Top > ミニゲーム > 【儲け話】
HTML convert time to 0.003 sec.


ミニゲーム/【儲け話】

Last-modified: 2017-09-20 (水) 23:29:59

FFT Edit

一定時期以降、酒場で受領できるミニイベント。
これからサウンドノベルなどのミニゲームが派生する。
パーティー内の汎用ユニットを3人まで派遣できるが、その間は編成や戦闘に参加できない。
 
討伐、捜索、サルベージ、護衛、人生相談と内容は何でもござれ。要は人材派遣型の万屋である。
仕事の成功率は汎用ユニットのジョブに応じて変わり、そのヒントは酒場の親父が教えてくれるほか、
仕事内容から推理する。
結果は大成功・成功・失敗の3段階あり、いずれの場合でもJpなどを獲得できるが、
成功したほうが取得ポイントは高い。大成功の場合は財宝が手に入ったり、遺跡を発見できることもある。
大成功しなかった場合、ある程度日数を進めるとその依頼は復活する。

  • ジョブをいちいち考慮するのが面倒なら、とりあえず最大人数を最大日数で派遣すると良い。
    どんな依頼でもかなりの高確率で大成功してくれる。
    • むしろ上記条件で失敗した例を見たことがない。
  • 見習い戦士はすべての依頼に高い適正を示すらしく、3人送ればレベルやブレイブ・フェイス、日数は
    あまり考慮しなくても大成功してくれる。
    財宝がほしいだけならお勧め。
  • もらえるJPやギルは戦闘での稼ぎと比べるとそんなに多くはない。
    また、1人での派遣はどんなジョブ、レベル、ブレイブ・フェイス、日数であってもまず大成功しない。

アビリティは凶悪ながらジョブ自体の能力は激低な、算術士の育成に便利。
算術」の全要素を習得するのに必要なAPは2550。Speedのやたら遅いこのジョブでこれだけ稼ぐのは大変。
ただし汎用ユニットならば、これを使うという裏道がある。
彼らが算術士になるまで儲け話を請け負わずに溜めておき、また彼ら抜きでもバトルに勝てるだけの戦力を整える。
そして算術士で派遣するのを繰り返せば、バトルで使わなくとも習得出来る。


儲け話は大体地域ごとで違う。
噂話はストーリーの進度で変わっていく程度だが、地域限定もある。
名前だけ出る登場キャラや地名、アイテムが非常に多い。


報告の際、女の子に「この調子でいこうね!」と言われるとなんだか元気が出る。

  • 失敗したとき「あ〜あ」と聞こえなくもない、屁のような妙な効果音が聞ける。

派遣ユニットのBraveFaithによって、報告時の口調が3種類に分かれる。
どの口調になるかは、BraveとFaithのどちらが高いか(または大差なしか)で決まる。
さっさとBraveを上げるプレイヤーの中には、高Faithの報告を聞いたことがない人も居るだろう。
礼儀正しいキャラが好きな人なら見てみる価値はあるかもしれない。


コンプしようとすると意外に時間がかかり、獅子戦争が長期化する原因になったりする。

  • オリナス王子が王子あるまじき年齢になってしまう理由にもなる。
    いや、まぁ、何歳になっても王子は王子なんですが(この場合は即位するので本当はおかしいのだが)
  • 城塞都市ヤードーのイベント戦闘でラムザは19歳未満だと強制的に19歳になるのでその前に受けれるものをすべて受けると最小の年数でコンプできる。ちなみに一切寄り道せずに進めるとこの時点で17歳、つまり700日余裕がある。

ブレイブストーリーで一部結果は見れる。

  • 一つ一つの依頼にちゃんとストーリーがあるのだが、意外と当局と共闘するという話も多い。
    警察機関(騎士団?)が異端者一行と共闘していいのか?メインメンバーが参加しないから気づかれていないだけなのか?
    そもそも協力者の身元とか調べなくてもいいのか?疑問は絶えないが気にしたら負けである。

引き受けるに際して、酒場のマスターに「この仕事は情報料と経費として○○ギルかかるがやるかい?」と聞かれる。ギルが足りないと、「おいおい、金が足らないみたいだぜ。」と言われる。