系の競合相手にはア○ダン化された奴手裏剣発射台にされた奴と、周りを見て考えると一概に弱体化とは言えない。
    • 「暗黒」は全体攻撃というだけでなく、戦士系ジョブの中でほぼ唯一の小人状態でも通用する攻撃手段であるため、決して無価値ではない。

海外版では「Dark Knight」になっている。


ルーネスの魔剣士姿が妙にかっこいい。


「あんこく」の性質上、ノーコスト+最速で支援ができる吟遊詩人や、二盾流で「かばう」する事で瀕死時に守るナイト、二盾流で「ちょうはつ」する事で攻撃を引き付け敵の防御力を下げるバイキングとのコンビが強力。
戦士系ではずば抜けた攻撃性能を持つためそれを活かすため仲間のフォローが欲しい。


ラグナロクとマサムネの両方を持てるのは大きな利点なのだが、取り合いを生じるジョブに優秀なものが多いのが苦しい。両方とも魔剣士の素早さをカバーできる武器であり、片方しか確保できないなら魔剣士の評価そのものも落ちてしまう。

  • 天の叢雲さえ手に入れば・・・

FF12RW Edit

名称はこうだが、容姿はFFTAのフェンサー
登場する敵リーダーの内、ヴィエラが就いているジョブ。「魔法を宿した剣はあらゆる敵の弱点を突く」
タイプは近接で説明の通り、各属性を宿した剣による特技を持っている。
サポートアビリティは「エクスペディション?」を有し、シルバーピアスを装備していると推測できる。

FF14 Edit

闇の戦士の1人であるブランヘルツのジョブ。見た目はナイトそのもの。
剣術士とナイトのアビリティの一部を使う他、魔剣士専用のアビリティを使う。

  • 敵専用ジョブ(とは言っても中身はナイト)ではあるが密かに暗黒騎士と初の共演を果たしている。

FF:U Edit

白い雲の、伯爵の配下としての名前。
伯爵や四凱将を中心に、劇中では以外のキャラクターには専らこちらの名前で呼ばれている。

  • 「魔法を使う剣士」ではなく、「魔剣を使う剣士」というニュアンス。
    実際、彼は召喚獣やミストは使っても魔法は使えない。魔法は彼のが使え、またフレアソードなる魔法剣みたいな名前の剣を振るう。

FFBE Edit

ディーンのJOB。