Top > 作品 > 【ファイナルファンタジーコレクション】
HTML convert time to 0.003 sec.


作品/【ファイナルファンタジーコレクション】

Last-modified: 2016-03-30 (水) 18:16:54

FF4〜6までをPS用ROMに移植して三枚組みでリリースされた作品。
美しい水色のカバーが目印。
変更点は冒頭、劇中で流れるオリジナルCGムービーと、戦闘時の画面エフェクト。
4だけやたら陳腐に見えるのは気のせいか?
だが、無理やり移植したのか、BGMがとてもお粗末になってしまっている。
出荷数が少なかったのか、今でも高値で取引されている。

  • FFコレクションは人気があったから今も出荷してるみたいだよ。
    普通に新品が手に入る(安くならないけど)。

ロードは長いけど、それでも十分すぎるほど面白い。
4〜6やってなくて家にスーファミないならとりあえず買っとけ。


4のロード画面はバラエティに富んでいて一見の価値あり(特にカインver.)。
6はモンスター図鑑、青魔法一覧などのおまけ画面を見る事ができる。
Amazon.co.jpでは2009年10月現在も購入可能。バラ売りのほうが貴重か。

  • 2011年4月にFF5とFF6が、2012年6月にFF4がゲームアーカイブスで配信開始。
    現物が欲しいファンはともかく、ただ遊ぶだけならこちらの方がお手軽。
    ただし、こちらはあくまでもPS版なので、バーチャルコンソール(SFC版)と混同しないように。

もともと4→5→6の順でプレステへ移植し、それを最後に3枚まとめてパッケージ化したものなので、
最初につくった4のクオリティが劣るのは止むを得ないと言う考えも。

  • ムービーなどは確かに劣ってしまうが、5・6には頻繁にある音楽のバグや長いロードがないため、実は一番遊びやすい。SFC版と違ってダッシュもできる。
    • 2ブロックでセーブを4個確保できるのも大きい(5と6は1ブロックでセーブ1個)。
      セーブ番号を変えてコピーする、というのが出来ないという問題もあるけど。

ご丁寧にバグまで移植されている。

  • 一部のゲーム進行に有利なバグ的裏技は修正されている。
  • FF4に関してはイージータイプで大小様々なバグが発見・修正されていたのだが、
    PS版は恐らく通常版の単純移植なのだろう、バグが「復活」してしまっている形に。

ちなみに初回限定版と通常版の2種類がある。
初回限定版は天野氏書き下ろしのティナ(のはず)が書かれた時計とピクチャーレーベル使用。
更に専用ケース入りととことん豪華。更に発売当初はCD-ROMを納めるケースも販売されていた。

  • 限定版の時計の数字表記はローマ字だが4の部分が一般の時計でみられる「IIII」ではなく「IV」と書かれている。

PSのソフト、即ちメモリーカードにデータを保存出来るので実にありがたい
(嘗てSFCFF4、5のデータが消えて涙目になった俺。スーファミのデータは消えやすいしね)。
だが、SFCの奴をそのままの移植なので、隠しボスや隠しダンジョンなどの追加要素は何もない。
どうせならGBA版の奴をこっちで出して欲しかった。


とりあえずロード画面で5ではクラウドを、6ではスコールをドット絵で見れた時は感動した。
あれもやっぱり渋谷さんが新たに書き下ろしたのかな?


ムービーは天野氏のデザインを元に作られているが、
4は7とほぼ同時発売だったためかキャラが人形のようである。
精巧さで言えば6だが、天野氏の絵に最も近いのは5であると思う。


ロードに関しては4はセーブデータロードの時に一発読みするので
本編はSFC版以上にスムーズにプレイできるが、
5以降はメニュー呼び出しや戦闘突入の度にロードするため、
これらの処理が行われる時にしばらく暗転画面が続く。
5より6の方がこの時間が長い。戦闘突入のエフェクトも変更されている。

 

また、ロード時間が原因で、6のエンディングはシーンと音楽がどんどんずれていく。
ガウのシーンなのにセリスの音楽が流れていたりして目も当てられない状態に。
5では音楽を遅く引き伸ばしたり一たん止めたりしてうまく対処していたのだが。

  • 4は4で戦闘中の演出や(アイテムや魔法を選ぶ時の)カーソル移動が滅茶苦茶遅い、という問題がある。
    戦闘やメニューを開くたびに待たされる、ということは無いのだが。

ちなみに海外のPSでも似たようなセット販売がされたのだが、日本版とは名称や収録ソフトが違っている。

  • 北米版「Final Fantasy Anthology」:「FF5」と「FF6」のセット
  • 北米版「Final Fantasy Chronicles」:「FF4」と「クロノトリガー」のセット
  • 欧州版「Final Fantasy Anthology」:「FF4」と「FF5」のセット

海外SNES(スーファミ)版の時点では作品ナンバーが日本版とズレていたが、
この一連のコレクションで日本と同じ番号に揃えられた。