Top > モンスター > 【アンラックズ】
HTML convert time to 0.012 sec.


モンスター/【アンラックズ】

Last-modified: 2017-11-09 (木) 00:10:13

語源はunluckyか(unluckという名詞自体は存在しないので造語?)。
とにもかくにも、以下に示されているように、まさしく不幸の塊である。

  • 出てくる時と出てこない時がある。出会ってしまうこと自体が不幸と言えそうだ。

FF6(GBA版) Edit

追加ダンジョンの1つ「魂の祠」でたまに出てくるモンスター。
マジックポットの強化型で、いきなりアイテムを要求するあたりは
FF5時代のマジックポットみたいである。
違う点は、アイテムをあげないでいると逆ギレして襲いかかってくるということ。
その攻撃は強烈にして厄介。痛い目に遭いたくないならさっさとアイテムをあげて帰ってもらうこと。
要求するアイテムはエーテルエーテルターボエーテルスーパーエリクサーの4種。
ゴゴものまねであげようとしても受け付けないなど、コピー製品に対する警戒も完璧。


フォースシールド皆伝の証ソウルオブサマサスリースターズといったレアアイテムが盗める。
特に皆伝の証とソウルオブサマサは強力なので盗んでおきたい。
ただしその場合はアルテマ連発や強力な即死攻撃に耐えねばならない訳だが。

  • 皆伝の証は同所にサムライソウルが出現するので楽に手に入るが、
    ソウルオブサマサはこいつからしか盗めない。
  • 即死攻撃を使ってくるのはスリースターズを盗める青色では?
    皆伝の証を盗める黄色は状態異常系の攻撃を使ってくるはずだが…

同じアンラックズでも「4種類」おり、その「壺の色」によって使ってくる攻撃等が異なる。
強引に倒してもモンスター図鑑に載らないが、
50000の経験値と50000ギルが手に入ることでは4色共通している。
またMP60000、Lv91、魔法防御力・物理回避率魔法回避率カンスト値の255、素早さ95も4色共通。

  • おかげで各種防御・回避率を無視する攻撃でないと倒すのは困難。
    素早さ95も、ステータスアップなどの対策をしないと非常に厄介。
  • 主な仕留め方は「アルテマウェポン+バリアントナイフ二刀流乱れうち」が手っ取り早い。
    ただし、「4色」ともファイナルアタック対策は備えておくように。

一個で満足することは少なく、「もっと ちょうだい!」などとほざいて更に要求してくることが多い。
調達が非常に面倒なエーテルターボやエーテルスーパーをせびられると殺意が沸くが、
アイテムをあげた際に逃走しなかった場合、既に盗んでしまっていても再度アイテムを盗めるようになる。
削ったHPまで回復していることから、どうやら新しい個体に入れ替わっている様子。
一度の戦闘で貴重なアイテムを複数入手するチャンスなので、渡したアイテムの分はきっちり頂いておこう。

  • エリクサーが50000ギルで買えた前作がとても懐かしい。
  • 「ちくしょー!おぼえてろー!」と言って逃げる。
  • 一応バランスは考えられているようで、非売品のアイテムを要求する青色・黄色・赤色は運が良ければ1個、多くても2個か3個で退散してくれる場合が多い。その反面店売り品のエーテルを要求する緑色は最低でも2・3個、運が悪いと5・6個ほど要求してくる事がある。

こいつ等は攻撃の直前に必ず「ケチッ!」としゃべる。
そのたびにイヤな攻撃をしてくるのはともかくとして、一体何回言えば気がすむんだ。

  • おまけにアイテムをあげても上記のように「もっと ちょうだい!」とか言う始末。
    本作のマジックポットはこっちに回復アイテムを使ってくれるという太っ腹なのに対し、
    こいつらはつくづく強欲な「壷」である。
  • こいつが出てきて何もしていないで「ケチッ!」と言われたことに逆ギレして
    アルテマウェポン×8でぶちのめしたりするのは自分だけじゃないはず。無論先にリレイズして。

緑色 Edit

HP:30000


主に2グループ目15戦目のサボテンダーの代わりや、
4グループ目3戦目のバジリスク×2、リーチフロッグの集団の代わりに登場(前者の方がアンラックズの出現率が高い)。
エーテルをねだってくるが、あげないでいると物理攻撃を一度に何発も連発してくる。
その威力はオメガウェポンの「それ」に匹敵し、一発で即死もあり得る。
しかし、防御力が255に達しているか回避率がそれなりに高ければシャットアウトできるので、
アルテマなどで強引に倒してみるのもアリ。
盗めるのはフォースシールドと、他の「3色」に比べるとありがたみが薄い。


こいつはアンラックズの中でも防御が160程度(黄色は150だが)。
HPも3万しかなく、ファントムなどで対策も簡単にできる分かなり弱い部類に入る。
ちなみに毎ターンごとに4回連続攻撃。ファイナルアタックは脅威の10回攻撃


防御力は低いが、回避率が高いので通常攻撃はまず当たらない。
皆伝の証やスナイパーアイを使っているのでなければ、素直にアルテマなどに頼るのが無難。

  • というか、エーテルは店で普通に売ってるから、コイツにあげるのは別に全然構わない。
    • それにしてもどうしてこいつだけ、普通に店売りされているアイテムを要求するのだろう?他のアンラックズは非売品のアイテムを要求してくるのに・・。
  • 脳筋に変わりはないので一番楽ではあるが、普通にここで遭遇し、放っておくと(初見の人がほったらかしにはしないだろうが)2〜3発で1人やられる。

スケッチ」でたたかうエアロガが発動する。

青色 Edit

HP:40000


主に1グループ目15戦目のデスペナルティーの代わりや、
6グループ目5戦目のムードスードの代わりで登場(後者の方がアンラックズの出現率が高い)。
エーテルターボをねだってくる。
あげないでいると、ブラスターや「おしおき」で即死させられてしまう。
スリースターズを盗めることもあるが、正直にエーテルターボをあげてお引取り願った方がいい。


逆切れした場合は自分のターンごとに「おしおき」2回。ファイナルアタックが「全体がけブラスター」。
即死効果もある「おしおき」は物理攻撃なのでゴーレムを召喚すれば完全にシャットアウトできる。
全員がセーフティビットなどをつけておけばFAも完封できるので、倒すことが可能。
即死耐性をつけていない場合は、リレイズで代用すればOK。


「スケッチ」でたたかう・ブリザガが発動する。

黄色 Edit

HP:50000


主に4グループ目最終戦のマジックポット2体の代わりや、
7グループ目4戦目のイエロードラゴンの代わりで登場(前者の方がアンラックズの出現率が高い)。
エーテルスーパーをねだってくる。
あげないでいると、クラウディヘヴン誘惑メガバーサクといった
かけられると嫌な状態異常系攻撃を、これでもかといわんばかりに連発してくる。
皆伝の証を盗めるが、無理に盗む必要はない。

  • なかなかリボンセーフティビットといった、
    防御重視型のアクセサリ構成で進めている人は少ないと思われるので、
    盗む実行のために長時間コイツと対峙するのは非常に難しい。
    アンラックズ各色と数回ずつ戦ってみて、この黄色バージョンからが一番盗みづらかった。
  • インターバルのときにうまくアクセサリを換装するべし。
  • ちなみにこいつの行動パターンは、奇数ターン時にメガバーサク→愛の宣告、偶数ターン時に誘惑→クラウディヘヴンを使ってくる。

「皆伝の証は他に入手方法があるし、さっさとアイテム渡してお引き取り願おう」と思っても、
要求するアイテムであるエーテルスーパーの入手機会が極めて少ないのがキツイ。
クリア前の状態ではどうあがいても4個しか手に入らず、
竜の巣でやっとレア扱いながら盗める敵が登場する有様である。
逃走させるための難易度は全色中最高である。


ファイナルアタックはディスアスター魔界の汽笛
全員がセーフリボンをつけていても誘惑や愛の宣告は防げないので、皆伝の証を盗むのは困難。

  • ちなみにディスアスターは「魔封剣」で吸収できる。
    メガバーサクも吸収できるので、アルテマ対策に使っているならついでに吸収すべし。

リボン+セーフティビットなら、愛の宣告と誘惑以外を防ぐことができる。
愛の宣告は魔法攻撃に切り替えれば無害だが、誘惑はそうもいかない。
しかし皆伝の証を落とすサムライソウルは必ず登場するとは限らないので、盗むか退場してもらうか・・・悩ましい。


回避率がメチャクチャ高く、必中攻撃でないとまず外れるので
勝つためには強力な必中攻撃を持ったキャラが必要。
だが皆伝の証は「愛の宣告」に阻まれるし、
メテオやアルテマは詠唱中に「誘惑」された時、ウボァーになるのが困りもの。
というわけで、個人的には「投げる」「必殺剣」「必殺技」あたりがお勧め。
手っ取り早いのは、リレイズとクイック、を駆使しながら猛攻をかける事だけど。

  • 「乱れうち」には反応しないのでは?「誘惑」されたキャラクター
    • 「誘惑」ではなくて「愛の宣告」のほうかな?。確かに「愛の宣告」は「乱れうち」に反応しないね。

4種類のアンラックズの中で唯一全属性を吸収する。
そのため、クエイクメルトンなどの属性攻撃は使えない。
ウィークメーカーと組み合わせる必要がある。


ちなみにコイツの魔力は、なんと100。
本作の全モンスター中、最大の数値を誇る。
レベルも91と高く、実質的な魔法面での実力は、あのオメガウェポン(レベル97・魔力30)の優に3倍。
..なのだが、魔力に依存する技を使ってこないので、宝の持ち腐れである。


「スケッチ」でたたかう・サンダガが発動する。

赤色 Edit

HP:60000


主に3グループ目10戦目のマグナローダーズ達の代わりや、
5グループ目6戦目のフレイムイーターの代わりに登場(後者の方がアンラックズの出現率が高い)。
FF5時代のマジックポット同様、エリクサーをねだってくる。
あげないでいると、毎ターン究極魔法アルテマの怒涛の如き連発に加え、ファイナルアタックに心ない天使…。
ソウルオブサマサが盗めるが、よほどの余裕が無い限りはやめたほうが無難。
ただし他の3色と違ってこいつから盗む以外には1つしか手に入らないレアアイテムなので、
無論腕に自信があれば狙う価値は十分過ぎるほどある。


セリスゴゴをいれて魔封剣を使い続ければ安全に倒すことが可能。
但し、心ない天使は防ぎようがない上に
次の戦闘に出てくるのはネイショリズムマインボール2体ずつ、もしくはエアフォースor水晶竜の組み合わせ。
戦闘が始まったらすぐに回復を。

  • 戦闘後の後味はFAが心無い天使のコイツ(赤色)が4色中一番悪い。
    まれにコイツの後に水晶竜が出てくるとドキドキもの。
    こちらのHPはオール1なもんだから、
    水晶竜が大旋風や必中&全体がけ技の烈風殺を使ってこないかと緊張する。
    • もっとも必中&全体がけ技の烈風殺は雷神の盾英雄の盾があれば完封可能だが、
      不意打ちをくらって先制で物理攻撃を連続でくらう恐れもあるので
      ミラージュベストを着せてなければ なるべく4人全員生存した状況で耐えきって体制を立て直したい。
      (※前の戦闘で透明状態になる作戦は不可)
    • 大旋風は属性攻撃ではないので盾じゃ防げない。魔法型即死攻撃の耐性が必要。
  • ネイショリズム&マインボールの組み合わせもなかなか厄介。
    バックアタックか挟み撃ちで出現されるとかなりレベルが高くても全滅させられる危険性が大きく、
    マインボールの物理攻撃はまだしも、ネイショリズムの武器投げはミラージュベストの分身も盾防御も基本的に通用しないからだ。
    そして何より、こいつらは水晶竜と違い“確実に”出現する…!

下手な隠しボスより強い。
カイザードラゴンはクイックの餌食にしましたが
こいつはそんな隙もなく全滅しました。orz


アルテマのダメージは6500前後。
魂の祠に挑戦する段階なら高レベルキャラが揃っていることも少なくないので、
その場合は魔封剣がなくても楽に盗める。
逆にアルテマに耐え切れるHPが無い場合、魔封剣が無いと凄まじい強敵と化すだろう。


「スケッチ」でたたかう・ファイガが発動する。

FFRK Edit

【深淵】ヴァリガルマンダ戦で2枚のバリアを解除すると、バリアと同じ色のアンラックズが登場する。
赤黄青の3色で、赤は氷弱点、黄は水弱点、青は炎弱点。緑は出ない。