Top > 幻獣 > 【クジャタ】
HTML convert time to 0.003 sec.


幻獣/【クジャタ】

Last-modified: 2017-09-23 (土) 00:34:27

モンスター/【クジャタ】


FF7 Edit

召喚マテリアの1つ。巨大な牛の姿をしている。
召喚魔法は「トライディザスター」。炎・冷気・雷の3属性複合魔法で攻撃する。


マテリアは忘らるる都へ続くの中をコロコロと転がっている。
拾えば入手できる。でも転がり続けて止まってくれないので、ちょいと面倒かもしれない。

  • 拾ったときの効果音がなぜか他のマテリアと違う

最後に大地が揺れるけど確か土属性はなかったような・・・。

  • 土属性はないね(3属性だから“トライ”ディザスターってことで)。
    前脚でドシーンってやって地面がぐにゃるのはダメージに入らないらしい。
    • クジャタが姿を現した後の攻撃がダメージに入っていないというのも切ない話である。
      元々は大地も加えた4属性複合攻撃の予定で作られたのだろうか。

イスラエルで伝えられているバカでかい聖なる牡牛がおそらく元ネタ。
中世イスラムではバハムート(ただし魚)の背中に乗っていて、
目と耳と足がそれぞれ4000あるというなんだかよくわからないバケモノ。


テュポーン」と同じく、残念ながら「ぞくせい」と組み合わせても複数の属性効果は得られない。
得られたとしても複合属性自体、全く使えないのでむしろ地雷だが。

  • 防具ならすごく使える。

相手のHPを回復させる召喚獣として名を馳せていた。


前作のヴァリガルマンダではダメだったのだろうか。

  • “下品な蛇”というファンが勝手に考察したこじつけより“聖なる牡牛”の方が海外受けがいいのでは?
  • ドラゴンや龍はあいつや、こいつとかぶると判断したのかもしれない。

消費MP110で攻撃力100。
入手場所・ストーリー的にもリヴァイアサン(78/75)やバハムート(100/65)の次の位置づけだが、この二つ(特に必須イベントの際に余程ひねくれていない限り手に入るバハムート)を入手する前に特に戦闘地域も通過せずに入手が可能。
最速入手だと威力だけなら別格。

BCFF7 Edit

マテリア援護要請時にグラビデ系を選択し、自身が装備・選択したマテリアと、
通信により送られてきたマテリアとがすべて同じマテリアだった場合召喚される。
発動マテリアがグラビデ系なため属性は重力。
流石に本編時のような属性にはならなかったが、逆に出世を遂げているかもしれない。
重力系はなかなか使い勝手が良いので、本編時よりも使われる機会が多いようだ。

FF13 Edit

ファルシ=クジャタとして登場。
エウリーデ峡谷のエネルギープラントの管理者のファルシとして登場する。
物語開始の8日前、パルスのルシであるヴァニラの敵意に反応し、60余年ぶりに聖府のルシとして
サッズの子ドッジをルシに変える。

FF:U Edit

召喚獣トライデザスターとして登場。
形状に関するデータは文章上からは読み取りにくいが、少なくとも三本角の獣ではある模様。
また、それぞれの角から高熱火炎・凍結光線・電撃を放っているようで、利便性は従来作より高そうである。

  • 召喚ソイルがストレートすぎてネタ気味ですらある。ある意味、三色融合で一番輝けた召喚獣。
    惜しむらくは、前置きが「全てを〜」で統一されていない点か。

  全てを焼きつくす『ファイヤーレッド』
  全てを凍てつかせる『アイスブルー』
  闇を貫く閃光『ライトニングイエロー』
  吠えろ!召喚獣トライデザスター!