Top > バトル > 【睡眠】
HTML convert time to 0.015 sec.


バトル/【睡眠】

Last-modified: 2017-10-28 (土) 13:37:07

状態異常のひとつ。その場で眠りこけて行動不能になる。
魔法のスリプルでなることが多い。「眠り状態」とも呼ばれる。
多くのシリーズでは「エスナ」や自然回復の他に物理攻撃をくらうことでも回復するが…。

  • 物理攻撃では回復する(眠りから覚める)が、
    魔法攻撃だと回復しないという設定がなされている作品が多い。
    つまり焼かれようが冷やされようが魔法なら目が覚めない…。

一昔前は、殴っても起きることはなく。
麻痺と似た性質であった。


最近は、殴られると起きるという性質から
魔法ばかり使って、永続的に眠らせる戦術を使う奴までいる。

  • 殴られたら起きるのに、焼かれても凍らされても雷が落ちても起きないのは不自然ではなかろうか?

眠っているとは言うものの、大抵(ひょっとして全て?)の作品では瀕死状態のようにしゃがんでいるモーションが使われている。8や9に至っては瀕死でもしゃがんですらいないキャラもいる。戦闘不能のように倒れているモーションの方が説得力があるような気がする。

  • 熟睡していると言うよりは、尋常ならざる睡魔に襲われて朦朧としている状態なのかもしれない。

FF1 Edit

FF1ではどんなに殴られても回復せず、自然回復を待つしかない恐怖の状態異常であった。


ただしほぼ間違いなく、一ターンで起きる。実質的には「行動を一回分だけキャンセルする」効果。

  • FF1の睡眠の復帰率は90%なので、次のターンも睡眠していたらラッキー程度に考えた方が良い。
    複数ターン行動を封じたいなら麻痺にした方が良い。

FF2 Edit

殴られても回復しないが、バスナLv2以上で治療可能。


こちらは黒魔法スリプル眠りの剣を使うことで敵にかけられる
眠りの剣の追加効果はFF2の仕様により耐性で阻まれることがないので、敵を足止めする手段としてとても優秀。
•(敢えて?)意外にみんな触れないが睡眠と麻痺の状態異常効果の本当の脅威は、無防備状態になることにある。
これは、無属性の眠りの剣を利きうでの初撃1ヒットでも対象に与えたなら(ダメージは0でもよい)睡眠状態に、
そして、次の反対側のうでの二撃目を与える時、既にその対象は全段ヒット命中する無防備状態にある。
おわかりだろうか。

FF3 Edit

殴られると起きる。
混乱と同じくパーティーアタックで治せる。

  • 起きる時もあるが起きない時もある。
  • 眠っていても、逃げ腰よりダメージが少ない。何故だ?

FF4 Edit

眠っているキャラに鼻提灯が出る。
シリアスなFF4の数少ない笑いどころ?


毒を受けたりしていると眠らなくなる。
睡眠が厄介な相手にはこれを応用するのも悪くない。


影が薄い治療アイテムがある。


攻撃を受けても起きない。
手軽な回復方法はエスナ。

  • 地味に強力なステータス異常だが、あまり目にしない。

FF4(DS版) Edit

魔法攻撃でも起きる。

FF5 Edit

眠りこけて行動不能となる。物理攻撃を受けると目が覚める。
回避率0になる…と見せかけて、エルフのマント等を着けていると寝ながら回避ということもしてしまう。
一方で本作では時間経過による自然回復がなくなった。
耐性のない一部の敵にとっても魔法攻撃でフルボッコにされる恐怖の状態異常であった。

  • 物理攻撃でブン殴られない限り、何時間経とうがいくら魔法で痛めつけられようが目覚めない…
    現実の睡眠と比較するとかなり異常な状態である。

魔法剣スリプル」という、耐性の無い者を100%眠らせられる凶悪技が存在するため、
睡眠が有効な敵=ただのサンドバッグと成り下がる。
例えボスであろうとも睡眠耐性が無ければ開始2ターンで実質終了する悪魔的な状態異常である。


今作のゾンビは寝ると起きない。
チキン戦法を取っている際に眠らされると延々寝続けるだけになってしまうので
睡眠耐性は万全に。
…あれ? 睡眠耐性防具ってあったっけ?


敵も味方も全員が眠ると、起きることも起こし起こされることもなくなり、永久に戦闘が終わらなくなる。
唯一LRボタンでの逃走は可能だが、上記のアトモスのような逃走不可の相手でこうなってしまうと……。
当然ながら、意図的にこの状況を作り出さない限りは発生しないので特に問題にはならない。

FF6 Edit

眠りこけて行動不能となる。物理攻撃を受けると目がさめる。
前作5と違い、FF6では一定時間が過ぎると変な生き物(?)が起こしてくれる。

  • あれはバク。敵味方の区別なく起こしに来てくれる中立キャラ。
    • 中立キャラというか、単に自然回復したのをわかりやすく表現しただけのような気がする。
  • 前作5のような魔法攻撃で起こさずに攻撃してハメる戦法への対策措置だと思われる。
    • 回復の瞬間がはっきりわかるので、ハメ技対策にはなっていないような…

耐性は付けづらく、防げるアクセサリはリボンのみ。
状態異常の中ではヌルい部類だからであろうか。

FF7 Edit

眠っているキャラにZZZが表示される。
カエルの歌臭い息ハーデスなど、他の状態異常とセットになっていることが多い。
混乱と一緒にくらうと寝ながらグルグル回る。器用だね。


睡眠耐性のあるアクセサリが登場。

BCFF7 Edit

チョコボレース中の状態異常。
ダメージは無いが睡眠状態に陥るのを予防するアビリティが存在しないのは痛い。
ブリザドやブリザラの氷結状態と同じく時間経過でのみ解除される。

FF8 Edit

この状態になると行動不能になり、一定時間経過するか、物理攻撃の対象となるかで解除される。
回避率には影響が無いらしく、眠りながら軽々と攻撃を避けることがあるが、その際もきちんと目が覚めるので安心だ。
こちらが使用する分にはST攻撃Jにスリプルをセットすることで「叩き起こしつつ眠らせる」という鬼の所業が可能。

  • PCキャラに限り、顔がアップになっているとしっかり目を閉じているのが確認できる。
  • 実はプロテスやシェル等の効果時間の経過も止まっている。つまり物理攻撃で解除されるストップという感じだろうか。無耐性のボス敵も何体かいるため、暗闇と並んで有効度は高い。

FF9 Edit

頭上にZzzのエフェクトが出て、行動不能となる。眠っているので、物理回避率もゼロとなる。
9では物理攻撃のダメージが1.5倍になる効果もあり、地味に危険。
物理攻撃を受けるか、時間経過で目覚めることができる。エスナでも治療可。
気力が高いほど、睡眠時間は短くなる。


一部ボスも、睡眠状態となるため、刀魂放気で眠らせ、無傷で滅多打ちにすることも可能。
羊さんも安全に倒すためには、もってこいの状態異常だが、すぐ目覚めてしまうため、メニューの開閉等で睡眠時間を調整すると良い。

FF10 Edit

瀕死と同じモーションをとり、頭上にZzzのエフェクトが出る。
物理攻撃やエスナで治る。エフェクトの大きさはモンスターの大きさに比例し、巨大なモンスターほどエフェクトが大きさくなる。

  • モンスターには種族ごとに睡眠時のモーションが用意されており、寝姿を観察してみるのも一興。

魔法では起きない。物理攻撃を一切しないキノコ系の敵にかふんで眠らされると結構な地獄を見る。
数ターンで目覚めるのがまだ救いか。

FF10-2 Edit

操作・行動ができなくなり、回避もできなくなる。万能薬、魔銃弾「ホワイトウィンド」、物理攻撃などで解除される。
また、ATBスピードを「ふつう」か「おそい」に設定していると時間経過でも解除されるが、「はやい」にしていると時間経過でも解除されないので要注意。

FF11 Edit

魔法「スリプル」などで陥る状態異常。
眠りこけてしまい、大半の行動ができなくなる。
また魔法の詠唱も中断されてしまう。
各種ケアル系の魔法を受けたり、HPにダメージを受けると回復する。
また時間経過で自然治癒もする。


睡眠の上位版として、「ナイトメア」なる状態異常が存在する。
こちらはHPにダメージを受けても目覚めないうえ、効果中はスリップダメージを受け続ける。
ディアボロスの代名詞とも言える技の名前でもある。


詳細はこちら→睡眠

FF12 Edit

移動不可。アクション不可。
物理攻撃と魔法攻撃の被ダメージ1.5倍。
持続時間「50−(活力×0.25)」秒。
重ねがけで効果時間を数え直しさせることができる。

FF12RW Edit

移動・行動不可。
ストップ』と変りないが、打撃などで解除されるかは未検証。

FF14 Edit

一定時間、移動もスキルの使用も不可能になり、詠唱やオートアタックも停止する。
基本的に、エスナ(もしくは同効果の魔法)や、きつけ薬を使用する、
もしくはダメージ(物理、魔法問わず)を受ける事で解除される。

  • なお、大概は殴られて解除されるか、ヒーラーの魔法で解除される為、きつけ薬で解除する事は稀である。

短時間の間に連続で睡眠状態が付与されると、睡眠の継続時間が短縮されていき、
最終的には睡眠状態そのものが無効化されるようになる。
(つまり、重ねがけによる寝かし続けには限界がある)

FFT Edit

移動・行動が不可能になり、回避率が0になる。物理攻撃による被ダメージ1.5倍。
自然回復するが、回復するまでの時間が最も長い。魔法ダメージによっても状態回復する。
敵が味方を起こすために攻撃したりすることもあるが、ジャンプなどで大ダメージを与えて
戦闘不能にしてしまうこともある。話術が効かなくなる。

  • ちなみにこの状態だとぬすむの成功率が上昇する。
    欲しい装備を持っている敵は寝かせてから引っぺがすのがいいだろう。
    ちなみに似たようなステータスの石化だと服ごと石化するのか、盗めない。
    • いわゆる「昏睡強盗」ですな。

ストップに比べて自然回復までかなり時間がかかる。
アイテムさがししたい時やレベル下げしたい時
等は、相手にターンが回らなくて少し快適になるかも。

FFTA Edit

移動・行動が不可能になり、回避率が0になる。
他ユニットからの攻撃でダメージを受けるか、3ターン経つと解除される。

  • 「ダメージを受けると解除」なので、物理に限らず魔法を受けても目覚める。逆にいえばダメージのない技なら何を使っても問題ないということ。のダメージでも起きないがそれによるハメ殺しは仕様上不可能。

などで敵だけを眠らせ、その間に装備やアビリティを強奪したり、
起きた時に備えてさらに別の状態異常をかけたりするのがナッツクランのお約束。


羊が100匹」などで序盤から活用できるので、最初から最後まで非常に便利な状態異常。
逆に味方側はまもりの指輪で簡単に対策できる。


睡眠に睡眠を重ねがけすることはできないが、ストップを上書きすることはできる。逆は無理。

FFTA2 Edit

前作では割と簡単に使えた状態異常だが、色々な仕様が重なって技を使えるのが少し遅くなった。
移動・行動不可、全回避率が0になる。
攻撃によるダメージを受けるか、3ターン経つと回復する。


重ねがけで効果時間の延長が可能。
回避率が0になっているので2回目以降は確実に成功する。
その気になれば永遠に眠らせることができる。


今作ではどういうわけか、盗む系のアビリティを受けても睡眠が解除されるようになった。
そのため石化ストップに出番を奪われやすい。


今作では「睡眠」じゃなくて「眠り」。

FFUSA Edit

ばったり倒れてZzzマークが表示され、しばらく行動不能になる。
ただし、何らかのダメージを食らった時点で起きるのであまり怖くはない。
自分ののダメージでも起きる。また自力で目が覚める事もある。
しかし敵グループに睡眠攻撃を連発されてしまった場合はかなりウザイ。
大抵の睡眠攻撃はダメージが無いのも相まって、全滅こそしないものの戦闘が長引く事が多い。

聖剣伝説 Edit

敵のみの状態異常。スリプルおよびラムジィのまくらで発生する。
一定時間敵の動きを止めることができるが、特殊攻撃はガンガン撃ってくる。
要するにこちらの石化と同じ状態。

光の4戦士 Edit

Zzzマークが出て、暫く行動不能になる。APも回復しない。
何らかのダメージや毒ダメージでも起きる。一応回復にめざましが存在する。


戦闘が終了すると回復するのはお約束だが、
Zzzマークを出しながら勝利ポーズをとる様はちょっとシュール。


寝ている間は、受けるダメージが2倍になる。
何のダメージでも目覚めるのでアレだが、殆どの敵・ボスが耐性を持っていない。


ボスが眠っている間に「ためる」で4人とも気合いを入れ、2倍ダメージの同時攻撃を狙うと良い。
もしくは「エール」「なんたい」等と「まどう」等の単発威力の高い攻撃を組み合わせるか。

FFL Edit

眠ってしまい何も出来なくなる。
が、やはり味方の直接攻撃で起こす事ができる。
FFLでは基本的にパーティアタックのダメージは抑えられているので、戦士ジョブで魔法ジョブを殴ってもダメージは高くない。

  • 眠ったキャラは鼻提灯を出す

PFF Edit

Zzzマークと共に寝る。効果ターン中は何もできなくなる。
魔法もプレミアムスキルも不可、回避率は0になる。
魔法でも起きる。
睡眠攻撃は幾つかあるが、ダメージ+睡眠では睡眠が既に掛かってる場合は起きる模様。

チョコボの不思議なダンジョン Edit

眠ってしまいしばらくの間行動不能になる…というのは他の作品と同様だがこの作品では
何と眠っている間は元気が少しずつ回復して行くというプラス効果ももたらす。
元気に加えてナッツ?なども枯渇してしまった時はわざと睡眠のトラップに引っ掛かって急場をしのぐ
プレイヤーも少なくないとか。

  • チョコダンをプレイしたことはないが、不思議のダンジョン系において重要な「満腹度」に等しいステータスである「元気」を罠などによって回復できるのであれば、これを利用しない手はないと確信して言える。
    by不思議のダンジョンファンの一人