Top > モンスター > 【アムドゥスキアス】
HTML convert time to 0.005 sec.


モンスター/【アムドゥスキアス】

Last-modified: 2017-11-09 (木) 19:38:33

「アムドゥスキアス」はソロモン72柱の魔神の1柱で、29の軍団を率いる序列67番の地獄の公爵。
召喚者の前に、ユニコーンそのものか、ユニコーンの頭をした人間の姿で現れる。
その際には、人間の目に見えない音楽隊を率いているともいわれる。
音楽的な性格をもつ悪魔とされ、召喚者が望めば、音楽会を開くといわれる。


FF6 Edit

ゾーンイーターに吸い込まれることで行ける、ゴゴの洞窟に出現する。
ドゥドゥフェドゥみたいに妙な名前。


元ネタは魔神の名前なのだが、FFにはまったく関係がない。

  • 音楽会→エンターテイメント→ダンサー とか…苦しいか

ラグナロックで便利アイテムのミラクルシューズに変えられる。

  • 但し、基本成功率が1/8な上にテーブル内の4種類うち1つしか入ってないので入手は大変。

まれに「クリスタルソード」を投げてくる。かなり痛い。
さらには腰を振ってこちらを混乱させてくることも。

  • クリスタルソードやエンハンスソードは「投げる」のカウンターで投げてくる。
    ダメージも7600程度と凶悪なので、シャドウには極力武器投げをさせないことが大事。
    インビジブルとセットで出ることが多いのでこの点にも注意しよう。
  • 腰を振って混乱させるってエロい
  • ちなみに「腰を振る」はたまにファイナルアタックで使ってくるので気をつけよう。

ベールダンスネイショリズム魔法レベル30と同系統のモンスター。色は濃い青のローブに緑色の肌。
魔法生物であり、MPを削って倒すこともできる。
最大MPは270しかないので削りきるのは容易。


種族は人間なので、マンイーターが特効。
また、毒属性が弱点なのでバイオなどで攻めてもOK。
盗むと通常はダガーだが、レア判定でソードブレーカーが手に入る事も。


状態異常は暗闇カッパ石化バーサク・混乱・睡眠に耐性あり。
耐性が多いので、足止めがしにくい。


コロシアムでは、盗賊の腕輪を賭けた時の対戦相手にもなっている(景品は盗賊の小手)。
此方は武器投げこそ行わないが、スロウガヘイスガを使って来る場合がある。
「腰を振る」も使って来るので、混乱耐性は付けておくように。


海外SNES版での名前は「Tap Dancer」。
「Slam Dancer (ベールダンス)」「Soul Dancer (ネイショリズム)」と統一されてきたが、
GBA版にて本来の名前である「Amduscias」になった。(また、他の2種の名前も微妙に変更された。)


暴れる」でスロウガ、「スケッチ」で更に腰を振る、「操る」で更にたたかうとヘイスガが使える(要するにコロシアム時と同じ)。

FF6(GBA版以降) Edit

魂の祠では第4グループの第9戦目でインビジブル×2と共に単体出現する。

FF9 Edit

表記は「アムドゥシアス」。巨大な翼をいくつも持った青い馬。
飛び上がったり地面に降りたりしながら「バイオ」などで攻めてくる。
レベルが低いとバイオで一撃でやられるので要注意。
トレノの武器屋パンデモニウムで戦うことができるが、
実は全世界でこの2個体しかお目にかかることのできない、レアなモンスターである。
(しかもトレノで戦えるタイミングはごくごく限られている)


魔法攻撃する以外にもカウンターで攻撃を仕掛けてくる。
パンデモニウムでは、HPが減らない状態で迂闊にダメージを与えず2回行動後に援軍が来るまで待機したほうが良い。
更にサラマンダーが援軍にくるとHPが一定値まで回復するが、その後ようやく撃破できる。


何故テラの生物が、ガイアのトレノのナイト家で腕試し用に飼われていたのかは不明。

  • クジャが連れてきたんじゃない?キング家とも繋がってたみたいだし。

トレノで戦う方は石化が効くのでサルガタナス刀魂放気で瞬殺出来るが、パンデモニウムで戦う方はイベントの都合上か、状態異常は一切無効。
能力値もそれぞれ微妙に違う。

FF11 Edit

印章バトルフィールド「蒼の血族」で出現する、デーモン族のノートリアスモンスター
表記は「Duke Amduscias(アムドゥスキアス公爵)」。爵位を授かった、強力なデーモンである。