Top > 幻獣 > 【ブラザーズ】
HTML convert time to 0.003 sec.


幻獣/【ブラザーズ】

Last-modified: 2017-10-12 (木) 18:36:29

FF8 Edit

地属性のG.F.名もなき王の墓にいる。
兄のミノタウロス(小)と弟セクレト(大)のコンビで登場。
恐竜の骨を使うと相性が上昇する。

  • しかし肝心の名もなき王の墓はストーリー上行かされるものの、入り口でやることが終わるので、
    とっととストーリーを進めたい人はこいつらの存在に気付かなかったと思われる…。

名もなき王(神聖ドール帝国最後の皇帝)の墓守として使役されていたようだが、
彼らが墓を守ることは皇帝の魂を地に縛り付けることにもなった。
皇帝の魂は既に世に止まることを望まなくなっており、ブラザーズが墓を離れるとこの世を去った。


召喚魔法は「兄弟仁義」。
技の内容はセクレトがモンスターを地面ごと投げ飛ばした後、
兄弟でどっちが投げ飛ばされるかジャンケンをするが、
ミノタウロスが後出しをし、セクレトは泣きながら投げ飛ばされる、というギャグ展開である。

  • 数あるバトル演出でも屈指のギャグ技。
    というかFF8は全体的にお笑い系バトル演出が多い。
    食べるとかジエンドとか俺式とかトンベリとか・・・。
    現に自分がそうで、結果としてセクレトの哀れになる回数が増えただけだった…。

元ネタはFF5。幻獣ではなくモンスターとしての登場だが、この頃から兄弟の設定はあった。
モンスターデザインは当時の野村氏が手がけている。
弟の名はセクレトではなくセクで、ピラミッドに登場。
兄は言わずもがな、その後に訪れる事になるフォークタワーのボスとして登場する。
当然さらなる元ネタがギリシャ・ローマ神話方面にあるがここでは割愛。


ブラザース単体のアビリティをみると、HPJ系統のアビリティとぼうぎょかばうで味方の盾の役割をつとめることになる。
力Jもあるので、例えるならFF5でいうナイトのジョブといえる。
精製などを持たないものの、戦闘面では非常に優秀で最後まで活用できる。


余談だが、FFRKでは何故かパーティドレスを身に着けたリノアの必殺技として登場する。

DFFOO Edit

第8章で契約可能になる召喚獣。
PTにセットすると、HPが最大HPの80%以上で最大ブレイブ値が上昇する加護が得られる。
召喚時には兄弟仁義で攻撃し、味方全体に土属性を付与する。