Top > モンスター > 【ガルガンチュア】
HTML convert time to 0.006 sec.


モンスター/【ガルガンチュア】

Last-modified: 2017-09-29 (金) 19:04:18

元ネタは、フランソワ・ラブレーの書いた『ガルガンチュア物語』に登場する同名の巨人か。


FF6(GBA版) Edit

GBA版で追加された中ボス。
グラは他の巨人族(ヒルギガースギガントスグラシャラボラス)と同じ。カラーは8基準なのか灰色。
エクストラダンジョン竜の巣の〔試練の回廊〕で、シンボルエンカウントする。
スロウ効果の特技「イービルアイ」や、グラビガクエイクを使う。
特に特徴ある攻撃を仕掛けてくるわけでもなく、HPも30000と竜の巣のザコ敵と変わらないぐらいなので、
割と楽に倒せてしまう。
倒すと稀にグロウエッグを落とすが、レア扱いなので期待しないほうが良い。
あとコイツのLvは85だが、即死耐性があるのでレベル5デスは効かない。

  • ステータス異常は即死の他にカッパ・石化・沈黙・ストップ・透明・死の宣告に耐性がある。
    この種族の特徴の傾向に準じて、毒属性に弱い+種族が人間となっている。

追加モンスターなので、「暴れる」には登録できない他、「操る」も効かない。
スケッチ」ならクエイクか「たたかう」が使える。


コイツ自身はあまり強そうじゃないけど、
必中&防御無視&全体攻撃魔法のクエイクを使われたら厄介じゃん、
と思っていたらさっそく使われてしまった!
でもダメージは200ちょい…!?
…え、桁をひとつ間違えてない…?
これじゃ、スラッグクロウラどころか、世界崩壊前のリトワールビッヘ以下。
調べてみたら、コイツはレベルこそ85もあるものの、魔力が『0』。
通常出現したら何も攻撃しないカオスドラゴンと同じような「スタッフのいたずらモンスター」の類かな?


魂の祠の第3グループの19戦目でチャーミーライドパンドラ×3の代わりに稀に出現する場合もある。

FF8 Edit

gargantua.png

アルティミシア城の武器庫で封印を守っているボスモンスター。
バイセージ・ハンズを倒すと出現するが、バイセージの下にこんなのが隠れているなんて、
と初見でプレイヤーを驚かせること請け合いである。
実力の方は、反撃に気を付ければ特に問題の無い相手。
アルティマニアには「ゾンビ状態にしたあとにレイズなどを使えば、一撃で倒すことが可能だ」
と実も蓋も無いことを書かれている、可哀想なボス。
あと、確率は低いものの、デスも効く。

  • 即死が効く基本確率は20%なのだが、精神0であるため実際にはそれよりもデスは効きやすい。
    魔力が100以上であるならばそれなりに高い確率で即死させることができる。

見た目に似合わず、魔法主体の攻撃を行う。
また、『イービルアイ』はスロウカーズの追加効果を持つ全体攻撃だが、
受けても極端に不利になることはない。
但し上記にもあるように、物理攻撃に対してカウンターで行う『反撃ひねり』は、
1500〜1800前後のダメージをもっていかれるので気をつけよう。


見た感じは皮膚の無い灰色の筋肉むき出しの巨人。
青いベストを着ているように見えるが、体の内部が空洞になっており、体の内側が青色をしている。


顔と両手のみの外見で、それぞれが別キャラ扱いという意味ではデ◯タムーアを彷彿させる。ただし最終形態が分離状態のあちらに対してこちらは分離状態を倒すと本体が出てくると順番が逆。


【視聴覚室】
増殖バグ。入れ替わりに関してなんらかの不具合(?)がある模様。

  • 全体物理攻撃「吐息」に対してカウンターでバイセージを倒すことが条件らしい。

ライブラの解説文

パワーあふれる巨体を持つモンスターであるが、意外なことに、魔法主体に攻撃をしてくる
物理攻撃を受けると、怒って反撃してくるので注意が必要である

カード Edit

レベル7のボスカード。
カードの数字配列は ←:8・↑:5・→:6・↓:6。
ガルキマセラスラストエイビスカード使用で変化させれば 1/16の確率でこのモンスターのカードを入手可能。
カード変化のレートは10:1の比率でちからだすきとなっている。

FF11 Edit

ボスディン氷河に出現する、ゴーレム族のノートリアスモンスター
出現ポイント周辺のストーンゴーレムを倒していると、低確率で出現する。


詳細はこちら→Gargantua

FF15 Edit

シガイ」の一種で、鉄巨人タイプのモンスター。
動作は他の鉄巨人系モンスターと同じ。


第13章で登場するが、最初に遭遇する際はノクト一人なので、基本的には無視した方が良い。
狙う必要も無いが、オルタナで一撃必殺可能。