Top > 幻獣 > 【サラマンダー】
HTML convert time to 0.002 sec.


幻獣/【サラマンダー】

Last-modified: 2017-09-09 (土) 00:35:23

四大精霊のうち、火を司るもの。トカゲの姿をしているという。
 
これは両生類のファイアサラマンダー(火蜥蜴)から着想を得ている。
実在の生物を元にした、架空の存在。
そもそもの名前の由来はギリシャ語の「火のトカゲ」


FFにおける「炎の幻獣」の座はイフリートが基本のため、サラマンダーは魔物として扱われることが多い。

  • 同じスクエニのゲームの中では聖剣伝説がFFから独立した2以降、炎および炎属性の魔法を司る精霊として定番化している。

モンスター/【サラマンダー】キャラクター/【サラマンダー】


FF12RW Edit

間接タイプの召喚獣。『火の玉をはくウリボウ 常にちょとつモーシン!』
ランクはI。火属性なので水に弱い。
基本技『ファイアボール』で攻撃する。

FFT Edit

炎の精霊よ、今一瞬の全ての炎を
その手に委ねる… サラマンダー!

召喚士召喚魔法として登場。初出のFFTでは竜のような姿をしている。火属性。
技の名前は「火炎竜立ち昇らん」。


同等の火力をもつリヴァイアサンオーディンより範囲が狭いのが最大の難点。火属性は強化がしやすいための措置か。
黒のローブなどと併用すればトップクラスの火力を叩き出すが、クリュプスを使う方が強かったり、サラマンダーよりはやーいイフリートで事足りたりする。
終盤はこだわりがない限り召喚は使わないのでカーバンクル並にいらない子。


9では同名のメインキャラに出世したが、その時も見事に空気っぷりを発揮した。戦力的にはマシだったけど。