Top > モンスター > 【グルームウイング】
HTML convert time to 0.003 sec.


モンスター/【グルームウイング】

Last-modified: 2018-02-14 (水) 00:38:26

FF4 Edit

地底世界に出現する。
ヘルフラッパーと似た構成で出現するが、こちらはミスリーダを連れてくる。
出現率が低いのでGBA・DS版ではモンスター図鑑を埋めにくい。

  • 出現率が低いのではなく、出現地域が狭い。
  • 月面のブラックプリンよりも早く出会える貴重なエーテル補充要員
    • 蛙にして大量に盗んでおくと被害も少なく、後の展開に大いに役立つ。

ちなみにFF5には「グルームウィドウ」、FF6には「グルームウィンド」という似た名前の敵が出てくる。

  • 語感は似てるが向こうはクモ系、こっちは蛾っぽい。
    見た目は似てないので注意。

ヘルフラッパーの上位種で、黄色っぽい色をした蛾のモンスター。
アラウネゴルゴーンらと同様、シルフの洞窟南部の狭い範囲に出現。
魔法防御が高く、ほとんどの攻撃魔法は1ダメージにされてしまう。

  • なんでこんなのが魔法防御高いのか謎。
    同型のフライングアイヘルフラッパーは全くそんなことはない。
  • 他の蛾とは異なり、元ネタのほうで夢魔の眷属や魔法のパワーの宿る土地に飛んでいる事が多いため。禍々しいもしくはミステリアスな蛾なのだ。
  • 通常攻撃の他、鱗粉暗闇にして来る。
    飛属性に弱いので、弓矢や円月輪で攻撃しよう。

AD&D第一期モンスターマニュアルIIに同名のモンスターが確認できる。


状態異常耐性は特に何も備えてない。

FF4イージータイプ Edit

イージータイプでは名前がそのまんまの「きょだいが」に変更。
きょだいばいきんに通ずるものがある。

FF4(DS版) Edit

ステータスが全体的に高めで、素早さが特に突出している。
飛属性の概念がなくなり、種族も特に何も振られていない為、弱点がなくなった。
しかも土属性半減する上に、状態異常耐性も蛙・小人・豚に耐性を得た。
その代わり、従来までの異常な魔法防御力はなくなっているので、魔法で普通に対抗する事も可能となった。