Top > モンスター > 【メズマライズ】
HTML convert time to 0.005 sec.


モンスター/【メズマライズ】

Last-modified: 2017-08-15 (火) 18:15:27

名前の由来は恐らく英語の「mesmerize」(催眠状態にする、魅了する)であると思われるが、
意味とこのモンスターの容姿や行動に関連性がないため実際のところは不明。


特技/【メズマライズ】


FF8 Edit

mesmenir8.jpg

大きな三日月状の刃を持った一角獣。
強くは無いが、メガポーションを精製できるメズマライズの刃が手に入る。
ここから精製すれば、元手ゼロでメガポーションを量産可能。
そういう意味ではおいしいモンスター。
確率は低いが、レベルが高くなると命の指輪復活の指輪をドロップするようになる。


“一角”獣なのにアイテムを盗むとメズマライズの刃が最大6つ手に入る。何故?

  • 破片なんじゃないかな。戦ってる最中に折れて、使い物になりそうなものだけ持って帰ってるとか。

体験版ではドール上陸ミッションの山道で登場していたが、製品版では同じく登場していたブエルともども別エリアに左遷された。

  • ブエルはともかく、こいつはDisc2以降の登場になったのだから左遷でなく格上げではないだろうか?

ブレード切りブレードショットなど角を利用した攻撃を仕掛けてくるが、
時々攻撃を喰らわせると頭の刃が吹っ飛ぶ。
こうなると攻撃力がダウンし、さらに刃を飛ばしてくる攻撃ができなくなり、かわりにうしろげりを多用し始める。

  • 角を飛ばして攻撃するが、集団で現れて連続で撃ってくると非常にうるさいし、なんかめんどくさくなる。

メガポーションを売って金を稼げるおかげでシュミ族の村にあるアルテマのドローポイントが気軽に利用できる。
高値で売る」「ショップ呼び出し」を組み合わせるとさらに効率よく金が稼げる。


馬型の一角獣だったり回復アイテムの素材になったりすることから、何となくキリンを連想させる。


ずっと昔、まだ零式がFF13アギトで発表された頃、発表画面で候補生と戦っていたことがある。
本編では彼は未実装のため、幻の戦いとなってしまった。


ラグナ編の映画撮影の時に、セントラ渓谷に生息している。
ルブルムドラゴンはともかく、こんな奴らが生息しているところに、無防備で映画をとるのか?(監督と魔女役の女)


カード使用で稀にレアカードとして、プロパゲーターが手に入る事がある。


ライブラの解説文

頭に大きなブレード型の角を持つモンスター
このブレードは回復の効果を持っているので、手に入れれば、アイテムや魔法の精製元としてちょうほうする

でもブレードを持っている本人は回復行動を一切取れない。

カード Edit

レベル2のモンスターカード。
数字配列は ←:4・↑:5・→:3・↓:3。
カード変化メズマライズの刃×1を精製できる。

FF12 Edit

mesmenir12.png

オズモーネ平原に出現するスレイプニル系モンスター。
おたからの「鉄の殻」はゴールドシリーズを交易品に並ばせるための素材となる。
また、心得による追加素材枠か密猟レア枠で「戦馬のたてがみ」を入手可能。


忠実な戦馬として調教するために、洗脳を施されたスレイプニル種。
兵法に長けており、危機には一度退散し態勢を整える引きの兵法を会得している。
調教の際にかけられた洗脳が強力すぎ、交配をくり返した今も解かれる気配はない。
今は亡き祖国以外の人を見かけると敵とみなし襲ってくる。

代を重ねても野生化しても解けないくらい強力な催眠をかけられているそうであり、名前に合っているとは言える。
オズモーネの辺りに彼らの故国があったのだろうか。
彼らの国が滅びている以上、残念ながら現代のイヴァリースにとってはモンスターとほとんど変わらないのであった。

FF15 Edit

mesmenir15.jpg

一角獣の姿をした野獣
本作ではリード地方を中心に1匹でいたり、群れをなす様子が見られる。
シャイアメズマライズという巨大種もいる。


移動速度が非常に早く、通常のシフトブレイクでも初弾がヒットしない場合も多い。
HPは低いのでひたすら追いかければ倒せるが、ファントムソードなら比較的楽。


体験版「エピソードダスカ」ではポップ位置は決まっているが、ポップするかはランダム。

メビウスFF Edit

煌く月のごとき角を持つ、変幻自在の霊獣です。

召喚のみで入手できるアビリティカード。
水属性のレンジャー系アビリティカードで、アビリティは「氷の爆裂?」。