Top > モンスター > 【デスペナルティー】
HTML convert time to 0.004 sec.


モンスター/【デスペナルティー】

Last-modified: 2017-12-13 (水) 00:55:43

武器/【デスペナルティ】


FF6 Edit

獣ヶ原の洞窟で、タイガーファングの入った宝箱を守護するモンスター。
HPが8000もあるが、アンデッドなので炎・聖属性攻撃で大ダメージを与えられる。
他、種族が人間でもある。
なお死の宣告を使うので、カウント0までに倒せなさそうなら聖水をぶっかけるのもよい。
ただしFAでもデスを放ってくることがあり、その点は注意。

名前は英語で「死刑」の意味。

  • 金や経験値はおろか、魔法習得値も0。得られるものはタイガーファング(と死の宣告のラーニング)だけ。

姿はマーハディーバデッドリーボーンとほぼ同じ大型の奇形骸骨。
スケッチしたり操ったりした時だけ、「デッドエンド」という即死物理攻撃を披露する。
また、通常は獣ヶ原には出現しないが、「あばれる」のデータ上には存在する。

  • 当時のSFC版の攻略本にも堂々と掲載されていたため、惑わされた人も。
  • デッドリーボーンとほぼ同じというか、本気で違いがわからん...。色も一緒だよなコイツ
  • 「スケッチ」だと2つとも、「あやつる」だとたたかう以外の3つ全てで埋め尽くされている。流石に「死刑」の名を冠するだけはあると言える。

戦闘が一分以上続くと、こいつはアトミックレイを8連発してくる。
まぁそんなことさせる前に聖水レイズで倒しているだろうが。

  • 脅威のアトミックレイ8連発はまさに死刑。倒すこと自体は簡単なので、一度は見ておきたい光景である。
    • MPを0にするとアトミックレイ→MPが足りないのメッセージが8連続で流れる。これも別の意味で必見である。なお、通常はMPを使う行動しか出来ない(通常攻撃をしない)ため、MPが0になるとただの骨の置物と化す。

魔力が55と、SFC版の全モンスター中最高値を誇る。
GBA版でもこのモンスターを上回る魔力を持つのはアンラックズ(黄色)だけで、
普通のモンスターの魔力はほとんど10前後、オメガウェポンでも30であることを考えると驚異。
とはいえレベルが19しかないため実際のダメージ量は他の雑魚モンスターより多少高い程度。
アトミックレイ8連発を炎属性防御無しでまともにくらうとレベルが相当高くない限り全滅は免れないが、
名実ともにアンデッドな上、単体でしか出現しないため普通は実力を発揮する前に簡単に倒されてしまう。

  • FF6はモンスターも攻撃の威力に「レベル補正」を受けるからね。
    攻撃力数値の比較が本当にしづらい…。

状態異常は毒・カッパ・沈黙・バーサク・睡眠・ストップに耐性あり。

FF6(GBA版) Edit

魂の祠の第1グループの15戦目でも遭遇できる(アンラックズ(青)に置き換わることもあり)。
この魂の祠での遭遇後、獣ヶ原に出現するようになり「あばれる」に登録できるようになる。
事実上、GBA版からのあばれる追加モンスター。
ちなみにコイツで暴れるとクエイクを放つことがある。

  • 出現パターン表のうち、テーブル16のG部分に登録されているようだ。

新種にアバドンが加わった。