Top > スタッフ > 【渡辺大祐】
HTML convert time to 0.004 sec.


スタッフ/【渡辺大祐】

Last-modified: 2017-10-02 (月) 03:22:31

スクウェア・エニックスのスタッフ。
ナンバリング作品や外伝系、キングダム ハーツ シリーズ等のシナリオを手掛けている。
FF10FF10-2FF12FF13DFFKH1KHCoMKH358/2DaysKHBbSKHcodedのシナリオを担当。
FF13の発売前のあの謳い文句は、渡辺氏が手掛けたもので、発売前の反響は大きかったらしい。


FF12ではヴェインの演説を書ける人として途中参加。
イベントシーンのセリフ台本の作成と、NPCとの会話テキストの監修を担当。
ストーリーの骨組みは開発参加前からすでにできており、肉付けや調整役といった役回り。
当初はFF12のキーワードは「自由」だけだったが、その対比として「義務」も付加する。
また当初は存在しなかったオンドールの回顧録を、情勢把握のために要所に盛り込んだ。


FF13シリーズではリードシナリオライターを担当。
神話の構想が鳥山らによって出来上がったあと、シナリオやキャラクターの性格面に肉づけを行った模様。(特に第8章など)
鳥山がディレクターに専念した後も担当を続投しており、13−2のラストが予定調和で終わり不評を買うもののLRでは良い意味で意外な結末を見せシリーズを堂々完結させた。