Top > モンスター > 【ジェルフィッシュ】
HTML convert time to 0.004 sec.


モンスター/【ジェルフィッシュ】

Last-modified: 2017-03-27 (月) 06:57:19

FF5 Edit

第三世界にて、マップ左下の海域に出現するスライム形のモンスター。必ず4体のパーティで出現する。
出現場所が普通にプレイしていると『絶対に』行かない場所なので、偶然出会うことは極めて稀であろう。
攻撃手段は通常物理攻撃とクリティカルのみだが、このモンスターは攻撃力が0であるため
たとえこちらが素っ裸でも絶対にダメージを受けることはない。攻撃力はFF5敵中最低である。
倒しても経験値は得られないが、獲得ABPは8とやや多め。


同様に特定の海域にしか出現しないモンスターとしてスティングレイシルビューヌがいるが、
この2体がGBA版の追加ダンジョンに高確率で出現するのに対し、コイツはGBA版でも海にしか出現しない。
そのため、GBA版でのレア度は上記の2体よりも上。


操る????を使うが、初期状態ではMP0なので不発になる。
シーデビルのように金持ちというわけでもなく、レアアイテムも持っていない。
知らないとまず遭遇できないにも関わらず、敢えて戦う意味はほとんどないモンスター。
シルビューヌ狩り」を効率よくやらせない(邪魔する)ための敵なのだろうか。

  • GBA版ではモンスター図鑑コンプリートを「妨害する」役目もあるかもね。
    FF3のデスニードルみたく「レアであること」そのものが存在意義。
  • シルビューヌと比べると確かにハズレだが、石像×5と同じABPと考えると悪くはない。
    しかもこちらは雷弱点に加えてHP1000ぽっち・攻撃能力皆無と、石像より格段に処理が楽。
    仮にこちらのレベルが35とすると、魔力8もあれば雷迅(属性強化不問)で一掃出来る。
    全体サンダガを使う場合も、大抵は確殺条件(レベル×魔力が512以上)を満たしている筈。

「jellyfish」といえば「クラゲ」の事だが、こいつはクラゲとは一線を画した存在に見える。


イストリーの滝には「ジェルウォーター」というモンスターが出現するが、
あちらはマトモな戦闘能力を持っている。
「ジェル」の部分が共通だからといって間違えないように。


こいつを放つデジョンが発動するのだが、効果範囲は何故かこいつ自身が対象になっており、
戦闘中の敵味方に対しては何も効果を発揮しないまま勝手に消滅する。
ちなみにモスフングスも同様。