Top > モンスター > 【ウィザード】
HTML convert time to 0.005 sec.


モンスター/【ウィザード】

Last-modified: 2017-11-07 (火) 22:46:19

「ウィザード」は主に男性の魔法使いをさす言葉。


FF1 Edit

NES版での「マインドフレイア」がこの名前である。

FF2 Edit

竜巻内部、パラメキア城などに出現する魔道士。魔道士系の中では最強。
フレアーLv10(全体)を放ってくるため、下手をすれば全滅しかねない。
このモンスターの初登場は帝国占領下のフィン城なので、その時点では耐えられない事も多いはず。
唯一アスピルの本を持っている敵なので、アスピルを量産したければ大量に倒す事になる。
アスピルが欲しい場合は竜巻内でコイツを狩るのがお勧めである。(テレポで脱出可能なため)

  • 因みに、初登場はフィン城ではなく、闘技場である。
    しかし、エンカウント率はとても低い(フィン城でも低いのだが)ので、実質初登場はフィン城みたいなものである。
    竜巻などとは違って期間限定ではないものの、効率が悪いのでお勧めしない。
  • 竜巻内部では、6-7階か小部屋にて中確率枠のエンカウントが一番確率が高く
    パラメキア城内では、4-7階の宝部屋で高確率枠のエンカウントでジェネラル、キャプテンとセットで出現するのだが、同じテーブル枠にキャプテンとクアールが紛れている。
  • それだけではない。場所に比べてエンカウント率が高いことと、ウィザードだけが一度にたくさん現れる(最大で5匹)場合があるから。
    • 一つ補足しておくと、小部屋(皇帝のいる階)では5匹で出ない。(3匹までしか出ない)5匹出現を狙うなら、3階〜5階がいい。

トードデジョンブレイクストップを使ってくる。一斉に乱射されると大変危険。
幸い全て変化属性なので黒装束などで防げる。狩りをするときは全員に耐性を用意したい。
アスピルで味方全員のMPを削ってくるのは防ぐことができない。


FC版でアスピルを量産するならフィン城突入時に電源技を使って狩りまくるのがオススメ。

  • なかなかアスピルの本を落とさないので、フィン城で狩りを続けていくうちに気がつくと熟練度がめちゃくちゃアップしてたりする。
    おかげでその先の攻略がかなり楽になったりならなかったり。

コイツはダイヤの胸当ても持っているので、
闘技場の前にラミアクィーン相手にリボンを取り、闘技場(orフィン城)でこのダイヤの胸当てをゲットできると、ゲーム進行が楽になる。


GBA版以降では、「アスピルは早めに欲しいが、SORを見越してウィザード狩りをしながらリチャードの育成もしたいな」なんて考えてると、フィン城で狩るか、竜巻で狩るか、で迷うことに。


PSP版以降なら秘紋の迷宮の「暗黒」のフロアで出現するので、一応レオンハルト加入後も狩りやすくはなったが、この暗黒の言葉を覚えるためには「飛竜」を覚えなければならないので、どの道ミンウやヨーゼフにはアスピルを覚えさせられない…。

  • 「竜巻」、「パラメキア」のフロアでも出現するが、それらの言葉を覚える時期の関係上、結局ミンウやヨーゼフにアスピルをおぼえさせることはできないのでした…。

因みに、こいつのいるパーティからは基本的には逃げられるが、パラメキア城でジェネラルと一緒に出現した場合は逃げられない。

FF6 Edit

崩壊後ナルシェの雪原に出てくる青いローブを羽織った魔導士。
クラウドウォーロック魔法レベル20のように怪しい格好をしている。
基本的に直接HPにダメージは与えて来ず、スリプルコンフュストップサイレスで此方の行動を封じにかかるほか、
ラスピルアスピルでMPにダメージを与えて来たり、ゾンビ化効果の物理攻撃死者の足音を使ってくる。
集団で出ることが多いため、アミュレットリボンがないときはあまり相手にしたくない相手。
が、ネクロマンサーのようにフェイズのような逃げられない敵と同時に出現はしないのでこちらの方が楽ではある。
ちなみに弱点は雷と毒属性。
種族は人間。

  • あやつると「たたかう」、ラスピル、グラビデ、ストップを使用する。
    スケッチすると、グラビデかラスピルが発動する。
    あばれる」と、グラビデが発動する。
    また、意外な事に魔法生物ではないので、MP0にしても倒せない。

崩壊後に3属性のロッドを入手できるありがたいモンスター。
盗むで雷のロッド氷のロッドが手に入り、倒すと炎のロッドをドロップすることがある。

  • このうち、確率の都合上、雷のロッドだけが異様に手に入りやすい。せっかくなので、余った雷のロッドを使い捨てのアイテムにしてこいつにぶつけてやろう。魔法防御力無視+弱点属性で、とても効果的。
  • 3種99個をこいつから調達した際、雷のロッド99個に達したころに炎と氷は25個。毎回盗んでいれば炎と氷が99個に達するペースはほぼ同じ。

ある程度のダメージを与えると魔法や特技でこちら側の攻撃の時間を引き延ばす。

聖剣伝説 Edit

グランス城で初登場。この時点で登場する盾ではライトニングボルトを防止できず、結構痛い。
またダークストーカーとペアで登場することが多く、ブリザドを利用したパズル部屋でも登場する。
ブリザドが効かない上、接触するとモーグリになるので非常に鬱陶しい。

  • ライトニングボルトには石化効果付き。
  • サイレス耐性はないので、とりあえず黙らせて攻撃するのも一つの手。

魔法を使用するマシンゴーレムのようなものらしく
これが9の黒魔に継承されている。


見た目は、FF3の魔人とほぼ同じもの。
これは『聖剣伝説3』にも受け継がれている。