Top > バトル > 【無敵】
HTML convert time to 0.009 sec.


バトル/【無敵】

Last-modified: 2017-08-22 (火) 22:27:11

ここではバトルにおけるステータス異常・補助効果・特性などについての無敵を解説している。
どの作品でも大体「あらゆるダメージや不利なステータス異常を完全に防ぐ」という効果で登場している。
その強力さゆえに、味方がこれを利用できるケースは少なめ。


無敵とはいえ、敵う存在がいなくなるわけではない。


作品によっては、無敵の上に対象選択できないダミーターゲットなんてものもある。詳細は該当記事にあるが、倒せなくとも戦闘には勝利できるように工夫されている。


FF3 Edit

クリスタルタワーザンデ戦直後の暗闇の雲

FF4・FF4TA Edit

ミストドラゴンの霧モード。時間経過で元に戻る。


FF4でのドワーフ城でのリディア登場前のゴルベーザ、セシルたちが戦う際のクリスタル使用前のゼロムス、FF4TAでのカイン編のローザといった「イベントバトルで倒されてはならない状態の敵」に適用される状態。
攻撃をしても「ミス!!」と表示される。
だが、FF4では「クリスタル」および、GBA版以降の追加アイテム「おうぎのしょL○各種」なら、この無敵状態をも貫通する。


PSP版ではファブール防衛戦で戦う敵カインもこの状態になっているらしく、一切の攻撃が効かなくなってしまった。

FF5 Edit

パンテーラの分身、ストーカーの分身、バリア解除前やイベント中のネクロフォビア等、
特殊なボスに設定された状態。

  • 神竜改は特に設定があるわけでもないのに何の脈絡もなく無敵と通常状態を切り替える。

これに対して「みだれうち」を行うと凄い速さで攻撃が連発されて何となく楽しい。


この状態の敵がいる時にリターンを使ったり、この敵に対してワンダーワンドを使ったりすると、
リターンの効果がきちんと発動せず、暗転後にフリーズしたり、そのまま戦闘が続いたりする。
この現象は、クイック状態の時に発動するか、対象を選べるワンダーワンドの場合は、
味方の何れかに対象を変更することで、回避できる。

FF6 Edit

(ガーディアン等の)一部のイベントモンスターに設定された状態。
一切のダメージを与える事ができない(MPダメージも通らない)。
ただし、「受けるダメージを強引に0化」しているだけなので、
HP吸収やMP吸収でこちらに本来の分を還元させることはできる。
しかも、厳密には「ダメージを受けない」だけなので、即死の物理攻撃を使う敵の場合なら
ガウの「愛の宣告」で跳ね返せば即死させることは可能。
GBA版では、ダメージを与えて倒すのではない敵
攻撃する必要の無いパーツが無敵状態になっているなど、面白い応用が利いている。

FF7 Edit

良性ステータス変化の一種。
一定時間身体が黄色く点滅し、全ての攻撃によるダメージやステータス変化を無効化する。
7でこの状態になる方法はエアリスのリミット技「星の守護」「大いなる福音」のみだが、
エアリス存命中に(むしろ死後も)この効果が必要なほど強力な敵が殆どいないため、
強力すぎる効果の割にあまり有難味はない。
 
強いて言えば、デモンズゲイト戦で活用するくらいだろうか。

  • 闘技場で役に立ちます。特に最後にヤン・インが出てきたとき。

過去回想時のセフィロスは常時この状態。ズルい。


無敵の間は敵からのダメージを一切無効とするが
ケアルなどの魔法やアイテムによる回復も無効化されてしまう点は注意。

  • 戦闘不能状態のキャラが無敵になったら、蘇生魔法も効かないのだろうか?
    • 戦闘不能状態のキャラは無敵にならない。
    • ちなみに悪性ステータス異常(カエルとか)で無敵になってると治療ができない。

敵側はインターナショナルのルビーウェポンが戦闘開始直後、生存メンバーが2人以上いる間この状態になっている。
また、マジックポットは、インターナショナル版ではエリクサーをあげるまではこの状態。

CCFF7 Edit

D.M.Wで数字の「111」か「777」が揃った時、または「いやしの波動」の効果。
体が黄色く光って、ダメージと悪性ステータス変化を受け付けなくなり
無敵状態が発生する際に悪性ステータスがすべて解除される。
無敵状態は時間経過やバトル終了により解除される。
また、D.M.Wのリミット技の発動モーション中は全ての攻撃が無効(GUARD)になる。


敵の使用する技にも、この効果を持つものがある。

FF8 Edit

有利なステータス変化の一種。
この状態になるとPCの全身が半透明になり、ほぼ全ての攻撃やステータス変化を一定時間の間無効化する。
英雄の薬試作型英雄の薬聖戦の薬試作型聖戦の薬インビジブルムーンのどれかを使うとなる。


一撃必殺技を持つジャボテンダーウェポン系とのバトル中に、この状態になっていると安心して戦える。


有利なステータス異常も全て防いでしまうので、オーラなどの補助魔法は先にかけておくべし。


デジョネーターを防ぐ唯一の方法だが、斬鉄剣だけは無敵状態でも防げない。

FF10-2 Edit

攻撃されてもダメージを受けなくなる(特殊効果は受ける)。
アイテム「英雄の薬」を使うか、合成弾で「英雄の薬」「聖戦の薬」を発動させるとなる。
ILM版では「エクセレンス」「隠し英雄の薬」を使ってもなれる。


英雄の薬はかなりの貴重品なので、ダークマターと調合して聖戦の薬を作成した方が良い。
また、発動時間が短い。

FF14 Edit

レイズなどによる蘇生直後や、ボス戦のギミックなどで付与されるバフ(強化効果)
効果中は一部の攻撃(無敵貫通効果を持つ攻撃)を除き、ダメージとデバフ(状態異常)を無効化する。


エリアチェンジが存在するボス戦では、エリアチェンジ時にこの効果が付与される。
(エリアチェンジの処理中にダメージを受けない為の措置)
こちらは、強制全滅技(タイムオーバー)以外の無敵貫通効果を持つ攻撃すら無効化する。

FFCCRoF・EoT Edit

クエスト中赤いスペシャルアイテムを取ると発生する。
一定時間全てのダメージをレジストでき、攻撃力が2倍になる。
また相手を攻撃したときに吹っ飛ばすことができる。
 
この状態になると「無敵!無敵っ!無敵ぃ!」と表示される。

DFF・DDFF Edit

攻撃アビリティの特性。
特性の内容は、相手の攻撃が一時的に当たらなくなる無敵時間が存在するというもの。
回避動作を行う攻撃アビリティや攻撃動作中にワープする攻撃アビリティに付いてるケースが多い。

  • 無敵に対して攻撃を振ると、GUARDではなくDODGEと表示される。もちろん回避回数にカウントされる。
    レジストではなく当たり判定が消えているという処理のようだ。

これとは別に、アシストエアリスの星の守護で発生する無敵がある。仕様としてはFF6のものに近い。

DFFAC Edit

バトルシステムの一つ。
一定時間相手の攻撃を受け付けなくなる状態のこと。
本作において、主な無敵状態は以下の3つだろう。

  • 激突
    ブレイブ攻撃により2回激突したorHP攻撃で激突した場合、激突後に一定時間無敵状態となる。
    無敵状態は一定時間経過するか、技を出すまで続く。
  • ダウン時
    HP攻撃によりダウンした場合、起き上がり後に一定時間無敵状態となる。
    無敵状態は一定時間経過するか、技を出すまで続く。
  • 戦闘不能
    HPが0になり、復帰状態になっている間は無敵となる。

またこれとは別に、一部の攻撃には無敵状態が付加される。

FF零式 Edit

リザーブから出た直後の仲間は、かならず30秒ほど無敵になる。
またS.O.の内容でボーナスで無敵になることもある。
無敵時は全ての攻撃に「GUARD」と表示され、S.O.失敗による即死も防がれる。

チョコボの不思議なダンジョン2 Edit

カーバンクルの魔石での効果。赤く光って一定ターン無敵になる。
…が、実際は防御・魔法防御・回避・魔法回避がかなり上がるだけでノーダメージという事ではない。
通っても1ダメージくらいだけど。

  • つまり
    HPが1になる→緊急手段でカーバンクル使用→「危なかった…だが今は無敵だぜ!」→ダメージ1→キュピー!
    ということもあり得るのか。
  • ノーダメージにならないのは、根本的にこのゲームでは0ダメージということがないためだと思われる。
    (どんなにステータスに差があっても、最低1ダメージはくらう)