Top > 青魔法・敵の技 > 【自爆】
HTML convert time to 0.007 sec.


青魔法・敵の技/【自爆】

Last-modified: 2017-07-17 (月) 18:48:23

現在HP分のダメージを与える代わりに本人は戦闘不能になる技。
青魔法やアイテムの効果に存在している事もあるが、
コレといったら『ボム』。もはや宇宙の法則。
味方サイドでは使うことはほぼないであろう青魔法。

  • 計算式に差異はあるものの基本的にHP依存である事に変わりなく、そもそもこの手のゲームでは敵のHPの方が味方のHPに比べて圧倒的に多い事がほとんどなのでそりゃー味方が使ってもそれほど強くないはずである。敵が使った場合は強力だがそれは上記のように敵のHPの方が圧倒的に多い事と敵は「後の事」(自爆後どうやって戦列に復帰させるか、など)の事を考えないでも良いからである。

関連:特技/【自爆】アビリティ/【じばく】


FF5 Edit

主にボム系のモンスターからラーニングできる青魔法の一つ。
詠唱者が戦闘不能になる代わりに、
対象(単体)に詠唱者の現在HP分のダメージを与える。


まぁ普通はほぼ使わないが、アポカリョープスに仕掛けるとカウンターで自爆してくる
また、ガラフエクスデス一騎打ちを省略するという、血も涙も無い使い方も。
最速でラーニングするなら、火力船モトルトラップから。


ギルガメッシュの必殺技でもある。


あやつる」で自爆させる方法では味方を対象にできないため、
ラーニングするには敵が使ってくるのを待つしかない。
誰に使ってくるかわからないので、全員青魔道士にしておくと楽。
ついでに、自爆される前にできるだけHPを削って被害を少なくしておこう。


低レベル・ABP0プレイで覚える場合、敵が自爆すると経験値が入ってしまうため、
自爆した敵をフェニックスの尾で生き返らせて捕まえる、という特殊テクニックが生まれた。

  • ピュロボロスのことも思い出してあげてください。
    というより、そのテクニックは融合ではないかと…。

味方側にこれの使い道があるとすればレベル系青魔法(というよりこれとかこれ)のラーニングに一役買うことくらいだろう。似たような使い道の融合と比べると応用の幅で劣る分消費MPで勝り、最速ラーニングもこちらの方が若干早い(厳密にいえば融合の方が早いが移動距離を考慮するとこちらに軍配)。

FF6 Edit

ストラゴスの「おぼえたわざ(青魔法)」の1つ。
ボムグレネードが主として使うが、ジャンク等の機械系のモンスターにも使う奴がいる。
詠唱者が戦闘不能になる代わりに、
対象(単体)に詠唱者の現在HP分のダメージを魔法回避率を無視して必中で与える。
大体の場合ストラゴスが仲間になる火事の家でバルーンが使用し、すぐにラーニングする。
まぁ実際のところ、任意で使用することは皆無な青魔法。


リルムスケッチで自爆が発動するモンスターをスケッチすると、リルム自身が戦闘不能になるので注意。
リルム一人の状態でスケッチをして全滅なんて事もある。これは融合でも同じ


あばれる」ではハイウェイ、バルーンで使用可能。
まぁ、知っていて選択するプレーヤーはおそらくいないだろう。間違って選択した時の「ババ」的なもの。

  • ボムを指定しても発動しない。ガウの台詞「ボムのように暴れるぞ!」は自爆するぞという意味ではないのである…多分。

マッシュの「スパイラルソウル」の影に隠れているが、竜の首コロシアムでは最大の自滅技の1つである。

  • 一応は相手にダメージを与えるため引き分けに持っていける事もあるが、大抵は名前通りの結果になってしまう。尤も、引き分けになっても結局は賭けたアイテムは無くなるが。

FF10 Edit

キマリのオーバードライブ技『敵の技』で使える技。
射程は近距離で、動作時間は3。
敵単体にキマリの最大HPの3倍(クリティカルで6倍)の固定ダメージを与えた後、戦闘から離脱。
ボム」「ビラン=ロンゾ」「グレネード」「ピュロボルス」に竜剣を使えば修得できる。


確実な大きな固定ダメージを与えられるため、縛りプレイではよく使われる。
キマリが唯一輝く瞬間とも言えるが、通常プレイしている分にはやっぱり出番が少ない。


ボスなどのHPの大きい敵にとどめを刺すのには一応使える。ほぼ確実にオーバーキルも狙える。
しかし大ダメージを与える手段としては召喚獣のオーバードライブがあるし、自爆したキマリはAPが得られないという難点がある。
ボスから得られるAPは多めなので、自爆でボスを倒してしまうのは勿体無い。
エフレイエ戦やラストバトルでは使えるか。


条件を整えればほぼ確実に99999ダメージを与えられるが、
実質的にはサンシャインの劣化版のようなそうでもないような。
99999ダメージ程度では戦闘から離脱するリスクに見合っていない。

この技くらいはFF8よろしくダメージ上限が更に1桁高くても良かったのではないだろうか。
最大599994ダメージ。これでもアタックリールよりは弱いが、
数十万ダメージの確実な瞬間火力があれば訓練場でのキマリの存在意義もあっただろう…。


楽しくて何度も使った(最悪)


これでビラン=ロンゾエンケ=ロンゾに止めを刺すと…?

FF11 Edit

ボム族からラーニング可能な青魔道士青魔法。魔法系青魔法に分類される。
発動時のHP依存の火属性ダメージを与え、自身は衰弱&HPが1になる。
攻撃魔法としてはまったく使い物にならないのだが、
青魔道士にとって重要なジョブ特性「オートリフレシュ」の発現トリガーであるため、
ラーニング必須の重要魔法になっている。


詳細はこちら→自爆

FFTA Edit

青魔道士の「青魔法」の1つ。ボムグレネードからラーニングする。
隣接範囲4マスに大ダメージで、自分は戦闘不能になる。威力は現在HPに依存しない。


操っても自爆させることはできないので、ラーニングはかなり面倒。
ラーニングさせたいユニットを含めた4人で取り囲み、瀕死に追い込むとよい。


消費MPは2で、威力は魔法攻撃力に依存する。無属性。
威力は高めとはいえ属性強化したラ系黒魔法とほぼ互角でしかなく、ガ系には全く及ばない。
しかし、青魔法にはツイスターマトラマジックのようにトリッキーな攻撃技があるものの、
単純に大ダメージを見込める攻撃手段はこれのみである。
天使の指輪や、同じ青魔法の天使のささやきなどでリレイズ状態にしておけば即復活可能なので、
状況次第では出番がないこともない、かもしれない。

FFTA2 Edit

表記は「じばく」。青魔道士の「青魔法」の1つ。
同じくボム系からラーニングできる。グレネードからのラーニングはお勧めしない。
隣接範囲4マスにダメージで、自分は戦闘不能。


操っても自爆させることはできず、またグレネードではオススメでないのは
テレポ移動なので囲んでも移動されて、狙ってラーニングしにくいため。