Top > 幻獣 > 【グラシャラボラス】
HTML convert time to 0.005 sec.


幻獣/【グラシャラボラス】

Last-modified: 2016-10-25 (火) 13:47:10

元ネタはソロモン王伝説に登場する72柱の魔王のうちの一体・グラシャ=ラボラス。
鷲の翼を持つ巨大な犬の姿をしているという。名前を区切る位置を間違えないように。


モンスター/【グラシャラボラス】


北米版ではDoomtrain である。

  • 「破滅の列車」という意味。

FF8 Edit

train8.jpg

骸骨を模した列車の姿をしたG.F.。どうみても魔列車にしか見えない。
FF3やFF6でのデザインを覚えている人は、当然巨人タイプなんだろうと思って召喚するが、その姿を見て唖然とする。
初期LVは28で、HPは2521ある(LV100だとHP8650)。


ジャンク屋呼び出し」「禁断薬精製」を覚える唯一のG.F.でもある。
入手のためのヒントは、世界各地に散らばる4冊の「オカルトファン」をすべて読むことで揃う。
鉄パイプ」「万能薬改」「モルボルの触手」を6つずつ用意し、
エスタティアーズポイントにある「ソロモンの指輪」(ポケステでも入手可能)を使用すると出現する。


召喚魔法は「果てしなき暴走」。
演出は、踏切が出てきて、警報が鳴って列車が通過、敵全体を轢き殺すというもの。
属性は毒属性で、攻撃力はLv100で3571。
また、FF7のハーデスと同様に複数のステータス異常(「」「石化中」「暗闇」「沈黙」「バーサク
睡眠」「スロウ」「ストップ」「体力0」「混乱」「死の宣告」)を同時に発生させる付加効果もある。
毒属性を吸収無効する相手でも体力0の効果は必ず発動するので、
体力(物理防御)や精神(魔法防御)の高い敵に初回これを放てば戦闘を有利に進められる。


毒の粉毒の牙を使うと相性が上昇する。


外見はまるっきり機関車○ーマス。問題なのは顔がやたらと強面な点のみ。
ルックスと毒属性という問題はあるものの、状態異常の発動率が高くて非常に便利な一G.F.である。

  • デバッグルーム内では、こいつの名前だけ「デビルトーマス」に変更されてた気がする。
  • グラシャラトマス
  • ただ、見た目的にはトーマスというよりゴードンかヘンリーである。
  • ダイヤ改正によって酷使されすぎて過労死、アンデッドとして復活したトーマスといわれれば納得しそうなぐらい人相が変わってしまっている。

カード Edit

カードはレベル9のG.F.カードに該当。
数字配列は ←:A・↑:3・→:1・↓:A。更に、毒属性も付与されている。
カード変化のレートは1:3の比率でステータスガードとなっている。
通常の入手方法は、4番目にカードクイーンアレクサンダーのカードをカード勝負で奪わせて、ドールの画家から話を聞き、ティンバーのパブのバーテンとカード勝負をして奪う事。
尚、このカードはドールの画家に新たにフェニックスのカードを描き起こさせる為、カードクイーンにカード勝負で奪わせるのにも使う。

  • レベル9にしてAが2つもあり、イデアに勝るとも劣らぬ超強力なカード。
    • しかも斜めタイプという理想的な配置。
      多くのレベル10カードより使い勝手は上である。最終的に使う5枚にも入りうるポテンシャル。
      属性持ちは無属性の上位互換に近いので、最強カードと言っても過言ではないのかも?
    • これを生贄にフェニックスのカードを入手できるが、そのフェニックスのカードはというと...