Top > 地名・地形 > 【サロニア城】
HTML convert time to 0.007 sec.


地名・地形/【サロニア城】

Last-modified: 2017-03-15 (水) 22:28:13

FF3 Edit

広大な領土と高い技術力を持つ、地上最大の都市国家サロニアの居城。
東西南北に分かれた4つの城下町を持ち、周囲を城壁で守っている。
 
飛空艇竜騎士の力で空を制圧したと言われているが、現在は見る影もない。
国王の命令で味方同士が戦っているという異常な状態にあり、
異議を唱えたアルス王子は追放処分を受けている。


最初は城内に入ることはできないが、アルスを連れていけば城内に招かれて寝室で休む事になる。
 
その夜、事件の首謀者であるギガメス大臣に操られたゴーン王がアルス王子暗殺を謀る。
しかしゴーン王の理性が術に勝り、国王は自らを刺して自害。計画は失敗に終わる。
そして正体を現したギガメスの真の姿、ガルーダとの戦闘になる。
 
ガルーダを討伐後、アルス王子は亡き父の遺志を継いで国を治めていくことを決意。
サロニアが解放され、広大な城内の移動および町の施設の利用が可能になる。


ガルーダ討伐後、城内の多数の宝箱を取れるようになる。
中にはもう少し早く欲しいドラゴンヘルムや、全く使えない「錆びた鎧」などがある。


城の最下層の奥には別のフロアがあるが、壁があるため直接行き来することはできない。
その場所には、かつてサロニアで「軍神」と呼ばれていたオーディーンが召喚獣となって眠っており、
海底から地下通路を通って来ることになる。