Top > モンスター > 【フリーズドラゴン】
HTML convert time to 0.008 sec.


モンスター/【フリーズドラゴン】

Last-modified: 2017-10-26 (木) 18:31:48

FF6 Edit

伝説の八竜のうちの一匹で、ナルシェの雪原を徘徊している。
その名の通り冷気属性(吸収)を持ち、炎属性に弱い。
ファーブニルベクタリトスの色違いで 見た目はかなり小型のドラゴンだが、
24400のHPと、9000ものMPを誇る。
攻撃は絶対零度雪崩など冷気属性が中心なのでアイスシールドで吸収できるが、
凍結効果のノーザンクロスだけは属性防御できないので、ファイアを唱えてケアしてあげたい。
たまに死ぬ間際に雪崩を仕掛けてくることがある。
 

  • 補足:
    冷気属性の攻撃は1000ダメージ程度。物理攻撃はクリティカルなら1000オーバーも珍しくない。
    新飛空艇ファルコン入手直後に戦うと(普通に進めていれば)それまでの敵と比べて結構強いが、
    これでも伝説の八竜の中では弱い方。
    雪崩を除く冷気属性攻撃はサイレスで封じることができるので。
  • 小型だが、伝説レベルの強さ。フ○ーザを想起させるな

暗闇沈黙死の宣告混乱スロウバーサクスリップが有効。
混乱させることもできるので、コイツ自身の強力な物理攻撃で自滅させるのもオススメ。
もちろん、正気に戻る度に混乱させ直す必要はあるが。
再び混乱させる前に味方が攻撃されないよう、コマンド入力のタイミングに注意しよう。
またバーサクも効くので、透明になっておけば事故死の可能性を排除できる。
なお、倒せばフォースシールドが必ず手に入る。

  • というか、異常耐性が八竜の中で一番少ない。
  • ラグナロックを使うと他の八竜の連中と同様に「クリスタルシリーズ」の武具になるので、それで変化を狙ってみるのも手。

正攻法で戦うなら冷気属性対策はもちろんのこと、ゴーレムフェンリルでの物理攻撃対策やこまめな回復も怠らないこと。
ノーザンクロスはセリス魔封剣で防げるが、より危険な雪崩や絶対零度を防げないのは痛い。


他の八竜と比べると、やたらと速く動き回っている。運動していないと寒いのだろうか。
住処の構造とあいまって、接触するのに若干手間取ることがある。

  • 冷気属性を持つというイメージとは裏腹な現象。
    氷づけ(凍結してないけど)のフリーズドラゴンでさえ耐えられない寒さとは、ナルシェの雪原恐るべし。
    きっと寒さそのものはFF7のガイアの絶壁の比じゃないんだろう。
    温度は空気があってちゃんと進めるくらいだから、氷点下100度くらい?
    • 実は冷気を放つゆえに、止まってると周囲が凍りついて動けなくなる説。
    • アレだ、「犬は喜び庭かけまわり」みたいなノリで…
      • そんなノリで寧ろ活力付いている説を推してみる。冷気属性を吸収するんだから、寒くて凍えそうって事はないだろうし。

位置的に後に控えるヴァリガルマンダより明らかに強い。
徘徊していることと言い、前作のオメガアパンダに通じるものがある。あっちほど落差はひどくないが。


強烈な打撃を繰り出してくるくせになぜか魔法生物なのでMPが尽きると死んでしまう。
ヴァリガルマンダは魔法しか持たないのに魔法生物ではない。
入れ替わったのだろうか?


スケッチ」すると、ブリザガの他に何故かファイガが発動する場合もある。
…フリーズってなんだっけ?

FF6(GBA版) Edit

Exダンジョン竜の巣で出現する強化バージョンは、戦闘開始直後に4体に分身する。
しかもベクタリトスと同様に4体が重なるため、攻撃対象が定まらない。
通常版よりも攻撃パターンが増え、ブリザガ吹雪フリジングダストに加えて
さらにストップ効果を持つ『凍結』まで使うようになった。
通常版同様にノーザンクロスも使い、こちらの動きを封じる厄介な相手である。
味方が凍ったらファイア、『凍結』をくらったらエスナデスペルで解除するとよい。
また、炎属性に弱いのでファイガを中心に戦うといい。
尚、今回は状態異常耐性が盤石なので、従来までのような搦め手は通用しない。
倒すとセッツァーの最強武器であるラストリゾートをドロップする。

  • 動きを止める技が多いのは、海外映画等で銀行強盗がよく言う、「freeze!(動くな!)」とかけたのだろうか?
    • 普通に名前そのままの凍結のイメージだと思うが。

他の強化八竜と違って、相変わらず何も盗ませてくれないケチな奴。


倒すと冷気属性攻撃でファイナルアタック(FA)を仕掛けることがあるので、
アルテマなどで4体まとめて倒すと、最大4連続の反撃を受けることになる。
しかし、冷気属性を吸収または無効化する防具があれば、気にすることなく倒して構わない。
 
これに加えて、炎属性(または風属性)を吸収または無効化できる装備もあるなら、
アルテマの代わりにメルトンを使うのもアリ。
しかし、スリースターズ装備時以外はアルテマより多くのMPを消費するため、
今後の戦闘を考えると、あまり推奨はできない。

  • 冷気属性の特技や魔法より物理攻撃のほうがよっぽどダメージが大きい。
    4体なので手数が多くなるのも脅威。
    そのことを自覚しているのか、物理攻撃を繰り出す頻度も結構高い。
    低レベル・低HPだとゴーレムもあっという間に解除されてしまうので注意。
  • 数が減ると攻撃が激しくなるので、まとめて倒した方がいい。
    FF6のMPはアスピルでお手軽に回復できるし、エーテルが比較的安く買えるし、
    その気になればエリクサーも量産できる。

最大HPは1体につき32000。
単純には強化型八竜では最低値だが、なにぶん4体分も相手する事になるので トータル128000ものダメージを与える必要があり、実質的には最高値と言えるかも知れない。


モンスター図鑑には分身達の分も倒した数にカウントされる。
因みに、乱れうち必殺剣 烈等で一番下にいる本体を先に倒すと
残った分身達も一緒に消滅する(※消滅した分は倒した数にカウントされない)。


魂の祠では通常版が第7グループの1戦目、強化版は第10グループの1戦目に出現する。

FF14 Edit

主にクルザス西部高地に生息するモンスター。
これといった特徴もないただの雑魚。