Top > モンスター > 【アルケオデーモン】
HTML convert time to 0.007 sec.


モンスター/【アルケオデーモン】

Last-modified: 2016-11-17 (木) 21:22:58

初登場はFFT。
アルケオ(archaeo)は「古代の」という意味なので、古代の悪魔らしい。
種族として古代からいるのか、個体として古代から生き続けているのかは分からないが。


FF5(GBA版) Edit

FF5GBA版で追加されたボスの一体。
戦うにはGBA版Exダンジョンの「奈落の滝 安らぎの間」にいる人から牢屋の鍵を貰う必要がある。
その他、亡者の巣窟での連戦でも出現する。
ツインタニアの色違いで、HPが50000という点も同じ。ただし行動パターンは全く違う。
この敵は自分がアンデッドであることを利用し、物理攻撃やアイテムの使用に対し、
カウンターでデスを自分に使い、HPが全回復して復活する。
この辺は「全てを知る者」を連想させる。
魔法で攻撃すればデスで全快はしないが、カウンターで????カーズを使ってくる。
しかも『全属性を吸収する』ので、有効な魔法はメテオフレアなど一部に限られる。
攻撃面では、フレア、ホーリー、メテオ、カーズ、ドレインタッチなどを使うほか、
パワーを集中!」のメッセージ後にメガフレアギガフレアを放つ。
HPが減少すると、ハリケーンやこちらにもデスを使ってくる。
魔法へのカウンター攻撃等も含めて、攻撃はかなり激しいモンスター。


弱点は、行動のほとんどがMPを消費する技だということ。
MPは非常に高いが、最初にエーテルを使ってやればMPを一気に9999まで削れるので、
後はダークエーテルマジックハンマーでMPを枯渇させれば、敵はほとんど行動できなくなる。
「パワーを集中!」のメッセージが出た後のメガフレア、ギガフレアさえ「隠れる」でかわせば問題ない。

  • レベルはたった17。したがってマジックハンマーが効き易いのがミソ。
    ダメージを与えてなければ、????を受けてもダメージは0だしね。

敵にリフレクをかけてデスによる回復を封じてもいいが、
間違ってリフレクが切れたときに攻撃してしまうと、全てが水の泡になるのでお勧めしない。
ミュートも有効(※亡者の巣窟で出現するアルケオデーモンにはミュート無効)で、
デスやフレアは無効化させることが可能だが、
ドレインタッチやメガフレアはミュート時も使ってくるので注意。


二刀流で攻撃すると、自分へのカウンターデスも2回連続で行う。


地下牢の扉を開けると、彼はこう言う。
「牢を開けてくれた礼に、キサマらを引き裂いてくれるわ!」
魔法以外の行動で自身にデスをかけて復活したりと姑息な戦い方もさることながら、
恩を仇で返すとは、本作に登場するボスの中でも嫌な性格の持ち主である。

  • 「引き裂く」宣言と裏腹に、直接の物理攻撃はしてこない。
     ドレイン「タッチ」でおさわりしてくるくらい。実は「奥手」なのか。

全員にリボンを装備して、連続魔によるメテオものまねが有効。


デスベホマ戦法に目を向けられがちだが、
物理防御力自体も「40」と高い上に常時プロテス状態と物理攻撃に対しては穴が無い。

  • なるほど、例え「みだれうち」でも防御力は無視できても
    プロテスの被ダメ半減効果の影響は受けてしまうのか…。
  • コイツの常時プロテスはディスペルでも解除できない。
    賢者の杖やアルテミスの弓以外でみだれうちをするならば予め魔法剣フレアをかけて威力を底上げしておくと良い。

「アンデッド」属性だけでなく「魔獣」属性も持っている。
ただし物理防御が高いため、「アルテミスの弓」では効果が薄い。


実は祝福のキッスが有効。
GBA版ではほとんど修正されたが、コイツとグランエイビスの追加新ボス組には効いてしまう。
どっちも鬱陶しい敵なので、さっさと使ってしまうのがいいだろう。


本作ではアルテマデーモンのほうはいない。


地下牢の方は倒すと必ずカオスオーブを落とす(※亡者の巣窟の方は落とさない)。
因みに、BGMも地下牢の方は決戦が流れるが、亡者の巣窟で戦う方はバトル2が流れる。

FFT Edit

「神代の昔より生き続ける古代悪魔種。強力無比な『暗魔術』を用いて全てを破壊する。」
暗闇沈黙スロウドンムーブ以外の全ステータス異常が無効。
更に、聖属性攻撃も無効。
ノンチャージのギガフレア(射程4・効果3!)が非常にうざい。
勧誘出来ないのが残念。


チョコボの不思議なデータディスクで仲間にできる。
アルテマデーモンと比べると目劣りするけども。移動4、ジャンプ3。
アビリティはカウンター・ショートチャージ・水侵入不可で、勧誘・レビテト・吸血・聖属性無効。
技はライフブレイクダークホーリー、ギガフレア。

  • 自軍で使う分にはせいぜいギガフレアが使いやすい「便利なモンスター」程度の性能。ベリアス戦でのあのウザさは数の暴力だったのが分かる。
    MPが意外なほど低く、ダークホーリーが1、2発しか撃てないのが欠点。
  • 名前はミューケナイア。モンスター扱いなので戦士斡旋所で名称変更できる。

ゴルランドの炭坑でレーゼを襲っているシノーグはこの種族。
自軍のレベル次第ではレーゼが勝手に倒してくれることも多い。

FFTA Edit

クリア後のクエストベルベニア解放戦」にて、グツコーの取り巻きとして2体出現。
外見・能力ともアイスドレイクと全く同じ。

FFL Edit

ラストダンジョンの次元城に出現するガーゴイル系モンスター。
デスに注意。

FFRK Edit

FFTの魔人ベリアス戦のお供として登場。
初登場のFFTイベント「隠された英雄譚 」では、聖属性弱点だったが、
後に、深淵の間「ヴァリガルマンダの記憶」、FFTイベント「乱世を征す剣技」で
再登場した際は、原作通りの聖属性無効になっている。