Top > モンスター > 【スラストエイビス】
HTML convert time to 0.005 sec.


モンスター/【スラストエイビス】

Last-modified: 2017-10-30 (月) 15:40:34

モンスター/【ストラトエイビス】


FF8 Edit

2対の羽をもち、鳥に酷似した小型の翼竜。主にガルバディアティンバーに生息。
Lv19以下の時まで風が弱点で、20〜29の時は無効、30以上になると吸収してしまう。
APが3入手可能で、AP稼ぎに最適。

  • レベルが高くなるにつれて、幼鳥→成長期→成熟期みたいな感じで風の扱い、つまり飛び方に慣れた、ということなのだろうか。
    • ↑ちょっとキュンとした。

石集めのイベントでは巣(の中の石)を探しに来たスコールたちに住処を荒らされ倒されるというどっちがモンスターなのかわからないことをされてしまう。


カード使用で稀にレアカードとしてガルガンチュアが手に入る事がある。


出現頻度が高く、結構な確率で風切り羽を落としてくれる。この風切り羽からエアロ精製すればミノタウロスセクレト戦の難易度がぐっと下がる。


ライブラの解説文

主にガルバディア大陸に住む飛行モンスター
通常は上空から急降下攻撃をするが、ダメージがたまると、相手の頭をかじったり、突風をおこしたりする

カード Edit

レベル2のモンスターカード。
数字配列は ←:5・↑:5・→:3・↓:2。風属性を持つ。
カード変化風切り羽×1を精製できる。

FF12 Edit

大灯台・上層/至頂の旋回廊1、至頂の旋回廊2に出現する。
ハントモンスタースカルアッシュが居る。


ピュロボロスの攻撃を闇属性でガードできるからと油断していると
空中移動している奴に絡まれることが多い。

  • アイロネートのこと?
    スラストエイビスも飛べるだろうが、飛んでいるコイツに会ったことがない。

雷が弱点、吸収属性はなし。
混乱、スロウ、猛毒、オイル以外の障害ステータス+狂戦士を無効化する。
HPが11621〜11961になると、プロテスヘイストが付加される。
ノックバック無効HP満タン攻撃力UP瀕死防御力UPカウンターのオプションを得ている。


通常攻撃に4%のウイルス効果。
ファイガサンダガブリザガクラッシュファング体当たりファイアボールが使える。
ヘイトが一番高い敵を狙う。
リンク範囲が広い。
HPが11621〜11961未満の時に回避無視、通常攻撃ダメージUP、カウンター確率UPを得る。


鉄甲殻氷の魔晶石ホーリーの魔片マールコニーデをドロップ。
鉄甲殻、50ギル、レオを盗める。
竜騎士の心得石ころが30%、アルカナが21%の確率で入手できる。
密猟で鉄甲殻とレオが得られる。


大灯台に生息する、深海のように青い体をもつドラゴン。
彼らは幼体期を大灯台を囲む巨大な滝で過ごす習性がある。
そのため彼らを覆う硬い甲殻は流水により削られ、表面は非常に滑らかで丸みを帯びている。
視覚器官は備わっているが、ものをみるためは光を必要とするため、
灯台内の暗闇では、視覚よりも嗅覚に頼って活動している。

FF14 Edit

クルザス中央高地に生息するドラゴン族のモンスター。F.A.T.Eで主に出現する。
単なる雑魚モンスターというよりは、ボスのドラゴンの眷属としての印象が強い。
クルザスにあるダンジョンにも徘徊しており、ドラゴン族を信奉する異端者がこれに変態したりするため純粋なドラゴン族であるのかは謎である。


「エイビス系」は異端者がドラゴン化した種族で、ドラゴン化した中では最下級という設定がある。
ウェアドラゴンの項目も参照。

FFRK Edit

FF12からザコモンスターとして登場。

PFF Edit

ドットはFF5のズーの色違いで登場。赤い。
メインストーリーの最終あたりで登場する雑魚敵。HPが高い。
チャージ技で3ターン後にトルネドをしてくる。
おともにフライングアイorフライングキラーorピラミデライアのいずれか1種を2、3匹連れており、倒すと次のターンに増援として呼ぶ(2回まで)
火力が足りないPTだと素早い攻撃や補充にヤキモキし、トドメにコイツのトルネドで瀕死させられて全滅することになる。
先にスラストエイビスを倒せるならいいが、他の敵の攻撃もなかなか痛い。
雑魚なので、倒しても次の連戦で普通に出てくる。
そのためデイリーミッションで超級など行く時は、少しメンドくさい。