Top > 設定 > 【クラン】
HTML convert time to 0.003 sec.


設定/【クラン】

Last-modified: 2018-02-15 (木) 06:07:46

FF12 Edit

モンスター退治を生業とする団体。
個人や自警団などでは対処しきれないような事態が発生した場合に呼ばれ、収拾にあたる。
特に早急な対応が必要な場合は、手配に時間のかかる国軍よりクランに対応を要請することが多い。
多くの自治体がクランを利用しており、また為政者もクランの活動を広く認めている。
ほとんどのクランは行動区域を制限しておらず、国や宗教を越えて活動している。
 

ハントカタログNo.76 『賢者の知識』No.22より

クランはイヴァリースの各地に存在するが、規模の小さなものがほとんどである。
しかし大都市を活動の拠点とするクランの中には世間に名が知れたものもある。
空中都市ビュエルバにあるディアトリマ、
港町バーフォンハイムのブッカブーなどは他地域でも有名なクランである。
最近はダルマスカ地方でセントリオという新鋭クランが知名度をあげている。
また、フォーン海岸にはクランとは異なるハンターたちのグループがあり、
独自にモンスターを討伐している。
 

ハントカタログNo.162 『賢者の知識』No.24より

設定上、他のクランもあるようだが実際に見るのはセントリオくらい。
モブ退治からアイテム集めなど、色々やっているようだ。

FFTA Edit

一言で言えば他のゲームでのプレイヤーギルド。
多種多様なクランが存在しトレジャーハンターを家業としているクランもあれば、
森林保護の為に活動しているグリーンピースのようなクランもいる。
またクランと称し、略奪・殺人などの悪行の限りを尽くす犯罪集団もいる。
ある程度クエストをこなすとクランのレベルが上がり、それに応じた称号が与えられる。


クランセンターなるものがあり、クラン救助依頼や強盗クランなど取り締まりも依頼する。
クラン加入者募集なんかもやってくれる。
また「裏クラン連合」があり、クラン競争の犠牲となって解散したクランの長達が集まっている。
その連合曰く、勢力をのばし仕事をうばうことが本来のクランの姿であると提唱する。


町や山などの拠点を最終的に「ナッツクラン」が制覇してしまうので、
一つのクランによる支配をよしとしない輩が、後々登場することになる。
とはいえ拠点防衛が結構キツイ、同時発生すると余裕が無くなってくる。
ちなみにイヴァリース最大のクランは「ドネッドクラン」になるようだ。


メインクエスト「消えた論文」をクリア後はクラン競争が激化し、マップ上を敵クランがうろつくようになる。
出現するクランは各拠点と一対一で対応しており、同じクランならば敵の編成は固定。
これらのクランとマップ上で接触するとバトルになるがクエストには直接関係せず、自由に逃走可能。
仲間を育てたい場合や青魔法ラーニングなどで、自分が戦いたいときだけ相手をすればいい。
勝てばクエストクリア時と同様にAPを得られるし、運が良ければミスリル武器が手に入ることもある。
 
敵クランは対応する拠点からランダムに出現し、接触しなくても6日で消滅する。
移動は2日に1回、偶数日のみ行う。
移動パターンにはいくつかのタイプがあり、クランごとに決まっている。
プレイヤーを追ってくるタイプやランダム移動タイプ、全く動かないタイプなどがある。

FFTA2 Edit

上記とほぼ同じだが、ジャッジの設定が変わったため多少変化した。
クランのレベルはなくなり、クラントライアルにて称号が与えられる。


オークションに勝つと他のクランから喧嘩を売られたりする。
マップにシンボルが出るので、買うかどうかは強制ではなく任意だが。

  • マップを移動する際に結構邪魔なので、実質的には半強制だと思う。
    • ただしその中には「バトルで勝負してみないか?」と尋ねてくるバウエン一家みたいな優しいクランも有るよ。
      • 実は確認無しで襲ってくる相手の方が少ない。確認に際して金品や謝罪を求めてくる相手もいるが、たかだか5000ギルやそこらでAP30を稼げると思えば決して悪くない。