Top > スタッフ > 【水田直志】
HTML convert time to 0.001 sec.


スタッフ/【水田直志】

Last-modified: 2017-06-16 (金) 15:38:08

スクウェア・エニックス所属の作曲家。
かつてはカプコンに所属しており、下村陽子女史とは
奇遇にも元カプコン社員同士である。

FFではFF11光の4戦士FF13-2(一部)、時空ノ水晶FF15ではエピソード プロンプト(ゲストコンポーザー)の楽曲を担当。
その他のスクエニ作品ではパラサイト・イヴ2も担当している。


非常に雰囲気のある曲を作る。光の4戦士の街の曲には脱帽した。

  • 植松氏や崎元氏にも劣らぬ名作曲家だと思う。
    11の作曲担当ということで今まであまり知られていなかったが、光の4戦士でもっと評価されるようになってほしい。

ちなみに作曲は「リッチな方向に」と考えるらしい。

  • 作曲の方向性はとても「リッチ」だが、氏の代表作であるFF11の曲をCDなどで極力客観的に聴いてみると
    実は「あともう少し音に厚みがのせられるのに」というギリギリのラインで止められていることがわかる。
    だが、実際にゲーム中で聞いたとき・ゲーム本編に思いを馳せながらCD等を聴くときには
    そういった「物足りなさ」は微塵も感じられない。
    ゲーム中でその「足りなかった一音」を埋めるのは、
    エリアにふく風の音であり、虫の声であり、鳥の羽ばたきであり、獣の地を蹴る音であり、
    剣戟であり、魔法の詠唱であり、行き交う人々の足音である。
    気障な言い方をするなら、プレイヤーたちの「思い出」が最後の「欲しかった一音」になる。
    もちろん、他作品のコンポーザーの方々もその辺りをちゃんと計算して作曲されているのだろうが、
    水田氏はそのバランス配分が特に上手いように感じられる。