Top > セリフ > 【変わり果てた世界はどう?オレがせっせと準備したんだよ】
HTML convert time to 0.003 sec.


セリフ/【変わり果てた世界はどう?オレがせっせと準備したんだよ】

Last-modified: 2017-05-19 (金) 18:06:51

FF15 Edit

最終決戦時のアーデンのセリフ。
物語開始前から計画を準備し、物語中も自らあちこち積極的に動いてノクトを抜かりなくフォロー。
全てはノクトを真の王にした上で復讐を遂げる為の行動であった。
その甲斐あって計画は特に滞りなく進行、ルシス王家の断絶を達成した。
しかしノクトを自らの手で討ち倒す事だけは叶わなかった。

  • セフィロスにも劣らぬストーカーっぷり。
  • そういや、セフィロスも不死身だったか。

バハムートからは「王家への復讐の為だけに知謀を巡らせ、遂に世界をも闇で覆った」と評されている。
目的の為なら努力を惜しまない働き者であり、まさに復讐の鬼。

  • アーデンが何でもやるので、ご都合主義的だと批判されることもある。
    • アーデンは自己満足のために真の王になるまで放置&サポートしているので、
      唯のご都合主義より執念深い物を感じさせる。
    • 魔王が勇者を徹底サポートしている様な物なので、興醒めと言われても仕方ない面はある。
  • 目標こそただの復讐と小さな自己満足だが、その為の計画は世界規模。
    アーデンの心の闇は深い。

以下、アーデンがせっせと準備したことの一例。

  • ニフルハイムシガイ魔導兵の研究を行い、軍備増強してルシス侵攻。
  • ガーディナに先回りして意味深な話をする。
  • レスタルムに先回りして頭痛の原因を教えてあげる。
  • 帝国に封鎖されたカーテスの大皿へ通してあげる。ついでにドライブを楽しむ(さらに途中の宿泊のカネも出してあげる)。
  • タイタン戦後に逃げ場を失ったノクト一行を救助。特に何もせず解放する。
  • ノクト一行とレイヴスの小競り合いを仲裁。
  • スチリフの杜への入場許可を出し、グラディオ不在の一行に監視名目でアラネアを同行させる。
  • オルティシエでレイヴスの様子を探り、ルーナを殺害する。
  • 電車の中で時間を止めたりプロンプトと入れ替わったり冷凍されたりする。
  • 皇帝を始めとした帝国人をシガイ化させて帝国を滅ぼす。
  • 要塞を進むノクトへ嫌がらせしつつ、色々と情報を流す。
  • ノクトとはぐれた二人をダンジョン深部に連れて行ってあげる。
  • 捕らえたプロンプトには特に手を出さず、ノクトが助けられる場所に置いておく。ダミートラップも用意する。
  • ノクトがクリスタルで眠った後、仲間3人をちゃんと帰してあげる。
  • 演出用にクリスタルをインソムニアへ運んでおく。
  • ノクトが戻ってくるまで、玉座の間を飾り付けながら10年間待ち続ける。
  • イフリートを復活させて配置する。