Top > 地名・地形 > 【磁力の洞窟】
HTML convert time to 0.006 sec.


地名・地形/【磁力の洞窟】

Last-modified: 2017-07-08 (土) 22:56:09

FF4 Edit

ダークエルフの魔法によって恐ろしく強い磁力を帯びた洞窟。
金属製の武器防具を装備していると身動きが取れなくなりエンカウントした途端に麻痺状態になってしまう。
また、パーティーメンバー全員が麻痺した状態で戦闘に突入すると全滅扱いになる。

  • 「せんせいこうげきのチャンス!」→「パーティはぜんめつした…」となってビックリ。
  • 一応、これに対しては全く情報がないわけではなく、最初に入ったときにシドが喋っている。
    シド「なんちゅう磁力じゃ!こんなところで金属製の装備なんかしてたら身動きとれんぞ!」
  • ミスリルの村で装備を固めておくとあっさりと全滅する。ヤンの言葉を曲解しないように。(あれは爪に限ったお話であって防具とは別問題)
  • もともとなんと呼ばれていたのか微妙に気になる洞窟である。
    • もともと鉱物に磁石が多く含まれていて「磁力の洞窟」と呼ばれていたのかも知れない。ダークエルフは単にそれを魔力でさらに強化して行動不能なほどにした、という。
  • あの立派なクリスタルルームは誰が作ったのかも微妙に気になる。
    • なにしろ、ダークエルフがクリスタルを盗んでくるまで、あそこにクリスタルは無かったはずである。彼がクリスタルを盗んだらここに飾ろうと思って事前に作っておいたのか。それともクリスタル自体に周りをキラキラした空間に変える力があるのか。

伝説のパーティーで赴くことになる伝説の洞窟。


装備してると動けなくなるほど磁力が強いのに装備してなかったら普通に持ち歩けるってのも変な話だよな。

  • 絶縁体の袋にしまっておいたとか。
  • それ以前に、装備してても普通に歩くことは出来るのに戦闘に入った途端にフリーズってのもどうかと。
  • なんとか歩くことなら可能だったってことじゃない?実際そんな状況だとまともに戦えないだろうし。
    • この洞窟の磁力は人体に悪影響を与えそうだが大丈夫なのだろうか

ここで普通に戦うのは面倒なことこの上ないので、
ハイポーションなどを買って所持金を減らしておき(逃走時にお金を落とさないようにするため)、
敵からは逃げまくるという手が有効。
ここで逃げまくっても他でちゃんと戦っていればレベルは足りる。

  • 手間を厭わないなら、セシルあたりがテレポを毎回使うようにする手も。こちらも所持金は落とさない。
    ただしセシルの素早さを低くして逃げやすくする戦法を取る人にとっては、併用が難しい。

ボスのダークエルフを倒せば磁力が消え、金属製の装備でもマヒ状態にはならない。
クリア後も入れるダンジョンなので、攻略1回目は全逃げでボスを倒し、後で宝を取りに行くのが正しいと思われる。
ちなみに、聖剣やミスリル系装備も磁力の影響を受ける。
『聖剣なら大丈夫だろう』とか思っているとオーガにリンチされるので注意。

  • SFC版なら、バーサクをかければ攻撃することも可能。
  • 限定された装備で戦うことを想定されているためか、貰える経験値のわりに敵は弱め。
    まともな装備なら楽勝なので、ボスを倒したらここでレベル上げをするのもいいだろう。
  • 入手できるアイテムのうち、一番重要な妖精の爪は必ず通る部屋にあるので安心。
  • ちなみに、非金属装備をそろえたうえで普通に進んでもそれほど苦労はしない。
    セシルはグレートボウで聖なる矢でも射っていればいいし、シドはもともと木槌がある。
    テラ、ヤンはそもそもあまり金属装備がないので全く問題ない。
    ねじりはちまきとけんぽうぎで守り(と、攻撃回数)をなんとかすれば特にレベル上げしていなくとも楽勝。
    • ここのモンスターが特殊なのか、グレートボウ+せいなるやでは聖属性特効が機能しない
      エーラパトラもフェイスバットもでんせつのつるぎでは千以上のダメージを受けるのだが、
      せいなるやでは数十から数百にとどまる。
      • それはグレートボウの命中率がすごく低いから。50%を切るような命中率ではほとんど当たらない。
      • 聖属性弱点はちゃんと機能している。
        グレートボウ+聖なる矢では伝説の剣よりも命中率も攻撃力も低いので、属性が同じで純粋に性能差があるならダメージが減って当たり前である。
        なお「聖属性弱点」のモンスターは多いがその一方でアンデッドや霊体種族はいないため、残念ながら種族特効の方は効果が発揮されない。
        ちなみにフェイスバットは聖と空属性が弱点だが、グレートボウ(空属性)+聖なる矢(聖属性)で攻撃しても弱点ダメージが重複したりはしないので注意。

自分が小学生の時に初めて4をプレイした時、このダンジョンにアサルトドアーが出てきた事が有ったんだが
今思えばあれはバグだったんだろーか?

  • バグらしいけど…アレはなんなんだろうな。

麻痺していてもかばうは発動するため、
いつものように鎧を装備させてセシルを後列に置いておくとすごく簡単になる。
ただし、ケットシーを1匹だけ残すと発動するブラスターには注意。


磁力が満ちている間はシドの肩コリが治っていたらしい。


しゃがんでいるドット絵を見る限り、磁力は床にあるのだろうか?
だとしたら間違いなく砂鉄まみれになっているはず。


聖属性弱点の敵が多いので、セシルにせいなるやを使わせるといい。


弓矢がセーフというのも不思議な話。
矢じりに金属使ってないのか? 鉄の矢だけは引っかかるのが、理不尽を更に加速する。
 
そして更に謎なのが、ヤンのつめ
……いや絶対にアウトだろ! そもそもあんた、素手でも大して困らないだろ!

  • 矢も爪も魔法系の追加効果があるから魔石的なものを原料に使ってるんだと予想してみる。

弓矢や爪に限らず、金属製の装備なら何でもアウトというのがフィクションさを思わせる。

  • 銀は磁石につかないはずなのに銀の腕輪がアウトだったりとかな。
  • 金属というと磁石につくというイメージがあるが、実在する金属で磁石につくのは鉄・コバルト・ニッケルぐらい。
  • 専門的な話になるが、磁界中で金属を動かすと、その金属に渦電流という電流が流れる。
    セシル達はこの電流によって麻痺しているのかもしれない。
    • それがあったか・・・確かに渦電流ならどの金属にも発生しうる。
      鉄なら引きずられるから余計ダメだ。レスに感謝します。
      ただスタッフは詳細まで考慮してない気もする。渦電流を知ってたかはまた別の話かもしれないが。
      電気系出身のスタッフの意見で「渦電流もあるからどの金属もダメ」ってことになったのかも。
      (by「弓矢や爪〜」を書いた者)
    • これも専門的なことだが、単純に体を動かす方向とは逆の方向に電磁力が働いているからかもしれない。
      強力な磁力なら動けなくなるほどの電磁力が発生すると思われる。
      「マヒ」が発生する原理は説明できないが。
      • あくまで「マヒ」という表現をしているだけで、実際は電磁力で動けない状態なだけかも。
  • あくまで「魔法による磁力」だからねえ・・・現実の磁力とは違う可能性がある。むしろ「金属を選択的に無効化する魔法」が磁力と表現されただけかも知れんね。

ゲーム中での会話を見るに、セシルとシドがまともに戦えない分テラとヤンが奮闘したらしい。

ヤン「私の爪ならば平気なようです。」 テラ「あんずるな!私の魔法がついておる!」

ヤン「セシル殿!」 テラ「ここは私等に任せておけい!」

後のDS版の一言メッセージでも、同じような状況で心情が描かれている。


DS版以外はこのダンジョンの障害物の描写が怖い。どうも鎧を身にまとった死体のようだが…
首が離れているものまであるようだ。丸い盾とは思えない。
特にボスの部屋の前には数多くある…

  • 単純に骸骨を模した燭台のような気もする。月の遺跡では火が消えているタイプも登場。
  • PSP版では、骨らしきもので作った燭台に頭蓋骨が前後左右にそれぞれついたデザイン。
  • いや、ボス部屋に並んでる蜀台6個くらいからすこし右上の障害物。
    攻略本などある人なら確認しやすいのだが…
    この障害物は月のダンジョンにはない。
  • あ、あの人骨か。というか踏んで素通りできるから障害物ではないはず…
    モンスターの出没するダンジョンに行き倒れた人の骨があるのはごく自然のはずだが
    そうした描写が少ない分、逆に目立つのかもね。

ここのダンジョンをプレイしてなんか精神的にストレスが溜まるのは、剣を使って敵を倒す爽快感が味わえない他の何かがあるからなのだろうか…


イージー版ではこぶたのしないという磁力に影響されない上に現時点ではセシル用の最強の武器が登場し、セシルも存分に戦うことが出来るようになった。
しかし、ダークエルフに苦戦するシーンはそのまま残っており、「剣さえ使えれば……」の台詞に違和感が発生してしまう。
どうやらセシル的には剣(刀)型の武器ではなく、金属製の剣でなければダメなようだ。

FF4(DS版) Edit

ちなみにアダマンアーマーオニオン装備は非金属です。
2周目以降ある人は逆にオーガをリンチできます。


行動不能装備をしていると、ステータス画面に麻痺の表示がされるため、事前に確認しやすくなりました。

  • 戦闘中に表示される状態異常は「じりょく」。細かい。
  • 地味に「じりょく」状態のキャラは、フィールド上の先頭メンバーにチェンジできなくなっている。
    • が、何故かメニュー画面で魔法を使う事は出来る。余裕のある場面でなら辛うじて魔法の詠唱は可能なのかも。

金属装備だと「かばう」が発動しなくなり、上記の金属セシルにかばわせる戦法は不可能になった。
バーサクで動かすのも無理。おとなしく逃げましょう。

  • 2周目以降ならひきつけるで生ける盾と化す。

ゾットの塔クリア後、クリスタルルームにデカント「たつまき」が出現する。
アイテム回収はこれを取りに来る時でいいだろう。


DS版のセシルは弓矢が装備できなくなったので、ダークエルフを倒すまでは著しい火力不足に悩まされることになる。
特に、アダマンアーマーやオニオン装備のない1周目だと尚更である。

  • 棒系武器で弱点を突いても威力はたかが知れているので、セシルは一手目は防御させて盾役になった方がずっと役立つ。
    どうしても攻撃させたければ、攻撃アイテムで支援させるのも手。

FF4(PSP版) Edit

行動不能装備をしているキャラを表示して操作すると電気みたいなエフェクトが出るようになった。
これで確認は簡単になった。が、調子に乗ってそのまま戦闘に入ることのないように注意。

FF4TA Edit

パロム編ラストで来る事になる。
今回も磁力の影響を受けるため、金属製の装備は厳禁。

  • 二人とも魔道士系なので、銀の腕輪など数種類しか該当がなく影響は小さい。
    むしろ、追っ手のバロン兵をまくためにここに逃げ込んでいる。
    • そして装備を外して追ってくるバロン兵。考える事はみな一緒である。
      それがたとえ操られ自我が機能していなくても…。
    • 装備無しでモンスターを倒してやって来るバロン兵は素直に凄いと言わざるを得ない。
      • ヤンが洗脳されていた時期に薫陶を受けたヒト達?
  • 土のクリスタルを安置することでダークエルフが復活してしまうのだが、
    それだとこれまでの磁力は誰が発生させていたのか?ということになってしまう。

集結編でも来る事になるが、この時は磁力は消えているので問題なく進める。


洞窟のある島の地形がちょっとだけ変わっており、飛空艇で着陸出来るスペースが出来ている。


内部はトロイアの人たちによって多少改造され、見えない足場ができている。

  • 地下5階が増えている。わざわざ掘ったのだろうか。